AF+NW Ranch

映画や本などの感想や趣味・雑記を中心に日記風味に思いつくまま書いてます。サイトコンテンツに関する新着情報などもあり。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後

キアラが旅立ってしまってからその後。

翌日、市内の葬儀社が火葬をするのにキアラを引き取りに来てくれました。
祖母の時もお願いした、人間の葬儀を主に扱う、信頼できる葬儀社さん。
(市への手続きは動物病院が代行してくれました)

引き取りに来てくれた後、キアラの部屋を掃除していると、
お世話になっていた動物病院から、お花が送られてきました。

その二日後くらいに、動物病院に改めてお礼に行ってきました。
院長先生に「お姉さん、すごくかわいがっていたから…
(頻繁な通院などの後で)ガク~っと来ているんじゃないかと…
ご本人たちはどう思われているかわからないですけど、幸せそうだったと思いますよ…
いい時のことだけ、覚えていてあげてください…
しばらくは考えられないと思いますけど…いずれまた…」
のような言葉をかけてもらいました。

キアラが帰ってきてから数日後、やっと落ち着いた頃に、
両親がキアラ散歩コースを歩き、会った犬友に報告。
2日後くらいに、犬友達たちからの連名で立派なお花をいただきました。
母、姉、私の三人、「自分がこうなっても、
こんなにたくさんの人から花をもらうことはないよね…。」
うちの一家は積極的に人付き合いをする方ではないし、
キアラもマイペースタイプだったのであまり気にしていなかったのですけど、
結構な数お友達いたんだな~と思いました。
まぁ、基本挨拶程度で、猟犬(ハウンドやガンドッグ)ルーツの子たちと違って
「犬友達とつるむ」ということはなかったのですけど。

とにかく、誰かとケンカすることが一切ない子だったです。
誰かに向かって唸ったり、牙を向いたりはもちろん、
外にいるときは吠えることすらなかったので…
時々唸られたり吠えられることはありましたが、
全く相手にしないか、「ひ~っ」って逃げるかでした(汗)

それから、Geoffさんに描いていただいた絵を額装してもらいました。

flamed.jpg
一応「保存額装」です。市内の額屋さんでやってもらいました。

と、キアラをかわいがってくれていた(正確には、キアラを可愛いと思ってくれていた…?)
姪に、そのお礼にと、バーニーズのぬいぐるみを買いました。
なかなか出来のいいのがなくて、方々探しまわって、結局いつものごとく米国より輸入。

stuffed.jpg

Douglasというぬいぐるみメーカーのもので、この会社は日本法人もあるんですが、
日本にはこの16インチの"Trevor"というモデルは入ってきてないようでした。
バーニーズということになっているぬいぐるみって結構あるんですけど、
なんかマーキングが変だったり、可愛くなかったりで…。
これは、足先も尻尾もバッチリ白入っているし、胸の茶色もちゃんと入っているスグレモノ(?)
しかも結構顔も可愛く、自分と家族用にも買ってしまいました(汗)
届いてみると、ちょっと出来にバラつきあり?だったので…
一番出来が雑だったのを姪に(オイ)

それと、葬儀社から帰ってきたキアラは、人間のように、
骨壷+外の袋?に入っていて、これをこのまま置いとくのもアレなので、
どうしようかな~と思っていたら、ぬいぐるみを探しているときに、
フィギュア付きの、遺灰入れ?のようなものを発見したので、購入しました。
さすがアメリカ、カバーしている犬種がものすごく多く、猫、ウサギ、ウマなんてのもありました。
ただ、日本にも配送してくれるところがなかなか無くて、やっとひとつ見つけてお願いしました。

urn.jpg
これが届いた実物。もちろん中は空(さすがに中身入れてから写真撮るのはちょっと)。

3種のうちから選んだのですが(バーニーズが三種あることがもう奇跡)、
届いてみて気づいたんですが、このモデルだけ胸に茶が入っていなかった…
それ以外はなかなかの出来です。

プレートがちょっと斜めなのは、まぁ、
キアラの細かいことは気にしない性格にぴったりということで?!
プレートには、最大4行、各32文字づつ文字が入れられます。
私は、一行目に名前を、二行目に生没日を入れてもらいました。

物が物だけにか、アメリカから(というか、海外から)の
荷物にしては珍しく、きっちり梱包されていました。
ちなみに、上のフィギュアだけ別売りもしているようで、ちょっと欲しい…。
シュライヒのくらいの大きさかと思っていたんですが、それよりもずっと結構大きめです。
(下の箱の大きさが横20センチくらい、高さ7センチくらい)

で、キアラが旅立って1週もすると、すでに肉球禁断症状が…。
そんなことを親戚に言ったら、こんなものを買ってきてくれました。

paw.jpg
ユニバーサルスタジオジャパンにあったそうです、スヌーピーの肉球だとか。
ぷにぷにぷにぷに…。

ちなみに、キアラの晩年~いなくなってしばらくは、
「もう犬を迎えたいという気持ちにはならないだろうな」とか思っていたのですが、
今はすっかり、犬のいない生活は物足りなさすぎる~!
で、色々と調べていたんですけど…現実的な問題もあり、難航中。
とりあえず、もっとちゃんと収入を得られる職を探さないと馬にも乗りにいけません…。

ネットでいろいろ見ていたり、家族との会話で思ったんですけど、
みんなもっと長い期間、真剣に?沈んだり、悲しがったり、
思い出すだけでわんわん泣いたりするもんなんですかね…。
…早々にこんな記事書いたり、犬を迎えたいな、とかいう気持ちになる私って
なんか冷たいのかな~。普通はもっと悲しがるものなのかな~。
いや、キアラはいないのは寂しいし、やっぱり色々思い出すと
目から鼻水出したりはしてるんですよ(危)、これでも…。
スポンサーサイト

| キアラ | 10:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご報告(訃報)

突然ですが(?)
本日午後6時35分ごろ、うちのキアラが息を引き取りました。

私は仕事でいなかったのですが…2時間くらい待っていて欲しかったな~。
とも言えないくらい、私が家を出る時、苦しそうだったのですが…。

実は2年ほど前に、臀部に瘤のようなものを見つけて、
それが結局悪性腫瘍であることが判明、
すぐに手術をして、その腫瘍は完治していたのですが…
もう再発も心配ないね、と言っていた矢先の今年の2月に、
前の腫瘍とは関係の無い、原発性の悪性リンパ腫を発症し、
それ以来闘病を続けていました。

キアラはその時9歳で、バーニーズの寿命は
おおよそ9年と言われているようなので、
病気が発覚する前に、もう旅に行ったりも控えよう、とは思っていたのですが…。

半年くらいかもしれない、と言われていましたが、
結局9ヶ月くらい頑張って、
先日10月29日に10歳の誕生日を迎えることができました。
前の腫瘍は手術のみで薬は一切なし、
今回も、今月に入る前くらいまでは、抗癌剤を打った直後は少しだるそうでしたが、
見た目は元気で、散歩をしていると「元気でいいわね~」と言われて、
複雑な気分になることも多々あるくらいでした。

お気づきかもしれませんが、
Geoffさんにキアラの絵を描いていただいたとき、
すでにキアラは闘病中でした。
CoAD完結記念というのもあったのですが、
キアラが元気なうちに描いていただきたいな~と思っておりました…。

その後、どの薬もだんだんと効かなくなり、
今月の頭頃から、ご飯もあまり食べなくなってきていました。
ここ数日は、飲まず食わずのような状態で、
それでも、昨日の夜まではなんとか自分の足で歩いていました。
今日になって、自分で立つことができなくなり、
(それでも一回は少し歩きました)息もものすごく苦しそうになり、
もう、明日には楽にしてもらいに病院へ行こうか、と思っていた矢先でした。

病院へ連絡してくれた父によれば、他の子に比べれば、
苦しんだ時間も短かったのでは…と、先生がおっしゃったとのこと。

結局クリスマスケーキを食べることはできなかったけど…
長い間よく頑張ってくれたと思います。

犬はみんなそうなのでしょうが、とにかく我慢強い子でした…。

kiara-9th_oct_2010.jpg
今年10月9日に撮った写真。この日撮ったのが最後になりました…。

と、とりあえず?ご報告まで…。

なお、この際ですから大変お世話になった病院をご紹介しておきます~。
神奈川県鎌倉市にある、「あやい動物病院」さんです。

前の腫瘍の時は、M先生に見ていただいていたのですが、
他院へうつられたので、リンパ腫になってからのほとんどは、
院長先生に見ていただいていました。
…駐車場が狭くて止めにくいのだけがちょっときつかったのですが
(うちから車で20分くらいかかる)、
それを差し引いても、先生方をはじめスタッフさんみんな
動物だ好きそう~という感じですし、説明も丁寧にしてくださいますし、
とてもいい病院にお世話になれてよかったと思っております。

うちのすぐ近所の獣医は動物嫌いで有名?!だったので、
どこかいいところを…と、中学校の時の同級生(猫飼い)に
紹介してもらった先生だったので、同級生にも、感謝!

| キアラ | 23:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬のイベントとKemocon

冬コミ、受かりました~。

2010年12月30日(木曜日) 西2ホール う-33a

今回も、児童書スペース(「クロニクル千古の闇」と『ウルフ・サーガ』)です。

向かいのホールに動物が配置されているげなので、
そのついでに来てくださる方もいらっしゃるかも…?
とかちょっぴり思っているのですが…(笑)

…しかし、現在家庭の事情?で1週間先も読めない状態で、
どうなるかは全く未定です…。
全然フルタイムじゃない仕事+上記事情の用事以外は、
ほとんど全く外出しておらず、軽く引きこもり状態ですよ~。
引きこもりと言っても、自室に要られる時間=PCいじれる時間は短いのですが…。

てなかんじで、もしかしたら、本人参加できないかもしれません。
本人が参加できる状況というのも、素直に喜べないので、大変複雑な気持ちです。
でも、クリスマスまでこの状況が続けばいいね、くらいらしいので…う~。

とりあえず、本人参加できずとも、上記理由で半ひきこもりなので、
何かしら出すことはできるはず!と思っております。
PC触る時間が短いのだけがネック。

と、それとは別件で、同人系の参加情報が珍しくあったりします。

2010年11月20日(土曜日) Kemocon 3rd 「アート作品展示会」
お世話になっているAさんよりお誘いいただき、
とあるイベントにイラスト(というより、相変わらず落書きレベル)を出品します。

そのイベントというのは、Kemoconという、ケモノ系イベントで、
イベント自体は、着ぐるみで「獣化」したり、
着ぐるみさんたちと触れ合うのがメインのようですが、
事前一般公募のケモノ系イラストや写真、立体造形物などの展示も行われます。

Aさんはそのイベントのスタッフをされていて、
「クロニクルのファンアートか何か描きませんか?」
とお声をかけていただいたので、家にいる時間だけは長いので、
せっかくなので出品してみようかな~と。

「ケモノ系」ということで、CoADではなく、
『ウルフ・サーガ』にしようかな?とも思ったのですが、
動物が中心であれば人間も描いていいとのことでしたので、
結局CoADのファンアート1枚と、オリジナル1枚を描かせていただきました。
それにしても、作品(と呼べるシロモノでもないですが、私のは)のレベルとか、
絵柄とか、描いてるものとか、完全に浮きそうな気が満々です…(汗)
ケモノさんって、基本ファンタジー系ですよね…?獣人とか…幻獣系とか…。
私のってファンタジー色ほぼ皆無の「動物」なので…(汗)
Aさんやその周辺の方々の作品などを拝見していると
みなさんとてもレベル高そうですし…(汗)

とりあえず、備多屋本人はイベントには行くことができないので、
現場で他の方の作品見て「やめときゃよかったよ!」とかならずに済むので、
無謀にも応募しちゃったもんね!

と、いうわけで、ケモノさん好きな方、
モフモフしたい方?是非参加されてはいかがですか?
色々と企画も盛り沢山で楽しそうですよ~♪

イベント自体は11:00~18:00ですが、展示会は13:00~16:00開催予定のようです。

↓イベント詳細はこちらの公式サイトでチェックしてみてください



↓ちなみにオリジナルでボツにした方のラフ。↓
blog-horsedog.gif
ま、こんな感じでちょっと違う構図?のものを出品しました。

| 同人活動 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。