AF+NW Ranch

映画や本などの感想や趣味・雑記を中心に日記風味に思いつくまま書いてます。サイトコンテンツに関する新着情報などもあり。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「クロニクル千古の闇」アンソロジー参加表明締め切り間近です

「クロニクル千古の闇」完結記念アンソロジーファンブックへの
ご参加(ご寄稿)表明の締切まで、あと約1日となりました。

締切は、日本時間2011年2月28日23時(午後11時)59分です。
ご寄稿頂ける方がいらっしゃいましたら、お早めにご参加表明をお願い致します。

ご参加表明は、アンソロジー特設ページをお読みの上、
ご参加表明専用フォームよりお願い致します。

3月1日追記:
参加表明締め切りました。
ご表明いただいた方、ありがとうございました!


6月21日追記:
発行延期に伴い、参加者様の募集再開しております。
新たな締切は、6月30日午後11時59分です。
スポンサーサイト

| クロニクル千古の闇 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ダークエイジ・ロマン大聖堂』第4回戦場と原作読んだとこまで

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


と、いうわけで第4回まで参りました『大聖堂』。
前回から4年経ったとのこと。

…実は先週バタバタしていて、まだ原作3回目分終わっておらず、
パラ見した程度なのですが、やはり結構設定がかなり変わってきた気がします
(大筋で見れば同じかもしれませんが)
と、いうか、スティーブンとモード/グロスター組のあたり、
全然読んでいないことが判明…ありゃ。

とりあえず、前から観ていて思ったのですけど、
ドラマ版リーガン(ウィリアム母)強烈すぎじゃないですか(汗)
原作ではあそこまですんごい母ちゃんだったかな…(汗)
怖いよ~(涙)ウィリアム、なんだかわからんが、がんばれ…。

アルフレッドのキャラは、やはり原作とだいぶ違いますね。
1話から、マーサのことはかわいがっているようだったし、
今日もジャックと普通に接していたし
(アリエナにも嫌われてないみたいだし)。
アリエナとマーサを挟んでいたとはいえ、
笑いあうジャックとアルフレッドにびっくりしました。
なんか、この二人、険悪じゃないときは可愛いじゃないか!
(原作では険悪じゃない時が全くない)
とりあえず、アリエナヘの気持ちは少なくとも
ジャックへのあてつけなんかではなさそうだが、どうなんだろう。
前回も書きましたが、これで結末が原作通りだったら、
本当に、本当にかわいそうだよ、アルフレッド…。
でも、今後性格が悪化するのかなぁ(汗)

さてさて、前回から4年経ったわけで、
おぉ~、ブラザー・ジョナサン(名前はまだでしたっけ?)大きくなった♪
かわいいなぁ~、愛らしいなぁ~。
そんなジョナサンを見つめるトムの表情がすごく優しくて!
画像漁りしていたときは、優しいトムの表情、どういう場面なんだろう?
やっぱりエリンに向けてなの?と思っていたのですが、納得!!!

フィリップはやっぱり一番原作に比べて背景や心理描写が少ない気がします。
子供の頃の話とか、ジョナサンへの想いとか、
そういう描写もっとあったほうがいいのにな~と思いますが…
きっともっと成長したジョナサン関係の話はカットなんだろうなぁ。残念…。

トムは、前回予告編では出てきていませんでしたが、
ちゃんと出てきてホッとしました。むしろエリンがあんまり出てきませんでしたね。
…つか、もう4年たってるのに、結婚させてもらってないのか、君たち…。

ところで、今更ですが、第1話でできたように見える(?)
トムの(つか、ルーファスの)左眉の傷は自前のようです。
トム役やる前からあったようなので。
…こういうの(傷)って、何故か妙に萌えるんだよなぁ。

『大聖堂』とは関係ないのですが、ルーファスつながりで…。
観たいな~と思っていたCBSドラマ"Eleventh Hour"は、昨年10月くらいに
jcom独占?でWARNERTVで無料オンデマンド配信されたようですね…。
これで人気があったらDVDかとか、他の局に売るとかしたのかな~とか…。
…人気、出なかったんですかね(汗)
…本国で全18話、シーズン2は作られず…というだけで
「駄作」扱いされて敬遠されそう…(実際はどうか知りません)
ま、どっちにしてもうちはjcomのサービス範囲外なので、観られなかったのですが(涙)
ちなみに本国では『フリンジ』と比べられたりしていたようですが
(シーズン2作られたフリンジの勝ちってことか~)
私はあの手の(SF色強すぎる)ドラマって見る気しない…
スパドラさん、Eleventh Hour買ってくれればよかったのに!(そのほうが安そうだし)

BBCドラマ"Zen"も、BBCが手放すということになっているようです。
Zenはそれなりに評判が良かったようですが、何だか、局の偉い人?が、こういうドラマより、
労働者階級向けのコメディとかに力を入れたいんだとか…。
結局そういう番組のほうがなんだかんだ言っても視聴者多そうだよな、英国…
一番売れている新聞が"The Sun"紙らしいし(汗)
とりあえず、ファンの方々が「みんな、声をあげよう!」的に呼びかけていたので、
Facebookで番組ファンページに「いいね!」しときました。
BBCは無理でも、他の局が買ってくれるといいね。
そしてどちら版も日本に入ってくるといいな。

さぁ、次週、第5回は『大聖堂』最終話です(個人的に)。
心して観ましょう。
いつもより1時間遅れの午後11時からの放送なので要注意です!!!

『大聖堂』原作などのワードで来られる方がいらっしゃるようなので一応。
私は↓のソフトバンク文庫版を買いました。
『大聖堂』上・中・下
ケン・フォレット/著、矢野浩三郎/訳
ソフトバンククリエイティブ/刊


ちなみに、『大聖堂』の時代から200年後を舞台にした続編
『大聖堂~果てしなき世界~』も同じくソフトバンク文庫で出ているので、
お買い求めの際は、お間違いのないようにお気をつけください
(私も店頭で下を買おうと手にとって、
よく見たら続編の方でした…。買う前に気付きましたが…)

『大聖堂』NHKオフィシャルサイト
"The Pillars of the Earth"オフィシャルサイト(英語)
"The Pillars of the Earth"Starz(アメリカ)オフィシャルサイト(英語)

| 映画/ドラマ | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都会っていいな?!

我が街(最寄駅周辺)にはCD屋が一軒も無くなって久しい…
(いや、一年以内ではあったと思いますが)
で、昨日所要で久々に都会へ出たのですが。
DVDが3枚3000円で売ってた!
まぁ元々DVDって廉価版すぐ出ていたし、
これからはBD主流になっていくだろうから、
まぁそんなモノなのかもしれませんが。

とりあえず、ウホウホと3枚買ってきましたよ。

『インビクタス/負けざる者たち』と『アパルーサの決闘』と、『トリスタンとイゾルデ』。
……なんか全く関連性ないな~、どういう人かと思われそうだ(汗)

『インビクタス』("Invictus")は、
マット結構好き、イーストウッド作品結構好き+
ボクス(ラグビー南アフリカ代表)ネタだったので、
ぜひ観たいと思っていたのですが、時期が悪くて結局見られていない作品でした。
これは家族と観ようかな~と思っております。

でも、日本での作品紹介を見ていつも気になっていたのですけど…
ボクスは対外試合できなくて、優勝できるほどには強くなかったのかもしれませんが
(ちなみにラグビーはチームの力の差が如実に現れるスポーツです。
「交通事故」で勝負が決まることも多いサッカーと違って。)、
『弱小』ってほどではなかったですよね?
当時のこと知らないのであれなんですが…。
日本での作品の説明にはいつも『弱小』と書かれていてなんか違和感が…。

あと、主に南アフリカにおけるラグビーという競技が歴史的・政治的に
どういった存在だった(である)かということが重要かと思うんですけど、
日本の記事やジャケットの説明書きなどでは、そのあたりも書かれていない。
本編ではさすがに説明あるとは思いますが。
ラグビーは『白人優位主義』『アパルトヘイト』の象徴であったわけで、
(白人はラグビー、黒人はサッカーという構図です)ボクスはその親玉的存在。
だから、今のラグビー選手(関係者)はすごくいろいろ気を使っているし、
最近でも、政治的に利用されるのが嫌だと海外に出ていっていた選手もいます
(結局戻ってきた選手が多いようですが)。
そのラグビーをマンデラが利用し、
ボクスのジャージを着たってところがポイントだと思うんですけどねぇ。
ま、日本におけるラグビーの認識はこの程度なのかもしれませんが
日本の説明文じゃただのスポーツ感動話っぽく見えてしまいます…。
と、日本の配給の広報や、
マスコミの扱い方への不満は今に始まったことではないのですけどね~。

『アパルーサの決闘』("Appaloosa")は、
エド・ハリス、ヴィゴ・モーテンセン、そしてジェレミー・アイアンズと、
私が好きな渋いおっさんばっかり揃った西部劇で見たい!と思っていたのですけど、
結局日本では劇場公開されず…。
DVDレンタル文化のない自分はそのままになっておりました。
エド・ハリスとヴィゴさん、こんどこそ兄弟役?と思ったら、今回も違いますね(汗)
似てるんだから、いつか兄弟役をやって欲しい(笑)
ちなみにアパルーサとは、
私の好きなブチで白目のある可愛い馬のことではなく、地名のようです。
でも西部劇だから、馬自体はたくさん出てくるよね?と
期待しているのですが…ヴィゴさん出てるし(笑)

『トリスタンとイゾルデ』("Tristan & Isolde")
はもらったDVDがちょっと訳ありで、
字幕本編のみのものだったので、メイキング目当てで。
早速観てみました(ルーファスのとこだけ)が、
コメントがなんかお茶目で可愛いよ~、ルーファス~。
吹き替えは、そうかな、と思ってましたが、
やはりルーファスマーク王はてらそまさんでした。
トリスタンが平田さんだったのがすごく意外!
後日吹き替えちょっと観てみようと思います。

トリスタン=ジェームズ・フランコといえば、
オスカーノミニーの『127時間』、面白そうなので観たいな~。
あと、オスカー関係?だと『英国王のスピーチ』と、『ザ・ファイター』が観たいです。
…まぁ、これらの作品も昔なら「そこそこ観たい」くらいだったのですが。
最近あまり観たいと思う映画ないなぁ。あっても日本来なかったり(涙)
『アパルーサ』もあんな豪華キャストでDVDスルーですものね。
昔はシネコンとか行くと、大量にチラシもらってきてたんですけど、
今行っても欲しいもん全然ない…。

観たい映画といえば、ロンドンのホテルで(馬の写真が目に入って)
たまたまチラシを手にとって以来、見たいと思っていた舞台"War Horse"
スピルバーグで映画化、とのことで、さすがに日本入ってくるよね?!
と期待しております!ついでに原作児童書の翻訳も出るといいな。

舞台版の「馬」の造形も、さすが馬好き英国!という感じですが、
やっぱり本物の馬が見たいしね!

| 映画/ドラマ | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UPSOLD「売れたよ速報」

2月17日に新たにUPSOLDより「売れたよ速報」メールがきました。

今回は、
バーニーズマウンテンドッグ おすわり背中
バーニーズマウンテンドッグ おすわり背中(スーパーヘビーT)

バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 02 カラー
バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 02 カラー(ヘビーウェイト長袖リブ無しカラーT)

バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 02 カラー
バーニーズマウンテンドッグ 立ち姿 02 カラー(6.2oz
Tシャツ-胸面 (濃色))
x2枚

の計4点。
ありがとうございます!

| UPSOLD/Cafepress | 00:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香川へ行ってまいりました。

2月20日から2月22日まで、久々に泊まりがけ外出しておりました。
行き先は、両親の実家のある四国は香川県。
(私自身は生まれも育ちも関東ですが。)

とりあえず、表の主目的はキアラがいる時にできなかった墓参り。
法事などあっても、キアラがいるときは
私だけ留守番していたので、実に10年ぶりくらいです。

最初は自分一人でいこうと思っていたのですが、
母も「んじゃ私も行こう~」と、ふたり旅に。

高松空港からレンタカーを借り(レンタカー+カーナビ初体験)、
西讃へ向かい、まずは母の実家の墓参り。
母方の祖母は、最後の10年以上、我が家で過ごしており、
晩年は別居の孫の名を忘れてもキアラのことはしっかり分かってましたので、
「キアラのこと、よろしくね~」とお願いしてきました。
母方実家は、今は普段人が居ないので、中に入れずちょっと残念。
ちなみにどうでもいいことだが、母の出身高校(母の実家の直ぐそば)
は、要潤と同じだったりします…。

その後、山を越え、隣町?(市町村合併で同じ市になりましたが)の父の実家へ。
父の実家は、伯父夫婦が引退後、東京からUターンして住んでおります。
よく家にも遊びに来る、親戚の中でも最も交流のある人たちなので、
もう実家でくつろぐようにくつろいできました(笑)

ここで、裏の主目的第一弾!

lan03.jpg
このお宅の愛猫、藍(ラン)くんです~。

8才、キアラより年下=今まで一度も会えなかったのですが、
やっと会えることができました。

伯父夫婦が四国に帰ってからすぐくらいに、伯母が雨の中自転車に乗っていたら、
子猫の声がして、その子猫を家に連れ帰ったのだそうです。

当時は片手に乗るくらいの大きさだったそうで、それが今では5キロ超の大きさに。
田舎では珍しく(?)ほぼ完全室内飼いで大切にされています。
というか、個人的にネコ室内飼い推奨派なので、何だか嬉しい。
そういえば、猫飼っている家特有の?匂いもなく、
ちゃんと管理されてるな~、とそんなところでも感じました。

キアラの話になって、
伯母に「キアラは甘やかされすぎやわ」と言われたのですが…。
…ランが居なくなるとヘッドライト付けて捜し回り(ま、気持ちはとても良くわかります)、
彼のことをジャニーズ系と豪語?し(ま、すごくハンサム君ですが)、
顔がいいうえ、頭が良くて、運動神経が良くて~…と、
止まらなくなるあなたに言われたくないいいいいい!!!
と指差しで抗議しましたよ、えぇ。

lan06.jpg
こんな張り紙も作ってます(かわいい)。
親馬鹿というか、バカ親ぶりとしては、我が家といい勝負な気もしますが…如何か。

lan01.jpg
ちなみに、真白の身体に青い目、でお分かりの方もいるかも知れませんが、
この子は耳が聞こえません。両目青なので、両耳。
(真白い毛で眼の色が左右違う子の場合、
目が青い方の耳だけ聞こえないんだとか聞いたことがあります)
だから、床を叩いて呼んでいました。

なかなか家族以外にはなれにくいのですが、
ブラッシングがたまらなく好きなので、ブラシで誘うと仕方なく寄ってきたりもします。

lan02.jpg
とりあえず、安全(?)なテーブルの下で様子見。

lan05.jpg
伯父がブラッシングすることんなことに。

子どもが大の苦手で、子どもがいると、家の何処かに隠れて出てこないのだそうですが、
今回は大人ばかりだったので、ちょろちょろと顔を出していました。

lan04.jpg
お母さん(伯母)の大切な織り機にいたずら。
キアラもよく無視されるといたずらでスリッパ強奪したりしていたなぁ。
それでも無視すると、スリッパ放り出してふて寝してたけど…。

…が、一日何時間寝てるんだ~というくらい寝てました。
キアラもよく寝るな~、と思っていましたが、比較にならないくらい。
猫ってこんなもの?

1日目の夜は、伯父夫婦の息子(従兄ね)夫婦が遊びにきてくれました。

2日目は、午前中父実家の墓参りと、伯父夫婦が町内の散策ガイドをしているので、
そのコースで私設ガイドをしてもらいました。
出来れば後日まとめたいと思っております(汗)

午後は、隣?の市にある温泉施設へ行き、風呂入って夕食食べて帰ってきました。
(私は酒を全く飲まないドライバーなのでこういう時便利)

3日目、伯父夫婦宅をあとにし、今回の裏の主目的第二弾!

キアラのことが一段落して、
なんとなくハスキーについていろいろ調べているときに、
ショーなどにも出しておられるブリーダーさんが香川県におられることが判り、
以前からメールをさせていただいたりしていたのですが、
今回、見学させていただくことになりました。
…とは言っても、別にすぐにハスキーが家族になるとか、そういう事ではなく、
あくまで、ちょっと見学させて下さい程度(大迷惑)

香川県丸亀市の、
キングドルフィン犬舎様です。

母と共に犬舎に伺うと、運動場にいた大人ハスキーたちが大歓迎!
すっごく人懐っこい!性格よさそう~!!!
しかも、「かまって、かまって!!!」と寄ってくるのに、
みんな一言も吠えない!(遠吠えっぽい吠えを一声発した子もいましたが)
ハスキーは、本当に評判通りフレンドリーで吠えないな~、とニヤニヤしてしまいました。
塀越しではありましたが、両手にハスキー状態でモフモフして、幸せ~!!
母もハスたちのフレンドリーさに、
「わ~、人懐こいわね~」とモフモフしておりました。

そして!ある意味メインイベント?!
kingd_silverpuppy01.jpg

kingd_silverpuppy02.jpg

kingd_redpuppy01.jpg
仔犬ちゃんたち!1月4日生まれの子です♪

女の子3頭(レッド1、シルバー2)に会わせて頂きました♪
今回どうしてもこの時期に、と思ったのは、
ブリーダーさんのところにまだ仔犬がいるうちに、と思ったのもあったり。

写真を撮らせていただいたのですが、
モフモフの方に集中してあまり撮れませんでした(汗)

一頭だけ、22日の時点で新しい家族が
全く?決まっていないそうですが、性格いいですよ、とのこと。たしかに。
気になる方、詳しくはキングドルフィンさんの子犬情報ページをご覧下さいね。

でもみんな人懐こくて、パピーゆえの甘噛みはあれど(子犬の歯、久しぶり♪)、
「痛い~!」といえばすぐ離してくれて性格よさそうでした♪
お母さん(写真撮れず)も仔犬いるのにフレンドリーだったしな~。

kingd_tigger.jpg
この子犬のお父さんは、このティガーくん。
この犬舎で体が一番大きく、約25kgだそうです。

巷のハスキーはオーバーサイズ気味の子が多いようですが、
ショーでは骨量がありすぎたり、スタンダード
(♂体高53-60cm、体重20-27(JKCは20.5-28)kg
 ♀体高51-56cm,体重16-23(JKCは15.5-23)kg)
のサイズをオーバーすると失格になるようですね。
(ブリーダーさんに聞いたわけではなく、一応自分で調べてみました・汗)
分類上は大型犬でもスタンダードの子は完全に中型犬サイズのようです。
もちろん、キングドルフィンさんの女の子たちもコンパクトな体つきでした。

kingd_carol.jpg
こちらはキャロルちゃん(今回の仔犬のお母さんではありません)

伺ったとき、成犬はオス2頭、メス3頭で、
他にも、今ハンドラーさんに預けている子もいるそうです。
次回の交配予定は今のところ未定だそうです。

ちなみに、初めて飼ったのが先日亡くしたバーニーズ(キアラ)で、
小さい頃からハスキーが好きだったけど、
初心者には不向きと書かれていたので…というようなことを言うと、
ブリーダーさん、
「色んなこと言う人がいるんですよ~、
バカとか…でも、そんなことないんですよ~」と、
ちょっと苦々しくおっしゃっていました。
私はバカだとかは言っていないんですけど(思ってもないし)、
今まで散々言われてこられたんだろうな~、と…。

ちなみに、乱繁殖の末、スタンダードから
かけ離れたハスがこう言われてしまったのだと思いますが、
仮にスタンダードな性質のハスが「バカ」なら、
昨今賢いと言われているバーニーズも「バカ」になります、多分。
だって、どっちも頭よすぎて自分で考えて行動するし、
自分に都合のいいことしか聞かないし(笑)

と、いうわけで、うふふアハハな気分で空港に向かい、
飛行機でこちらに帰ってきました~。

| 旅行記 | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ダークエイジ・ロマン大聖堂』第3回聖アドルファス祭と原作

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


と、いうわけで第3話。
原作、ドラマを追い越さないように読んでいたのですが、
ちょっと追い越し+ぱらっと先を見てしまったダメな私です(汗)
とはいえ、ちゃんとは読めていないので、色々とうろ覚えですが、
原作とドラマの進行(や設定)が結構ぐちゃぐちゃになってきていますね~。

今回の話のあたりだと、ジャック(とエリン)は全く出てこなかったかと思うんですけど、
大人の事情というか、8回で全部まとめようとしたらああなるのかな~と思いました。

トムとエリンはだんだんドラマの方もいい感じに(?)
バカップルになってきましたね~。
…トム!仕事遅れてるのに、1年くらい我慢しなさいって(涙)
って、ここも原作と違うから1年とか期間決まってないんでしたっけ(汗)
でも、馬に乗るトムを見られたのでよし(え)
あ~、オレもトムのケツ掴みたいよ、と思ってみてました(え)

石切場のシーンは途中までトム、かっこよかったのに、
ジャックの場面になってしまいました…うぅ。
ちなみに、フィリップがアリエナの羊毛を買ってあげるシーンも、
原作ではフィリップの独壇場?でかっこいいシーンだったのに。。。
ジャックがいたために少し霞んでしまったわ…。
原作ではジャックが居ない分、今回は特に個人的にジャックの存在が…邪魔でした(小声)
これから主人公(の一人)がジャックにスライドしていくので仕方ないのかもしれませんが…。

石切場リベンジ?のシーン、
修道士達の聖歌と、職人たちの石切の音が一緒になってすごくかっこよかったです。
これは本(文章)では絶対に出せないかっこ良さ。
個人的に今回一番好きだったシーン(画面よりも、音が)でした。

次回予告、全くトム出てなかったんですが…あまりでてこないのかな…。
フィリップに注目するか~。

そいえば、原作アルフレッドはアレでこれで最後あんな感じなわけですが、
ドラマだとどうなるんでしょうねぇ。
原作よりは性格悪くないんで、原作みたいにならないといいんですが(汗)
今までとあまり変わらない性格で、今後原作通りだったら、
それこそも~、かわいそすぎますよ…。

と、話をトム(と、いうか、ルーファス・シーウェル)に戻して…
私、実はルーファスタイプの声ってあまり好きではなく、
最初てらそまさんなルーファスなトムがかっこいい!
と思っていたのですが、(今もですが)
原作によれば、トムは長年粉塵を吸ってきたために、
胸に引っかかるような呼吸をするというような設定らしく、
そうだとすると、たしかにきれいなてらそまさんのお声よりも、
ちょっとかすれた感じのルーファスの声の方があっているのかもな、と思いました。
(つか、そこ込みでのキャスティングかな、と)
まぁ、ルーファスの声自体最近好きになってきたので…
ぜひDVDでオリジナル音声もみたいな~と。日本でも出ないかな、DVD。

それから、トムは背が高い設定なのに、ルーファスさん、
あまり大きいイメージがないと書きましたが、
IMDbを見ると183cmとのことでした。
やっぱり、だいたい思ったくらいの身長だったな~。

ラッセルはあまり大きくないどころか、
ちょい小さめのイメージで、180cm、やっぱりこんなものか。
小柄になると、ティム・ロス(170cm)とか、
トム・クルーズ(170cm)とか、バンデラス(174cm)とか。

向こうの俳優さんは190近くないと大きく見えませんからね。
ちなみに私が一番大好きなケヴィン・クラインは189くらい。
立ち姿がスラっとしていてとても素敵で見とれます。
(ルーファスは、普段ちょっと姿勢が悪いんですよね)
最近、素敵なおじさまから、素敵なおじいさまになってきましたね。

ケヴィン出演作"The Conspirator"観たい。(主演はマカヴォイくんね)
監督のレッドフォードと。

わ、話し横道(ケヴィン)にそれ過ぎました(汗)

ところで、『大聖堂』原作などのワードで
来られる方がいらっしゃるようなので一応。
私は↓のソフトバンク文庫版を買いました。
『大聖堂』上・中・下
ケン・フォレット/著、矢野浩三郎/訳
ソフトバンククリエイティブ/刊


ちなみに、『大聖堂』の時代から200年後を舞台にした続編
『大聖堂~果てしなき世界~』も同じくソフトバンク文庫で出ているので、
お買い求めの際は、お間違いのないようにお気をつけください
(私も店頭で下を買おうと手にとって、
よく見たら続編の方でした…。買う前に気付きましたが…)

あ、明日から2~3日留守にします。
帰って来たら、久々に映画/ドラマ(つかルーファス?)
とUPSOLDネタ以外の記事が書けるような書けないような。

『大聖堂』NHKオフィシャルサイト
"The Pillars of the Earth"オフィシャルサイト(英語)
"The Pillars of the Earth"Starz(アメリカ)オフィシャルサイト(英語)

| 映画/ドラマ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『トリスタンとイゾルデ』マーク王について

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


先日は2作品一気に感想(?)書いてしまったので、
マーク王についてちょっと。

あ、もちろんめちゃくちゃネタバレです。

トリスタンとイゾルデの浮気について知ったマーク王が
ショックを受けながらトリスタンを捕らえ、
その後、牢に行ってトリスタンに対して詰め寄って激怒するシーン。
("Tell me!"の叫びがかっこよすぎです!)

これは、最後のセリフなどからもわかるのですけど、
息子のように大事にしていた、信頼する家臣に、
自分が幸せにしたいと心から願っている愛妻を寝取られたから…
というのももちろんあるんでしょうけど、それよりも、
平和を望んで結婚したのに、それが全て台無しになること、
そしてその事態を起こしたのがトリスタンだったことに対しての
王としての失望感が強かったのだと思います。

冒頭でも、生まれてくる息子を平和の中で育てたい、と言っていたし。
トリスタンは、結局生まれてくることができなかった
その息子の代わりでもあったんでしょうし。

平和を築くために、トリスタンに勧められてイゾルデとの結婚
(正確には、イゾルデと領地争奪戦?への参加)に踏み切ったのに…。

最後のセリフは"I am a king"なわけですが。
王様だから行かないといけないんです。
死にゆくトリスタン(息子)を残して、イゾルデを残して。
王様は自分(や、自分の連れ合いや子供)
のことだけ考えていればいいわけじゃなくて、
守らなければならないものや、なさねばならぬことがたくさんあるから。

私が王様キャラ、リーダーキャラ、
"従"よりも"主"の方が好きなのは、このあたりなんだよね、と
素敵過ぎるマーク王に再認識させてもらいました。

ところで、色々と感想などを観ていたら、
トリスタンがイゾルデの手を握る(マーク王がそばにいる)
シーンについて書かれている方がいらっしゃいまして。
そのあたりも。

私は、そこは、マーク王にはないはずの右手が
イゾルデの手を握っている=あれ、トリスタンじゃん!
と(敵方に)気づかせるような演出かと思っていたのですが、
実際のところ、どういった意味を持つシーンだったのでしょうねぇ。
たしかに、あのトリスタンの行動は、すごく許せないですよ~。
左手でなにか触りながらは、イゾルデの手を握れないんだもの、マーク王は。
つか、右手がないのは誰のせいだっつの!>トリスタン

でも、別のシーンで、マーク王が左手で
イゾルデになんか食べさせているシーンは可愛かったなぁ。

あと、イゾルデの体を優しく撫でるところとか~!!
あぁ、もう!イゾルデ羨ましい~!(おちつけ)

ところで、『トリスタンとイゾルデ』を観ていて、
今更ですがルーファスのまつ毛のバッサバサぶりにビビリました。
(トリスタン成長後は、マーク王坊主頭のためか目立った)
マッチ棒何本乗るんだろう。

あ、明日(日付上は今日か!)『大聖堂』の第3話!トム~!!!!
(次回へ続く)

| 映画/ドラマ | 01:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『トロイ・ザ・ウォーズ』『トリスタンとイゾルデ』

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


本日仕事休みだった上に
珍しく日中家人が居なかったので、DVDを2本鑑賞。

どちらもルーファス・シーウェル目当てです。

1作目はTV映画『トロイ・ザ・ウォーズ』("Helen of Troy")

先日の記事で言及した(?)通り、中古でDVDを購入。
長い上に恋愛もの?なので、アガメムノンが出てくるとこ以外は早送りで(汗)
これは…主役はアガメムノンってことでいいですかね(え)
ヘレンはまぁ置いとくとして(置いとくのか)、
男性の登場人物の中では確実に一人でオーラが違っていましたよ。

まぁたしかに無茶な暴君ではあるんですけど…
神託に従ってわが子を手にかけなければいけないと知ったとき、
それを実行するとき、その時の思いを告白するとき。
その表情がなんとも言えず…すごいなー、ルーファスさん、と思いました。
(ヘレンをじ~っと見てるとことかもね~怖いよ~・笑)
その割には最後はちょっとあっけなかった気もしますが、
あそこで引っ張ったらほんと主役が誰だかわかんなくなりますからね、
と無理やり納得してみる。

メネラオスはいい人なんだけどやっぱりいまいちな感じだし(汗)
パリスは…何が良いのかよくわからん(汗)でした(汗)
…『トロイ』のオーランドみたいに、
顔がめちゃくちゃ可愛ければまた別なんですけど…
って、あのオーランドアホパリスはあまりにヘタレでしたが…
男としてはこっちのパリスのほうがいいか(汗)

ヘクトルは最初やなやつかと思いきや、
(なんせアガメムノンいないシーンは早送りなので…)いきなり弟思いに変身!
上記2人よりはかっこよかったかな~。
『トロイ』ではバナヘクトル大贔屓の私でしたので、そのせいもあるかも(笑)

そういえば、ルーファスアガメムノン、吹き替えてらそままさきさんでした。
(当時はお名前、漢字で寺杣昌紀さんでしたが)
最初字幕で観て、気になったシーンだけ吹き替えでも観てみました。
「あ、若くて悪いトムだ…」とかニヤニヤしてしまいましたよ~。
そして、実は『トロイ』のバナヘクトルもてらそまさん!
あ~、私っててらそまさんキャラが好きなのかなぁ(もはや意味不明)

イリアスは読んだんですが、すっかり忘れてしまったのでアレなんですが…
多分『トロイ』よりこちらのほうが元ネタに近い…とは思います。
アキレスはなんか違うような気もしますが(汗)

どちらが好きかと言われたら…う~ん…
よくわかりません(汗)

ルーファスアガメムノン、バナヘクトル、豆オデッセウス、
オーランドパリスで観てみたかったかも。
(女子はもうどっちでもいいけど。興味ないので←オイ)



2作目は『トリスタンとイゾルデ』("Tristan & Isolde")

『トリスタンとイゾルデ』のDVDは、実は何年も前に、
映画館時代の元同僚に「ジェームズ・フランコの顔好きそう」
と‎言われて、もらった物です。
「…図星だぜ、元同僚!」と有りがたく受け取ったのですが、
もともと恋愛映画なんて全く興味がないので、本棚の肥やしになっておりました…。
こちらも『大聖堂』と共通点があります。
製作総指揮がリドリー(とトニー)・スコットだったりします。

マーク王がルーファスだってことは知っていたのですけどね、
まさか、彼にこんなにハマるとは思ってなかった(汗)
てなわけで(?)役柄がとても良い人らしいし、ありがた~く観ることにしました。

…これって、「悲恋」ものらしいんですけど、「マーク王の悲恋」ですよね?!
トリスタンとイゾルデのシーンをすっ飛ばしたせいもありかもしれませんが(オイ)
…完全にマーク王でしょう(なにが)。
マーク王以上のオトコマエが、この映画に登場するだろうか、いや、しない。

冒頭のちびトリスタンを助けるところからかっこ良すぎます。
もうすぐ子どもを産むはずだった
奥さんの遺体を目にしたときの表情もなんとも言えない。

もう一挙手一投足がかっこよかったり可愛かったりで
目を離せませんでしたよ~。

イゾルデが嫁いでくるときに「拒絶されないだろうか」とか心配している顔が可愛かったなぁ。
義手を取って、「不完全な自分を」…のところも、なんか切ないですよう。

つか、誰がトリスタンとイゾルデに感情移入するんだ、これ(汗)
メロートならまだわかるが(関係ないけど顔だけなら彼が一番イケメンな気がする)。
政略結婚(しかも、相手を知らなかったとはいえトリスタンが勧めた)なのに
こんなに自分を想ってくれる、立派な王様と一緒になれんのに何が不満なのか~!
大半の女子はかわかっこ良過ぎるマーク王に一生付いていくと思うんだけど…
そうでもないもんなのかな(汗)
もーなんか、何も知らない(で愛妻相手にウキウキする)
マーク王が不憫で不憫でなりませんでした。

そんで、ラストまで良い人すぎるよ、あんた!ってかんじで。
これぞ純愛ではないかと(笑)
しかし、こんなにいい人は王様向いてないと思うんですけど(汗)
結局は向いていたようなのでいいか。

カリスマリーダーキャラ、いい人キャラなど、私のツボを付いたキャラで、
これはなんどでも観てもいいかも。マーク王の出ているシーンだけは。

ジェームズ・フランコは、こういう時代コスプレものより、
現代かちょっと昔くらいで、髪は短め、
スーツとかニットとか着てたほうが似合うと思います…むにゃむにゃ。
ルーファスはどっちも似合うけどね!

どうでもいいんですけど、
ちょいチリロンゲのジェームズ・フランコ、
時々斎藤工に見えました(え)

| 映画/ドラマ | 02:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UPSOLD「売れたよ速報」

UPSOLD「売れたよ速報」

2月8日に新たにUPSOLDより「売れたよ速報」メールがきました。

今回は、

バーニーズマウンテンドッグおすわり仔犬
バーニーズマウンテンドッグおすわり仔犬(湯飲み茶碗)


バーニーズマウンテンドッグ「開き」仔犬 文字なし
バーニーズマウンテンドッグ「開き」仔犬 文字なし(スーパーヘビープルパーカー)


の計2点。
前回、前々回と同じ方なのでしょうか。
どちらにしても、本当に有難いです!

そろそろ本気で「クロニクル千古の闇」の
アンソロにかからなくてはならないので、
新柄はしばらくできなそうです(汗)

夏前頃にはまた動き出したい、と思っております!

| UPSOLD/Cafepress | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『大聖堂』話数変更のお知らせ

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


NHKBShiで大好評放送中のドラマ『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』
は、当初全8回の放送予定でしたが、全5回に変更になりました。

…もちろん、私だけの中で。

以下ちょこっとネタバレ?そうでもないか。

…『大聖堂』は何十年単位の話らしいので、
トムは途中で退場することはなんとなく知っていたんです。
でも、IMDbを観たら、ルーファスさん、
一応全話にクレジットされているようなので、
「原作の下巻ではすでに退場済みなのにおかしいな~」
とは思っていたのですが、
「原作と設定を変えたりして最終話まで引っ張るのかな?」
とかちょっと油断していたのです(汗)

が、画像漁っていて、
トムはやっぱり5話を最後に退場するようだな~ということが判りました(汗)
回想などで一応チラッと出てくることはあったりするんでしょうが…。
そうなると、後はやっぱりジャックが主役になるのでしょうか…。
…すみません、ジャックとアリエナカポー、個人的に全く萌えないのですが(汗)
…ここに来て、完走できない危険が…。
うぅ、でも、5話まで観たら、きっと物語自体にハマっているよね?!
というわけで…6話からは、フィリップと
ブラザー・ジョナサンあたりに注目していきたいと思います(爆)

原作まだ2話目分しか読んでいないので、彼らもどうなるか全く不明ですが…。

と、いうか、原作ではジャック、エリンについて出ていったけど…
ドラマと原作、これまで以上に違っていくのでしょうか??
ま、トムがかっこ良ければ何でもいい(オイ)

| 映画/ドラマ | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ダークエイジ・ロマン大聖堂』第2回聖堂炎上と原作読んだとこまで。

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


と、いうわけで(?)先週に引き続き、『大聖堂』を観ました!
今週も「トム~トム~かっこいい~!」とか心のなかで騒ぎつつ(汗)

今回も、話の具体的な感想というより、個人的に思ったことなどを…。

8話観終わってから原作を読もうと思っていたのですが、
欲望に打ち勝つことができず、先日結局原作購入。
ドラマを追い抜かさないように読み進めております。

…が、物語の進み方とか、ちょっとした設定などがやはり違ったりするので
ドラマ観たところを復習がてら読むというのは至難の業です(汗)

原作を読んでみて思ったのは、
ドラマだけだと話がよくわからないのじゃないかな~ということ。
特に1話はそんな感じでした。
今回、セリフなどで説明していたりして、
補っていたような気もしますが。

特にドラマだと、フィリップの背景なんかがあまり書かれていない気がするので、
彼のキャラがよくわからん、ということになりそうですが、
そのあたりも3回目以降で色々出てくるんでしょうか。
ちなみに、原作を読んでフィリップが気になりキャラになりました。

トムのあかんぼ(ドラマでは名前はまだ出てきませんね)が修道院へ行くあたりも、
原作とドラマではちょっと?違っていたりします。

エリンとトムの関係も原作と結構気がしまする。
原作だと、トムは総受け状態で(もちろん相手は女子ですよ…嫁さんとかエリンとか。)
ちょっとウケたのですが(笑)ドラマではトムから行ったか~。
エリンとトムの関係も、原作はもっと(個人的には)「おいおい!」という感じで
ドラマではどうなるんだ?と思っていたのですが。
ところで、原作のバカップルぶり?ならなんとなくわかるんだけど、
ドラマのトムのキャラで、修道院であんなことして良いのか(汗)

それと、これはオリジナルのセリフと吹き替えのセリフですが…
トムがあかんぼを抱かせてもらって泣かれたとき。
「俺じゃだめなんだよな」「役立たずだ…」という台詞になっていましたが、
英語では"I'm no good to you, am I?""I'm no good to anyone."
というセリフだったようで(画像漁っていてたまたまここのセリフを目にしました)、
その方がトムの無力感を表しているような気がしました
(このあたりの葛藤も、ドラマではだいぶ省かれてしまっているのであれなんですが)。

と、やっぱり原作とドラマの違いなど気になってしまうのですが…、
トムは絶対ドラマのほうがオトコマエです!かっこいいよう!

ちなみに、ダメ男なトム長男アルフレッドも気になりキャラです。
何かこ~、ジャックを引き立たせるために用意されたキャラっぽくて
ちょっと哀れな感じが…応援したくなります…。
原作トムだとこういう息子になってもアレかな、という気がしますが、
ドラマトムの息子がこれでいいのという気もしたりしなかったりですが(汗)
とりあえず、顔はジャックより好みだよ!(笑)

さ、原作2話目分読み進めよ~。
そして、第2話の(トム=ルーファス・シーウェルの)画像漁ろ~。

全然関係ないのですが、ルーファスさんの誕生日、キア子の誕生日と一緒でした。
…なんか運命を感じる(え)

ところで、『大聖堂』原作などのワードで
来られる方がいらっしゃるようなので一応。
私は↓のソフトバンク文庫版を買いました。
『大聖堂』上・中・下
ケン・フォレット/著、矢野浩三郎/訳
ソフトバンククリエイティブ/刊


ちなみに、『大聖堂』の時代から200年後を舞台にした続編
『大聖堂~果てしなき世界~』も同じくソフトバンク文庫で出ているので、
お買い求めの際は、お間違いのないようにお気をつけください
(私も店頭で下を買おうと手にとって、
よく見たら続編の方でした…。買う前に気付きましたが…)

『大聖堂』NHKオフィシャルサイト
"The Pillars of the Earth"オフィシャルサイト(英語)
"The Pillars of the Earth"Starz(アメリカ)オフィシャルサイト(英語)

| 映画/ドラマ | 01:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

画像漁り。

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。


『大聖堂』第一回放送後、何かにはまった後の恒例行事で(?)
ルーファス・シーウェル(Rufus Sewell)について色々情報やら、
画像やらを漁り倒しておりました。

第二回放送前に、そのあたりちょこっと。

ルーファス・シーウェルの画像を漁って気づいたこと。
彼は、表情の作り方が漫画っぽい気がする。いい意味で。
なんとなく可愛くて魅力的なんだよ~。眉毛の上げ方とかが。
そして、普段は髭ないけど、やっぱりあったほうが個人的にはかっこいいと思います。
髪も、ちょい長め?にしていることが多いようだけど、トムくらい短いほうがいいな~。

髭なルーファスさんを探していたら、
"Helen of Troy"というTV映画でアガメムノン役をやっていたらしい

正面顔はこんな感じ
2003年の作品とのことで、『ロック・ユー!』から2年くらいしか経ってませんが、
ヒゲあるとずいぶんイメージ違うんだな。このころからかっこいいじゃないか。
と思っていたら、『トロイ ザ・ウォーズ』という邦題でDVDが出ていたらしい。
へぇ~。廃盤ぽいけど、中古なら手に入りそう。
…ルーファスさんのアガメムノンのためだけに手に入れてもいい…かも…。

もうひとつ、見た目が気になる映画が

しかし、邦題が…『変態島』…借りるにも借りれんよ(汗)
原題は"Vinyan"というもので、ちょっと社会派?な面もあり、
別にソノ手の作品ではないようなんですけど。
監督はじめスタッフが『変態村』と同じだった為に
この邦題になったとかならないとか。
見ていて気持ちのいい映画でないことだけは確かそう。
木曜洋画劇場とか、テレ東の昼間の放送とかでやらないかなぁ(笑)

ルーファス・シーウェルの日本での映画待機作としては、
やっと上陸!の『アメイジング・グレイス』、と
ジョニデとアンジョリ(普通はアンジーというのだろうが、
こう呼んでいる)が共演ということで話題の?
『ツーリスト』があります。(1週違いでの公開です)

『アメイジング・グレイス』は、
『キング・アーサー』のランスロット役、TVシリーズ『ホーンブロワー』のタイトルロール
ヨアン・グリフィズが主演で、内容もちょっと気になる感じだし、
姉が彼のファン(顔が超絶好みらしい)ので、
公開されたら観に行こうと言っていたのですが(そしてもう諦めていた…5年越し)、
『ロビン・フッド』を観た映画館で上映するらしく、安心しました。
…ルーファスさんはすごい髪型みたいですが…。

『ツーリスト』は、おそらく日本では主演ふたりのことしか話題にならないでしょうが、
実はポール・ベタニーとルーファス・シーウェルが『ロック・ユー!』以来の共演らしいです。
個人的にはそっちの方が重要!!!
プレミアの際の画像では、こんなのまで有りました(笑)
ポール・ベタニーはおちゃめさん(死語?)なのかな。
つか、マスコマ2どうなっているんだろう…。
『ツーリスト』は、個人的好みから言うと内容が微妙そうなので
観にいく予定はないですけど、テレビでやったら見てみてもいいかな(オイ)
こんな画像もありました
仲いいのかな。ま、悪くはなさそうかな。

こんなのもありました。
『レジェンド・オブ・ゾロ』のプレミアにて、
バンデラスと

このおっさんたち、なにしてるんだろうか…。

こちらは、『大聖堂』のドイツプレミアらしい
そういえば、原作を読むと、トムはすごく背が高いという設定なのですが、
ルーファス・シーウェルはそこまで大きくなさそうなイメージ。

今のところ、ドラマではそんなでもないんですけど、
原作では今のところすごくエリンが苦手な私ですが、
エリンが小柄という設定(トムと30センチは背が違う)で、
身長差カポー萌えとしては、そこだけちょっといいなぁと思っているのですが、
この二人だとあまり身長差ないですね…もちろん、
ヒール履いているだろうからドラマの中ではもう少し身長差あるんでしょうが。
原作では、トムと長男の毛が茶色なのが黒髪になっているのは好もしい限りですが。

時期や写真によってはゴラン・ヴィシュニックに似ていたり、渡辺謙に似ていたり。
ホアキンちゃんに似ていると言われたりもするらしく…
ルーファス・シーウェルは結局好みの系統だったんだな~(汗)
と、いうか、上記の人々が同系統だったとはちっとも思わなかった…。

とりあえず?前は馬+ヒース+ポール・ベタニー+黒太子に
それぞれ注目?して何度か観た『ロック・ユー!』
今度はルーファス・シーウェルに注目して観てみようっと。
ついでにまだ観てなかったメイキングも観ようっと。

と、その前に『大聖堂』第二回!楽しみ!

| 映画/ドラマ | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テレビっ子

『大聖堂』の記事を書いたときに、
こっそり『映画』カテゴリを『映画/ドラマ』カテゴリに変えたので、
今観ている+新シーズンが始まったら見る+見たいけど見られないドラマ一覧を。

月曜日:22:00~スーパードラマTV『クリミナル・マインド2』
    23:00~AXN 『CSI:科学捜査班 8』
火曜日:23:00~FOX 『ライ・トゥ・ミー:嘘は真実を語る2』
水曜日:21:00~テレビ朝日『相棒season9』
    23:00~FOX 『ナンバーズ:天才数学者の事件ファイル 5』
木曜日:22:00~スーパードラマTV『Chuck/チャック2』
    23:00 NHK BS2 『ER 緊急救命室 XV』
金曜日:(気が向いたら)21:00~TVK『犬飼さんちの犬』
(気が向いたら)23:00~FOX『BONES シーズン5』
土曜日:22:00~NHK BShi 『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』

新シーズン始まったら観る
スーパードラマTV:『メンタリスト』『WITHOUT A TRACE FBI失踪者を追え』
FOX:『Dr. HOUSE』『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』『glee』
AXN:『CSI:NY』『コールド・ケース』『CSI:miami』

見たいけど、環境がなくて見られない:
『LAW&ORDER クリミナルインテント シーズン3』~

日本に来てくれれば見たい:
『騎馬警官』シーズン3、4"Eleventh Hour""Zen"

…ほぼ毎日ドラマを観ている…テレビっ子だな…。
うちはWOWOWがみられないので、
クリマイやCSIシリーズ、コールド・ケースなどはかなりシーズンが遅れております(汗)

以下好きキャラなど。

クリマイ
とにかくいつも観てて怖いですよ…月曜の夜は悪夢を見る率が高い(オイ)
キャラは、結構みんな好きですね。ギデオンがカッコ良すぎる。
かなり主役っぽいのに、彼が早々に降板してしまうと、後はどうなるのか少し心配です。

CSILV

グリッソムかわかっこよすぎます。全てのドラマのキャラの中でも最上級の好き度。
ちなみに髭有りが好き。…グリッソムもそろそろ降板か~
…グリッソムのいないLVって、どうなのかな~。
とりあえず、ロビンス先生も好き。

Lie to me
ティム・ロスが一番好きな俳優!という元同僚に影響を受けまくって観始めました。
…ティム可愛い!!と騒ぎながら観ております!

相棒
プレシーズンからずっと見ています。
脚本というか、話の筋的には薫ちゃんとのコンビの頃が良かった気がしますが、
コンビとしては神戸くんのほうが好きかな。
ちなみに、好きキャラは、トリオ・ザ・捜一の伊丹くんです。
大河内監察官も結構好きです。

numb3rs:
デビ・コルコンビとラリー、アラン、
エジャートン捜査官、降板キャラではメーガンが好き。
ラリーとメーガンのカポー萌えだったのになぁ…。
エプス家の中で一番いい男なのは、間違いなくアランだよ!とか。
ちなみに、私はドンがすごく苦手です…。
最初はそこまでではなかったのですが…
もうなんか生理的に受け付けなくなってきた…。

CHUCK

これはもー、バカバカしくて面白いです。キャラもみんないい感じ。
特にケイシーと、お見事と、モーガンとレスターとジェフが好きかな~。
モーガンはとにかくいい奴だァ。負け犬だっていいじゃないか!

ER:
カーターアフリカ行きくらいから脱落しそうになっていたのですが、カーター降板で完全脱落。
XVはファイナルシーズンで、
元レギュラーたちがゲスト出演のエピ多しなので復帰しました。

ロマノ好きです!マルッチも好きだった。
いい人系ではガラントが良かったけど、よくわからないまま降板で残念…。
今のレギュラーではモリスかな。
ルカは出始め頃、『いい人』キャラの頃はすごく好きでしたが
だんだんキャラ的に微妙になっていきましたね…。
容姿と、吹き替えの声が好きなので嫌いキャラにはなりませんでしたが。

犬飼さんち
実はまだ1回しか見ていません(汗)とにかく、サモエドかわいい!!!!!

BONES
実は、番組全体のノリやキャラがあまり好きではないので…
積極的には見ていないのですが。スイーツが気になりキャラかな?

大聖堂
先日の記事にも書きましたが、ハマリそうです。
実は、やはり我慢しきれずに原作買いました(汗)
ドラマ追い越さない程度に読んでいます。(詳しくは2話の感想あたりで)

キャラは、なんといってもトムですよ~!!!!
今のところ原作よりいい人というか、優等生な感じがしますが、
そこがまたツボです。(2話目以降はわかりませんがね)
だからなんといっても、ルーファス・シーウェルの容姿と
てらそまさんの吹き替えがたまらん!

メンタリスト
最初はノーチェックだったのですが、父が見ていたのを横から見ていたら意外にハマりました。
キャラではチョウが一番好きです!私のツボを押さえまくったキャラだ。
シーズン2ではチョウエピ?もあるとかないとかなので楽しみ!

WAT
小山さんのダニーと思いきや、実はキャラ的にはマーティンが気になる、ヘタレ過ぎて。
ジャックのキャラに苛々することもあるんですが(笑)
落ち着くのはヴィヴィアン母さんです。唯一ホッとするキャラだ…。

ハウス
外科医系が多い中で、珍しく内科系(厳密に言えば違うんでしょうが)
なところに好感をもって観始めました。
面白く見ていますが、家族が深刻な病気の時はさすがにみられなかった…。

ウィルソンが私のツボキャラです。えぇ。
つか、ハウスとウィルソン…どうなってるんですか?!

NCIS:
NCISも、最近脱落しそう、となる時があります。
…トニーがあまり出ばらないといい。
マクギーが可愛いです。あと、ギブスとフォーネルの絡みとか。ダッキーとか。

glee

歌が好きで「青春学園モノは…」と思って敬遠している人がいたら、
一度は観て欲しいかな~と思います。
シーズン1のサントラは全部買っちゃいました(笑)

キャラ的にはアーティ&ティナとか、カートとかメルセデスとかパックとか。
スー先生ももちろんですね(笑)でも一番いいのはカート父。
作品の中で唯一まともな大人な気がするのは私だけでしょうか…。
ちなみにウィルは熱血教師と紹介されることが多いですが…そうかな~。
なんか結局自分のことしか考えていない人に見えます、私には(汗)
歌声は大好きですけど!

CSI:NY
最初の頃はLVより好きかも~、と思っていたのですが、
最近はやっぱりLVのほうが好きかも…。

キャラ的には小さ可愛いホークスが好きです。
秀才オタクキャラ系(笑)グリッソムと気があいそうな気が。
後はダサ可愛いフラックも結構好き。
もう少しいじると激しくかっこよくなる気がするのですが…。

コールド・ケース
最近のアメリカ刑事ドラマにしては、「人情味」があって、
日本人にもウケが良さそうだな、と思うのですが、どうなんでしょうか。

キャラでは、上司=スティルマンがかっこいいです。
全ドラマの中で一番上司にしたいと思える人だ。

CSI:miami:
ギャグとしてみてます(ファンの方すみません)。ホレイショ劇場。
昔の刑事ドラマみたい…あの独善的なところが私はどうもニガテ。
マイアミの人たちって、NY(マックが上司)だったら
5回はクビになっているような気がする(ホレイショ含め)。
キャラではトリップくんが一番気になります。なぜ楊枝……。

LAW&ORDER CI
シーズン1と2はFOXでやっていたのに…。3からCRIMEに移行。
家が契約しているケーブルテレビは金を積んでもCRIMEが見られません(涙)
DVDも出ていないし……。

個人的に、クライムモノで一番面白いと思っています。
ロバート・ゴーレンがたまらなくツボです。
でっかいくまさんみたいな外見。超読書家の物知り、趣味多し。
いろんな意味でツボです、たまらん…!
…ほほえみデブだっていい…。ゴキブリ男だっていい…。

騎馬警官

ディーフが可愛い!!!!そしてフレーザーも好きです。
3からは相棒が変わっちゃうんですよね。
…もう日本に入ってくることはないでしょうが…シーズン3と4観たいな~。

Eleventh Hour
CSI放送枠のブラッカイマー製作ドラマらしい。
主演がルーファス・シーウェルなんですよねぇ。
日本に入ってくる気配、ないのですかね~。

Zen

これもルーファス・シーウェル主演。
BBCドラマだから、これも可能性あるかも?と期待しているのですが…。

| 映画/ドラマ | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

訂正(?)

先日の記事でイケメン俳優特集云々と書きましたが、
正しくは以下のとおりでした。
括弧内は主演もしくは助演俳優で、イケメン俳優とはこの人??
(番組表には「イケメン俳優」が誰とは具体的に書いていなかったので…)

「バレンタインSP:イケメン俳優グランプリ」
2/6『ワルキューレ』(トム・クルーズ)
2/7『オーシャン・オブ・ファイヤー』(ヴィゴ・モーテンセン)
2/8『陽だまりのグラウンド』(キアヌ・リーブス)
2/9『ジョー・ブラックをよろしく』(ブラッド・ピット)
2/10『プレステージ』(ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール)
2/11『パーフェクト・ストーム』(ジョージ・クルーニー)
2/12『ディファイアンス』(ダニエル・グレイグ)
2/13『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(ジュード・ロウ)
2/14『アリゾナ・ドリーム』(ジョニー・デップ)

でした。
私の好みで純粋に顔だけで選ぶとすると、
1.クリスチャン・ベール
ちょっと間が開いて
2.太ってないとき限定でキアヌ・リーブス
ちょっと間が開いて
3.ヒュー・ジャックマン
4.白髪が生え始めてから限定でジョージ・クルーニー
あいだが開いて
5.『ブレイブ』限定でジョニー・デップ

以下は全く好みではないので、ほぼ順不同ですが
6.ヴィゴ・モーテンセン(役者として好きなのでこの順位かな~)
7.ジュード・ロウ
8.トム・クルーズ
9.ダニエル・クレイグ
10.ブラッド・ピット

という感じでしょうか…。

クリスチャンは、髭があってもなくても、
髪が短くても長くてもかっこいいです。
子供の頃も可愛かったし!

あくまで顔なので、役者としてとか、雰囲気で、
とかならまた順位は変わりますが。
とりあえずどちらにしてもクリスチャンは上位ですねぇ。

アンケート採ったら誰が上位になるのかな。
多分上記のような感じにはならなそうだな。

| 映画/ドラマ | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イケメン俳優?!

CSのザ・シネマHDというチャンネルで、
7日9時から、我らが?!
『ヒダルゴ(オーシャン・オブ・ファイヤー)』
がやっておりました。

番組表を見ると、どうやら、
「バレンタイン企画 イケメン俳優特集」枠らしい。
それを目にした私。
「TJくんはイケメン俳優だよね!」
とお約束過ぎる言葉を口にしておりました(汗)

イケメン俳優とは言うまでもなくヴィゴさんのことです(笑)
しかし、イケメンの言葉の意味がよくわからないのですが…
面が「顔」を表しているとすると…正直、
ヴィゴさんってイケメンかなぁ…?(失礼)
日本で「イケメン」と言われるタイプとも違う気がするし…
個人的趣味から言っても、好きな俳優ではあるけど、
顔は全く好みの顔ではなかったりします(汗)
(個人的な好みの顔も、
日本で「イケメン」と言われるタイプとは違うんですが(汗))
雰囲気とか、物腰とかがかっこいいのだ、ヴィゴさんは!
とか良くわからない主張をしてみました…。

とりあえず、月曜10時からは
『クリミナルマインド』を見ているので、
ヒダルゴは少しだけ観ました。
あ~、可愛いな~、可愛いよ~!!TJ!!!
ハァハァ。

さぁ~て、来週の「イケメン」は誰かな~?
ん!ジョージ・クルーニーの兄貴ですか!
なんか、「イケメン」というより、
「オトコマエ」特集な気がするのは私だけだろうか…。
そっちのほうがむしろ大歓迎ですけどね~!!

| 映画/ドラマ | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』第1回無政府時代

2011年8月21日追記:
マシュー・マクファディン+ルーファス・シーウェル中心ブログ
"I Love, I Love, I Love You"
を立ち上げました!
『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』ネタもこちらでご用意しております。
よろしければお立ち寄り下さい~。



今日からBShiにてミニシーリーズドラマ『大聖堂』が始まりましたねぇ。
実は未チェックで、姉に「観たほうがいいんじゃない?」とか言われて、
先日特番観て「これは観なくては~!」と思った次第です。

製作総指揮は、リドリー・スコット卿です!

特番観て思ったのは、
(ドラマの方は監督じゃないのにリドリー、撮影現場にもいたようですし)
「これ…もしや『ロビン・フッド』のついでに撮った??」だったのですけど、
今回見てみて、やはり、その思いが強くなりました(日本語変)
『ロビン・フッド』観て、『大聖堂』観た方、!!
『大聖堂』のオープニング!まんま『ロビン・フッド』のエンドロールでは!!
とか思いませんでしたかぁ??そして、城内部も…!
特番では、「このドラマのためにセットで村作った」と言ってましたが、
そのあたりもどうもあやしいなぁ、むにゃむにゃ。
時代設定としては『大聖堂』の方が前の時代のようですけどね。

話の内容はまだ私にはかいつまめないので、
とりあえずこちらのNHKの番組オフィシャルサイトを御覧ください

特番では(そしてサイトの画像では)、
ルーファス・シーウェル演じる石工のトムが主役っぽく扱われていましたが、
サイトのキャストはイアン・マクシェーン演じる司教(でも悪役っぽい気もする)が、
今日の日本版エンドではマシュー・マクファディン演じるフィリップが
最初に名前来ていますね…でも、やっぱり主役はトム…なのかな?
石工にしても、司教にしても、修道院長にしても…
普通のドラマの主役にしては地味すぎて最高(笑)

それにしても、私にとってルーファス・シーウェルといえば、
ヒース主演の『ロック・ユー!』の
濃い~敵役(←変換したら恋~敵と出た…あながち間違いでもないが)
のイメージが強いんですが、すっかり脂っこさが抜けて、
めちゃくちゃかっこよくなりましたねぇぇぇぇ!!!!
こういうタイプは年とるとたまらなくかっこいいです!
とりあえず、作中の見てくれは個人的にめちゃくちゃ好みだわ。
あ、NHKのオフィシャルサイトの写真だとそうでもないけど…
とりあえずこんな感じで(言うまでもなく真ん中の人です)

白髪混じりの黒髪+ヒゲ、たまらぬ。
しかも吹き替えがてらそままさきさん!
お声、かっこ良くて大好きですよ~!
ERのルカもツボです。
(ルカ役のゴラン・ヴィシュニックの見てくれもな←黒髪好き)

個人的には、最近のNHKのドラマと違って(?)
吹き替え声優さんも安心して聞いていられる方々でよかったです。

とりあえず、てらそまさんなルーファス・シーウェル(謎)に萌えて
1話終わってしまって、内容はまだあまり良くわかりませんが(爆)
この分なら全8回、無事完走できそうです~。

そしたら、原作読んでみようと思います
(原作先読んじゃうと「ちが~う!」となりそうなので…)

ちょっと気になるわという方、もしよかったら観てみてくださいね~。

そして、最後にお約束(?)の一言…。
「どうせついでに撮るなら、
『オオカミ族の少年』を撮ってくれても良かったのに!!!」

ところで、『大聖堂』原作などのワードで
来られる方がいらっしゃるようなので一応。

『大聖堂』上・中・下
ケン・フォレット/著、矢野浩三郎/訳
ソフトバンククリエイティブ/刊


ちなみに、『大聖堂』の時代から200年後を舞台にした続編
『大聖堂~果てしなき世界~』も同じくソフトバンク文庫で出ているので、
お買い求めの際は、お間違いのないようにお気をつけください

『大聖堂』NHKオフィシャルサイト
"The Pillars of the Earth"オフィシャルサイト(英語)
"The Pillars of the Earth"Starz(アメリカ)オフィシャルサイト(英語)

| 映画/ドラマ | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UPSOLD & Cafepress「売れたよ速報」

前回に引き続き、デザインを登録しているUPSOLD(日本)と
Cafepress(アメリカ)の話題。

前回ので最初で最後?!と思っておりましたが、
先月28日に新たにUPSOLDより「売れたよ速報」メールがきました。

今回は、

バーニーズマウンテンドッグ「開き」仔犬
バーニーズマウンテンドッグ「開き」仔犬(スーパーヘビーTシャツ)


バーニーズマウンテンドッグ おすわり背中 (スイス)01
バーニーズマウンテンドッグ おすわり背中(スイス)01キャンバストートバッグ(大)


バーニーズマウンテンドッグ おすわり背中
バーニーズマウンテンドッグ おすわり背中(湯のみ茶碗)


の計3点。
Tシャツのサイズを見ると、前回と同じ方???
そうれあれば、前回の出来を見て、でしょうから、
品質は悪くはないということろでしょうか。
注文下さった方、本当にありがとうございます!

そして、アメリカのCafepressからも、
"You made a sale at CafePress.com!"
という件名のメールが来ました!
1月30日と、2月2日に。

1月30日は、
Horse and Dog 01 Sticker (Oval)
スウェーデンの方がお買い上げくださったようです。

2月2日には
Sleeping Bernese Mountain Dog Mug
アメリカはカリフォルニア州の方がお買い上げくださった模様。

自分の描いた絵を気に入ってくれて、
お金を出して買ってくださる方がいるというのは、本当に嬉しいです!

あ、前回の記事書いてすぐにスイス国旗+バーニーズ柄をアップしました
bernesestandflag01.jpg

bernesesitflag01.jpg

bernpupsitflag01.jpg

なかなかバランスが難しいです(汗)

新しい絵柄もそろそろ描きたいな、と思いますが、
アパルーサ、ペイントホース、オオカミ、Sハスなどやりたいものはまだまだ沢山!
の上、もうそろそろ「クロニクル千古の闇」のアンソロの方に全力投球せねばいかんですね(汗)

UPSOLD(日本)店
Cafepress(アメリカ)店

| UPSOLD/Cafepress | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。