AF+NW Ranch

映画や本などの感想や趣味・雑記を中心に日記風味に思いつくまま書いてます。サイトコンテンツに関する新着情報などもあり。

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

UPSOLD & Cafepress「売れたよ速報」

先日のエントリで「震災後、全く出なくなりました」
と書いたUPSOLD、その後少し出ました。

お買い上げくださった皆さん、本当にありがとうございます。

4月11日付
ペイントホース&カウドッグ 01
ペイントホース&カウドッグ 01カジュアルスウェット(裏毛)-胸面 (淡色)

日本で初めてバーニーズモノ以外(馬モノ)出ました。
馬と犬と暮らしている方なんでしょうか、羨ましい!

4月20日付
バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 カラーロゴ無し
バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 カラーロゴ無し
特大プリント専用ジャージィーTシャツ(レディース)x2

この柄も初だったかと思います。
2枚も購入頂き、ありがとうございます!

ちなみに、今までのショップレイアウトだと商品自体の説明がなかったので、
変えてみました。どっちが見やすいでしょうかねぇ…。

UPSOLDは1ヶ月以内に報酬額が規定金額を超えないと3ヶ月繰越で支払われるとのことで、
当然、規定金額は超えていなかったので繰越繰り越しできたのですが、
どうやら第1回目振込み完了している模様。
ここ数日のことでしょうか、連休明けにでも通帳さしてみよう…。

堪え性のない性格のせいでここ最近、特に金欠なので、
すごく小額でも、臨時収入は本当に有難いです…。

Cafepressは、

4月8日:Sitting Bernese Mountain Dog Mug
米国バーモント州の方にお買い上げいただきました。

Cafepressは、作れるアイテムが増えたり、
購入者の好きな文字が入れられるシステム(自分のワンの名前入れたりね)が出来たりと
進化しまくってるので、また色々とやりたいな、と思っております。

そろそろ自分購入しようかと思っていますが、いつになることやら…。

UPSOLD(日本)店
Cafepress(アメリカ)店
スポンサーサイト

| UPSOLD/Cafepress | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メジロ牧場

メジロ牧場が解散とのニュースがネット上に

昔、この牧場の近くの火山が噴火したかなんかの時、
「メジロ牧場があるから大変」みたいなニュースがやっていた気がするのですが、
その時、「…メジロなら、カゴに入れて移動すればいいだけでは…」とか真剣に思いました。
家族にそれを言ったらえらい笑われました。
…そうです、鳥のメジロを飼っている施設だと思ったのでした。。。
…だって、近くに「クマ牧場」もあったんだもの。
メジロだと思うよねぇ、普通(思わない)

そんな、当時から全く競馬に興味のないワタクシとしては、
メジロマックイーンという馬が昔いた気がする、位で
このニュース自体には特に感想もないのですがね…。

それより、子供の頃好きだった俳優さんが
突然命を絶ってしまわれたというニュースにすごくびっくりです…。
ご冥福をお祈り致します。

| その他 | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナショナル・ポートレート・ギャラリー

家人1が英国へ行くたび、
おみやげとして英国王室(つか、王子s)の絵葉書を買ってきてくれます。
しかし、ウィリアム王子が人妻になっ結婚してしまうので、
もう王子sが揃った新作は出ないのでしょうね~、残念。

で、この絵葉書、もちろん、そのあたりの土産物屋とかで売ってる
嫌がらせチックなものではなく(私は友人にこの手のを土産にしたことはありますが…)
ナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery、以下NPG)
所蔵の絵や写真をハガキにしたものだったりするわけです。

●買ってきてくれたポストカード●

The Royal Family: A Centenary Portrait(2000年)
描かれた年と題名からして、きっとクィーンマザーの100歳記念だったのでしょうね。
「どっぐず」もちゃんといるところがいいです。

Prince William of Wales; Prince Henry of Wales(2006年)
王子sのブロマイド(笑)

Prince William of Wales; Prince Henry of Wales(2009年)
肖像画。王子sが正装しています。
ハリー王子のほうがイイ男に描けている気がします。
実際、個人的には年とったらきっとハリー王子のほうがいい男になると思っているのですが。

私も以前、NPGへ一度家人1と一緒に行ったのですが、
行ったはいいけど疲れきって殆どちゃんと観られなかった思い出が…。

で、ココは常設はあまりしていないけど、
あんな人やあんな人のポートレイトも所蔵していたりするわけです。

公式サイトで検索できるのですが、個人的に気になったものなど。

●王室編●

Queen Elizabeth II and Prince Philip with their grandchildren(1987年)
エリザベス2世ご夫妻と孫たち
これあったらほしいな。孫ず(ピーター/ザラ兄妹、ウィリアム/ヘンリー兄弟)
ちっちゃい!かわいい!
プリントもハガキもないみたいですね、残念だなぁ。

●俳優編●

Rufus Sewell(2000年)
ルーファス・シーウェル。
ファンサイトで見かけたこと有りましたが、
良い写真だと思っていたらNPG所有だったのですね~。
若いなぁ。残念ながら、権利の関係でプリント販売はないようです。ちっ!

Tim Roth (Timothy Simon Smith)(1985)
ティム・ロス 。
もしプリント買えたら是非元同僚に…と思って検索してみた。
5枚ほどあって、そのなかで個人的にこれが好きです。若い!可愛い!
…でも、ルーファスのと同じくプリント販売なし…残念。自分も欲しいと思ったくらいなのになぁ。

Matthew Macfadyen(2005年)
マシュー・マクファディン
わりと最近ですね。これもプリントなしか~。

Rupert Everett(1984年)
ルパート・エヴェレット
濃ゆい端正なお顔なのでさぞや素敵なお写真があるかと思っていたのですが、やっぱり。
モノトーン映えしまくりですね。つか、若いな~。

Ioan Gruffudd(2000年)
ヨアン・グリフィズ。
ちょっと意外な写真。
ラグビーボールを持っているのは、ウェールズ出身だからかな。
でかいラグビーボールだな、と思ったのですが、
これって本当の大きさか?普段大男が持っているから小さく見えるのか?とも思った。

Alan Sidney Patrick Rickman(1992年)
アラン・リックマン。
NPGオススメだけのことはあり(?)すごくかっこいい写真です。
プリントも買えるみたいでうらやまし~。自分がファンなら買うなぁ。


●スポーツ選手編●

Andy Murray(2006年)
アンディ・マレー。
…マレーをかっこ良く撮れるなんて尊敬する…(ファンの人すみません)
やっぱり、歯並びと頭かな…。

Tim Henman(1997年)
ティム・ヘンマン。
ヘンマンのいい人ぶりが表情に現れている気がして好き。
にしても若い、若いぞ…。

Daniel Jerome ('Danny') Cipriani(2008年)
ダニー・シプリアーニ。
意外とラグビー選手の写真が少なかったんでビックリ。ウィルコすらなかった中でのシプさん。
やっぱりロンドンのチームだというのは関係有り?
結構好きな感じの写真で、しかもプリント買えるらしくてうらやますぃ。
ラグビー選手らしからぬ雰囲気でいいっす。

Rio Ferdinand(2009年)
リオ・ファーディナンド。
このリオ…本当にかっこよすぎます。
家人1が2009年か2010年辺りに行ったときにはかかっていたそうです、いいな~。


●その他●

Gary Neville; Philip Neville(1998年)
あにおとうとその1、ネビル兄弟。
スポーツ選手編に入れるべきだったのでしょうが…。

あ~、フィルのほうがハンサムくん系かと思っていたのですが、
兄の方が男前だったのか。これも若いな~。

Tony Scott; Sir Ridley Scott(2002年)
あにおとうとその2、スコット兄弟。

かたやいつも(?)キャップをかぶり、かたや葉巻がトレードマーク。
やんちゃな感じの弟と、渋かっこいい兄。
この二人のファッションスタイルの違い、まんま作風の違いな気がする(笑)

The Staff of the National Portrait Gallery(1999-2000年)
NPGスタッフず。
こういうの結構好き。

もちろん、他にもいろんな俳優さんやミュージシャン、スポーツ選手、
作家、政治家、軍人、貴族、歴史上の有名人などなどの肖像画や写真を所蔵しており、
一部をのぞきサイトでも見ることができます。
NPGが版権を持っているものは、プリントを購入することも可能!

特に英国系で「この人あるかな」と思ったら、一度検索してみると面白いかも。
ロンドンへ行った際には、ここと、隣にあるナショナル・ギャラリーにはぜひ行ってみてください。
入場料はかからないのに色々と面白いものが見られます。
(ここからはちょっと遠いけど、大英博物館も)

存命の男性しかリストでは見ていないのですが、
スポーツ系では結構クリケット選手が多かったのが英国らしいな、と思いました。

ちなみに、普段飾っていないものは、特別なものをのぞき、
現地で言えばすぐ見せてもらえるようです。
(そういえば、そういうリクエストコーナー的なものがあったような気がする)
特別なものは、先に担当者にメールで連絡する必要があるようですが、
修復中だとか、他に貸してるとかでない限りは多分見せてもらえます。

次行ったときにルーファスのとか見せて欲しい気もするけど、
あまりにミーハーなのでちょっと恥ずかしい…。

ナショナル・ポートレート・ギャラリー公式サイト

| その他 | 01:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美しきぽっちゃりくん

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


ここ何日も『娼婦ベロニカ』の感想を書こうと思っているのですが、
一向に進みません…。ま、そのうちに…。

今日出先で中古DVD売っているところがあったので、
ルーファス・シーウェル出演作中心でなにかないかな?と、
洋画ア行からず~っとみておりました。

『幻影師アイゼンハイム』、発売元が東宝だから結構高いので
中古でもいいので2000円以下で売っていたらほしいな~と思っているのですが…。
なかなかないものですね…。そのうち、注文することになるのかな~。
エドワード・ノートンが好きなら3千円台なんだから
迷わず新品を買うのだろうけど…。

で、何か収穫あったんかいと言う話ですが、
ポニーキャニオンが販売元でやっぱり少々お高い
『ブレス・ザ・チャイルド』が1000円弱で売っていたので購入しました。
結構ディスク傷ありそうだけど大丈夫かな~。
とりあえず、スタッフ&キャストインタビューから観るワタクシ。
2000年の作品ということで、あ~、思っていたよりもルーファス、若いな~。
オカルトホラー系でジャンル的には個人的にかなりアレなんですが、
カリスマ?教祖なルーファスが見たいという欲望には勝てませんでした…。

ルーファスといえば、ファンフォーラムサイトや
Facebook上のファンページにアップされる
色々な画像を見てニヤニヤする毎日ですが、
子供時代のルーファスと同じ学校だったのか、
10代前半くらいのルーファスの写った写真をアップしている人がいました。
最初ぱっとはわからなかったんですが、
どれかと言われるとこの子?という子がいて、
やっぱりその子な模様。

なぜわからなかったかといえば、
(何かのインタビューで本人も言っていたかと思うのですが)、
ぽっちゃりくんだった上に、髪を染めていたため。

写っている中で一番(というよりも唯一)ぽっちゃりくんなルーファス少年は、
でも顔の作りはまんまルーファスで(当たり前)ダントツできれいでした。

しかし、コメントに「おデブちゃん!」みたく書かれていたのですが…
う~ん、英国の大きい人とか、アメリカなどの肥満児見ていると…
そんなに太っている感じでもないような。
ポッチャリ目だね、くらいな気もするんだけど…色々嫌な思いしたのかな…
(10代頃からかなりやんちゃしてドロップアウトに近い状態だったらしいので)

私も同じくらいのぽっちゃり(じゃ済まないのか、やっぱり)ぶりなので、
親近感湧いたくらいなんですけどね~
当時から顔がきれいで、今ではすっかりセクシーハンサムな
ルーファスと違って、ブサな上、そのまま年くってるのでなんですが…。

それにしても、若い頃に顔が丸っこかったとすると…
ルーファスのほっぺの皮、伸びるんだろうな~。伸ばしてみたい。
でも、それができる状況なら、自分的にそれでは済まない気がする…
眉毛の形も、印象的なヘーゼルグリーンの目も、
鼻も、薄い唇もヒゲも…あ~、かっこいいぃぃぃぃ。
(『大聖堂』5話のトム画像見て悶え中)

| 映画/ドラマ | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すべての原点はここに。

英国から輸入したDVDを観るためにPAL版を
日本のテレビでも見られるプレイヤーを購入したのですが、
これを購入したもう一つの理由に、ちょっといじると
リージョンフリー(マルチリージョン)プレイヤーにできるというのもありまして。

先日Amazon.comでリージョン1のDVDを注文したので、
やっと、その裏ワザを実行してみました。
そして、私が現在持っている、唯一のリージョン1ソフトで確認してみました。
リージョンフリー化成功!これで、英国版だろうが、米国版だろうが、
オーストラリア版だろうが怖くないぜ!ということで(何が)

そんでもって、何のDVDで確認したかといえば、
2003年にリリースされた『ライオン・キング』の米国版コレクターズ?DVD、
The Lion King (Disney Special Platinum Edition Collector's Gift Set)
これ、TLK仲間の方に声をかけていただいて、米国USDSより取り寄せたもの。

これを観ていて、
「あぁ、TLKが今の自分の(趣味の)原点なんだな~」と、再確認しましたです。
TLKに出会う前は、映画を観る文化も殆ど無かったし、
外国の俳優さんはジャッキー・チェンとマイケル・J・フォックスしか知らなくて、
ケヴィン・コスナーとハリソン・フォードの区別もつかなかったし…。

それが、TLKにハマり、ディズニー作品にはまったことをきっかけに、
俳優さんもたくさん知って(ケヴィン・クラインもその一人)
映画もボチボチ観るようになって、ハンス・ジマーのファンにもなって…。

とにかく、劇場公開の頃はスルーしてしまって、
数年後にビデオで見たにもかかわらず、
体温や筋肉の動きを感じさせるような動物の描写のうまさ、
圧倒的な音楽などなど、本当にカルチャーショック!で、
もういい加減いい年だったんですが(高校生だったな)、人生観(?!)変わりました。
本当に、この作品に出会えてよかった~、と。
誰が何と言おうと、私はTLKが大好きだし、すごい作品だな~と思うし、
これからもそう思い続けるでしょう。

昔、TLKやノートルダムの鐘のメイキングのために
結構いい金額出して、結構いいLDプレイヤー買いました。
あのLDのメイキング、DVDには入っていないのですが、
かなりの充実度で(特に、ノートルダムのフィーバスファンは必携)、
そのうちDVDに落とさないと~と思って今にいたっております。
LDプレイヤー、動かなくなる前にやらねば…。
DVDやBDもいつまで製造されるかわかったもんじゃないのでヒヤヒヤです。
物欲の塊としては、データだけ買うなんてありえない。
音楽はデータを買う!が主流?になりつつある昨今でもCDも買いまくりです。

そんな?TLKですが、BDが今年中に出るとか何とか。
3Dバージョンも出るらしいですね、3D興味ないけど、一応買っとかなきゃな~。
映画館で上映するという噂もありますが(?)その際には観に行かねば。
日本上映がない場合は…また、やりますかねぇ。
…IMAX英語版観るためにハワイ行った時みたいに…。

とかなんとか思っていたら、Amazon.comより、
頼んでいたリージョン1のDVD、今のところ手に入んなくて発送遅れるメールが!
(どちらも古い映画だからかのう)え~?!とりあえず、気長に待ちます…。
無事に見られるかなぁ、え~ん。

| 映画/ドラマ | 00:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

"Abraham Lincoln: Vampire Hunter"

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


ルーファス・シーウェル待機作、"The Sea"(海に帰る日)、
自分が苦手系かもな文芸作品(ブッカー賞受賞作)の映画化で
観るのどうしようか悩んでいるところに、新たな情報が。

"Abraham Lincoln: Vampire Hunter"という3D映画に
出演が決まったとのことです。
アメリカで2012年6月22日公開予定らしい。
これも原作があって、「あの」アブラハム・リンカーンが色々あって、
バンパイアを殲滅するぞ!!というような?お話だそうですが。

ルーファスは当然のことながら(?)「悪役」のバンパイアだそうです。
え~、オカルト系かよ。苦手なんだよ、こういうの。
と思ったのですが、時代がリンカーンの頃だったら、
コスプレ物+その時代のバンパイアだったりするのか!
と思ったら、そんなに悪くない気がしてきました。つか、観たい。
3Dのルーファスなんて心臓に悪いぞ♪(ハンサムすぎて)

またロクでもない退場のしかたしそうですけどね!

ちなみに『ロック・ユー!』で共演した
アラン・テュディック(ワット役)も
スティーブン・ダグラス役で出演
するようです。

…しかし、"The Sea"も、"Abraham Lincoln: Vampire Hunter"も
果たして日本に入ってくるのか…が大問題であります…。

| 映画/ドラマ | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ…

度重なる余震の影響か、
今日、仕事場の敷地内で朝10分ほど停電したとかで、
そのせいで、仕事場のサーバがダウンして
仕事に使うシステムが使えなくなり、オフラインで作業する羽目に…。

緊急地震速報も何度か(利用者さんの携帯で気づきました…)、
揺れも来たりで、どのくらいの揺れで利用者さんを避難させるべきかとか、
判断に困りました。幸い、職場は大した揺れではなかったのですが…。

北関東、東北南部は相変わらず大きな揺れが何度も来ているようで、
うちの方でも嫌になるのに、本当に気が気じゃないだろうな…と思います。

最初の頃の話では、余震は3ヶ月くらい続くだろうと言っていましたが、
余震と言うにはあまりに震源地付近の揺れが激しくて
3月11日の地震の規模がいかに大きかったか…と思い知らされます。

早く色々と落ち着いてくれると良いのですが…。

| その他 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の地元

今日の「モヤモヤさま~ず」、地元でした。
実は3月13日に放送予定分だったようで楽しみに?!していたのですが、
それどころじゃなくなってしまったので今日になったようです。

「モヤさま」は観光地じゃないところをぶらぶらする番組と理解していたのですが、
地元は超観光地なので、なんでだろうと思っていたのですが…。
なるほど、福岡の女の子(のおじいちゃん)のおかげだったのですね(笑)

3月11日を境に、しばらくは観光客もあまり見かけなかった地元ですが、
最近はすっかり元通り(実際はそうではないのでしょうが)に混雑しています。
特に今週末は、桜満開状態で、投票に行こうと桜並木なバス通りに出たら、
えらい渋滞しておりました。
街中はもっと混んでいたのだろうな~(桜はうちの近所のほうがきれいらしいが)

しかし、渋滞中の車乗っている観光客の中で選挙権持っている人は、
ちゃんと期日前投票してきたのだろうか…
とかも思ってしまいました(汗)

桜の画像?!有りませんよ~。
桜撮るのってセンスと腕が必要ですよね(特に今日曇ってたし←いいわけ)
つか、あんまり桜に興味がない…道明寺は好物ですが(オイ)

キアちゃんなめ桜なら撮る気も出るんですけどねぇ、
それももうできないし…。

| その他 | 00:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これはぜひ観てみたい。

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


ルーファス・シーウェル主演のBBCドラマ"Zen"の放送権を
日本の何処かの局が買ったということで
ちょっと小躍りしている私ですが(でもwowowだと観られん)、
"Zen"DVD買ったし、まぁそれはいいとして。
他にも日本に入ってきていないBBCドラマで観たい!と思うものが。

先日観た『アメイジング・グレイス』でウィリアム・ピットの役をやっていた、
ベネディクト・カンバーバッチ主演の"Sherlock"
現代版シャーロック・ホームズだそうで、とても評判が良かったようです。
ざっと日本の方でDVDや現地で観た方の感想読んでみたのですが、
すっごく面白そう!!!

"Zen"はどうやら、好みが分かれる感じの作品のようで、
私はルーファスファンの意見ばかり見ているので
殆ど良い評判ばかりを目にしてきたのですが、
どうやら「退屈」「イタリアが舞台にしては色々突込みどころが」という意見もあるよう。
そんな"Zen"でも日本に入ってくるんなら、"Sherlock"も!!!と期待しているところです。
多分、日本では(も?)"Sherlock"を待っている人のほうが多いのではないかな。

でも、そんなに評判いいと、やっぱり放映権、高いのかな…。
(しかも"Zen"はBBCに捨てられた作品だからなぁ・涙)

個人的にはスーツ姿のルーファスを拝むだけでも価値有り、な"Zen"と違って、
DVDを買って、英語字幕でがんばる!と言うには、ホームズの話も知らないし、
カンバーバッチくんにもはまりきっているわけではないので、
日本での放映をぜひ、お願いします。AXNミステリ希望。
…でも、やっぱりwowowなのか…。

"Shakespeare ReTold"もそうなのですが
(↑については5月のスパドラ放映時に詳しく書きますね)、
BBCドラマのサイトって遊び心があって凝ったものが多いよう。
"Sherlock"のサイトには、作中でワトソンくんが治療の一環として書いている
ブログがアップされているらしいですよ。

| 映画/ドラマ | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彼の名は。

最近ルーファス作品ばっかりだったので、ちょっと気分転換に(?)
別の人目当てでミュージカル映画DVDを2本ばかり観ていました。

『五線譜のラブレター』と『プロデューサーズ』
前者はコール・ポーターの伝記的映画で、ケヴィン・クラインが主演。
後者は舞台版がトニー賞総なめ状態だった作品で、
ネイサン・レインと、マシュー・ブロデリックのTLKつながりな2人が主演、
どちらも映画館で観て、DVDも買った次第です。

で、それぞれ主演男優達目当てで観ていたわけですが、
各作品に、ちょこっとしかでてこないんだけど、
やたら印象的な役者さんがいました。
『五線譜のラブレター』の、
コール・ポーターが手がける舞台に出演、
彼の歌唱指導を受けているうちに、彼と恋に落ち、
一晩のアバンチュールを楽しむ(?)
役名”Jack”なミュージカル俳優。
『プロデューサーズ』の劇中劇『春の日のヒトラー』で、
金髪でナチ親衛隊の制服に身を固め同名ナンバーを歌い上げる
役名"Lead Tenor"なやっぱりミュージカル俳優。

とにかく、両者ともとても声がきれいでパワフルで
(私はいかにもミュージカル!という感じの歌い方とか、曲とか大好きなのです)
歌がうまくてついでにとってもハンサム!で記憶に残ったのですが…
実は、その当時は同じ俳優さんだということに気づきませんでした(汗)
これまたぜんぜん違う作品つながりで読ませていただいている
ブログの管理人さんがすごくお好きな俳優さんがいて、
その俳優さんが実は気になっていた「彼」だった、
ということにしばらくしてから気づきました(汗)
…一応、「今から何年か前」ではあるんですが(汗)

と、いうわけで、そのブログ管理人さんには感謝しております。

その俳優さんとは、イギリスの舞台などで活躍している
ジョン・バロウマン(John Barrowman)。
日本では、現在Super!dramaTVで放映している『秘密情報部 トーチウッド』
で、主役のキャプテン・ジャック・ハークネスとして
活躍しているのを見ることができます。…が、私は見ていません。
だって~、地球外生物出てくる系なんだもん。
しかも、別に歌わないし…。

と、いうワケで?彼の正体(?)を知ってからも、
特段チェックなどはしていなかったのですが、
ふと彼の歌声を聴きたくなって、DVDを観て、サントラ聴きまくってます~。
ポータブルプレイヤーに入れて、通勤時間も聴いてます。
(『プロデューサーズ』は聴いてるとおかしくて顔ニヤケるので困る)

『五線譜~』のオーディオコメンタリーで、ケヴィンが言っていたのですが、
ケヴィンとバロウマンさんが"Night and Day"を歌う場面
「演技の自由さが奪われる」とスタジオ録りの歌に口パク演技
(ミュージカル映画やドラマの常套手段)を嫌った
ケヴィンの希望で生歌なわけですが、何度(50テイクとか)撮り直しても、
バロウマンさんは全く声量が落ちず、ケロッとして「もっと歌えるよ~」とか言っていたそう。
「ぼくと違って文句も言わずにやっていたよ」とケヴィンも感嘆しきりでした。

ケヴィン曰く、舞台というのは、公演が始まると、
週8回こなさなければならないんだとか。
『プロデューサーズ』のサントラで、ネイサン・レインの
パワフルなはじけっぷりを聴いていると、これ週8回って、そりゃ倒れるわ…
(ブロードウェイ版やってる頃、ネイサン・レインが過労で休んだことがあった)
とか思ったんですが、ミュージカル俳優さんって、
ほんと体力勝負というか、なんというか…。すごい。

そんなパワフルなミュージカル俳優、ジョン・バロウマン氏は
オープンゲイとしても知られているようです。
才能溢れるミュージカル俳優で、ハンサムで、頭の回転早くて、
ワンコの保護活動にも熱心で…ゲイって、
何だか絵に描いたようなお方。(とか言ったら怒られるかな~)

わんこたちと。

ダンナ様のスコットさんと。
美男×2カップルだな~。

ちなみに、バロウマン氏はgleeのファンで、
gleeキャスティングスタッフに会ったという話もだいぶ前にありましたが、
その後全く進展はないのでしょうかね。ぜひ出てほしいなぁ。
役としては、レイチェルの"dads"のうちのひとり希望。
あんだけミュージカル好きなレイチェルの育ての父(しかもゲイ)だもの、
ぴったりすぎると思うのですが。

彼は何枚もCD出しているので、そのうち買いたいな~と思っています。
やっぱりamazon.co.ukがお安そう。

『プロデューサーズ』といえば、やっぱりネイサン・レインすごすぎです。
映画公開当時、マックス役日本人キャストなら誰がいいか、と元同僚と話していたのですが、
(実際、演じられた方はいらっしゃいますが、それはそれで…)
とりあえず、川平慈英!で一致しました(笑)あの濃さ、あのテンションですから(笑)
そしたら、数年後に、川平氏自身が、マックス役やりたい的なことを言っていて、びっくり。
個人的に日本語ミュージカルはアレなんですが、慈英がやるなら観に行ってもいい。
ぜひやってください(笑)

TLK好きな私ですが、ティモンとプンバァは苦手だったりするのですが。
ネイサン・レインとアーニー・サベラはやっぱりすごい!
ということで、再評価中です(何様)
ちなみに、ネイサン・レインもゲイらしい。
ミュージカル俳優さんってゲイが多いのかな~。

『プロデューサーズ』より
ネイサン・レインとマシュー・ブロデリック。
ティモンとシンバに脳内変換されてしまうわ。





| 映画/ドラマ | 02:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最愛の5歳児。

家人1がPSPを購入して、FINAL FANTASY IV Complete Collectionをプレイ中。
私自身は、最近ゲームをプレイするのすら面倒で、
持っている最新ゲーム機がGBAなワナ。(なにそれ、化石?)

FFIV、遠い昔にオリジナルであるSFC版をプレイして、かなりハマりました~。
ゲームの中で、かなり愛着のある作品です。

実は、これのカバーアルバム、「Celtic Moon」
がきっかけでケルト系音楽を知り、その後ハマりました(笑)

好きキャラはミシディアのクソガ…もとい、天才児、パロム。
もちろん、ポロムもセットなので、好きキャラです。
当時設定資料見たら5歳とか書いてあって本気でビビった。
てっきり10歳くらいかと…5歳か、姪っ子と同い年だなぁ(遠い目)

同人の世界に足突っ込んだかなり初期に買ったポロパロ本は、
今でもお気に入りだったりします。

で、数年前に、携帯電話のみでできる続編"The After"が出たよ!
成長したポロパロも出てくるよってな話を聞いて興奮気味だったのですが、
あいにく私の携帯は対象外。その後wiiware版も出たようですが、それって何?状態で
何だ~、と思っていたところに、今回のPSP移植。
家人1がこれやるためにPSP購入した次第です。

家人1が終わったら貸してもらおうかな~とは思っているのですが…。
…ムービーが…気持ち悪いよ~(涙)
以前から、3DCGは苦手で、PSのあたりから、ムービーいらん、
普段の画面も2Dがいいとか思っていたクチなんですが
…好きな作品がこうなると…泣きたい。PS版のムービーもかなり微妙でしたけど…。
好きキャラ以外はともかくとして、ポロパロまで(涙)
本気でムービーが必要なのか問いたい今日この頃。

フィールドなどの普通の画面は2Dなようでホッとしています、
パロムを先頭にして、あのチョコチョコ歩く姿を愛でよう。

ちなみに、フィールド上やステータス画面のキャラデザインも、
やっぱりSFC版に一番愛着があります。
DS以降?は結構服のデザインとか違うみたいで…。

と、いうわけで久々にミシディア双子のらくがき。
palomporomrough.gif

当時描いていたデザインまんまです(汗)
SFC版フィールド上+ステータス画面+天野設定画を参考に…してたはず。

…電力がもう少し落ち着いたら色つけようかな…。

| らくがき | 00:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UPSOLD & Cafepress「売れたよ速報」

久々のUPSOLD+Cafepressネタを。

UPSOLDは震災以降、やっぱり全く出なくなりました…。
今まで購入してくれていた方(バニ飼いさんであろうということもあり)、
被害にあわれていないと良いのですが…。

とりあえず、前回以降、震災前に出たのは3/7付けの↓

バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 02 カラー
バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 02 カラー(マグカップ小)


バーニーズマウンテンドッグ おすわり背中
バーニーズマウンテンドッグ おすわり背中(マグカップ小)


バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 02 カラー
バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 02 カラー(キャンバストートバッグ片面)



一方、Cafepressは、地味にボチボチ出ている模様。
以下、2月下旬以降出た物。

2月27日:Andalusian (Spain) 01 Rectangle Magnet
英国マージーサイド州の方がお買い上げ。

3月3日:Horse and Dog 01 Sticker (Oval)
ルクセンブルクの方がお買い上げ。

3月9日:Standing Bernese Mountain Dog Large Pet Bowl
米国ニュージャージー州の方がお買い上げ。

3月23日:Sleeping Bernese Mountain Dog Gym Bag/White
英国ウェストサセックス州の方がお買い上げ。

3月23日:Andalusian (Spain) 01 Rectangle Magnet
米国バーモント州の方がお買い上げ。

3月24日:Andalusian (Spain) 01 Women's Dark T-Shirt/Medium/Black
米国ケンタッキー州の方がお買い上げ。

4月1日:Sitting Bernese Mountain Dog Zip Hoodie /X-Large/Navy
米国ジョージア州の方がお買い上げ。

4月1日:Sleeping Bernese Mountain Dog Dark T-Shirt/Medium/Black
フィンランドの方がお買い上げ。

こんなに色々なところの方に注文していただけて嬉しいです!
馬文化、犬文化が深く根付いた国や地域の方に
目に留めてもらえるなんて、本当に幸せ。

「クロニクル」アンソロ発行延期したので、アンソロ準備しつつ、
またボチボチとデザインアップしていきたいな~、とも思っております。

UPSOLD(日本)店
Cafepress(アメリカ)店

| UPSOLD/Cafepress | 01:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『シェイクスピア21』スパドラにて、5月に放送!

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


今後日本で放映する保証ないし…と思って英国版DVDを買った
"Shakespeare ReTold"(邦題「シャイクスピア21」)
ですが、Super!dramaTVにて、5月に放送予定のようです!
英語字幕は手にいれたものの、全てはとても理解出来ないよ~!
と思っていただけに、嬉しい限り!字幕版のようですし!
何でも、ヘレン・ミレン主演の『テンペスト』が6月に公開される記念だそうです。
ありがとう、ヘレン・ミレン!!!

とりあえず、ルーファス・シーウェル出演『じゃじゃ馬ならし』と、
ジェームズ・マカヴォイ出演『マクベス』は絶対観ます、録画します~!!!
他の二作も、一応録ろうかな(後々あのひと出てた!とかなると困るので)…。
放映時間と計画停電が重なりませんように!!!
(5月中は大丈夫そうなんでしたっけ?)

今のところ出ている5月の番組表はコチラ
連休のお昼って感じですね。
『じゃじゃ馬らなし』は5月4日(水)12:00~、
『マクベス』は5月3日(火)14:00~の予定のようです。
…一回限りみたいなので、無事観られるか、録れるか心配だ…。

今日の夜中あたりに英語字幕で"The Taming of the Shrew"を観て、
感想書こうと思っていたのですが、5月まで待とう♪

DVDはルーファスインタビューも付いてたし、
フィルモグラフィーの写真かっこよかったし、
なにより内容把握してしまえば字幕は邪魔なだけですから~(え)
それはそれで。つか、日本でもDVD出してくれないかなぁ。

ところで、私、「今更〇〇にはまった!遅すぎ!」とか思っていても、
意外とハマってから数ヶ月以内に何年前に放送したものが新たに再放送とか、
廃盤だったものが再DVD化とか、何年も新作出してなかったバンドが新作発表とか、
最近なにやってんのかな?とか言われていた人が世界規模のビッグイベントの
シークレットスペシャルゲストやったりとかってことが結構あります。
何か、そういう「呼ばれてるな~」っていうのがあるんでしょうか…。

Super!dramaTV 『じゃじゃ馬ならし』紹介ページ
写真、こっち使って欲しかったな…。(BBC公式サイト)

| 映画/ドラマ | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「クロニクル千古の闇」アンソロジー発行延期のお知らせ

2011年8月に発行を予定していた
「クロニクル千古の闇」アンソロジーファンブック(同人誌)ですが、
先の大災害を受けての一部参加者様からのご要望及び、
主催者在住地域の電力供給の見通しの不透明さなど、諸般の状況を踏まえ、
参加者様の原稿締切、および発行を延期することを決定致しました。

暫定的に2011年12月発行予定とさせて頂き、
単純計算で参加者様の原稿締切を9月上旬とさせていただく予定ですが、
参加者様からの、さらなる延期希望など有りましたら、
2012年8月発行となる可能性もあります。

正式な発行時期や、原稿の締切などは追ってサイト上、
ならびに参加者様へのメールにてお知らせ致します。

なお、発行延期に伴い、2月末で締め切らせていただいた
ご参加希望者の募集を再開させていただきます。
新しい暫定的な締切は6月末とさせていただきます。
発行延期により、参加が可能となられた方がいらっしゃいましたら、
ぜひともご表明いただけましたら幸いです。

また、アンケートも引き続き回答を受け付けております。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

「クロニクル千古の闇」完結記念アンソロジー特設ページ

| クロニクル千古の闇 | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。