AF+NW Ranch

映画や本などの感想や趣味・雑記を中心に日記風味に思いつくまま書いてます。サイトコンテンツに関する新着情報などもあり。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Dark Matter発売。

「クロニクル千古の闇」シリーズの著者、
ミシェル・ペイヴァー氏の新作"Dark Matter"が発売しました。

英国で21日発売とのことでしたが、
なぜか(?)手元には20日朝に届きました。
…まだ全然読めていませんが…。

今回は、大人向け(児童書ではない)なので、
難しいかな~と心配ですけど、
なんだか、日記のような形態になっていて、文字数も余り多くなく、
厚さはクロニクルと同じくらい?なので
読めそうな気がしてきましたが…どうでしょう…(汗)

にしても、もう新作出たなんて早いですね~。
児童書の新シリーズ詳細発表&発売もそう遠くない…かな?


スポンサーサイト

| クロニクル千古の闇 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり世界的一流選手の写真を撮るのは楽しい。

10月6日(水)、7日(木)、9日(土)に、
有明ビッグサイト…じゃなくて、その近くにある、
有明コロシアム(テニスの森)に、テニスの大会、楽天オープン
(正式には「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2010」)
を観に行ってきました!

日本で男子の世界トップクラスの選手を見られるのがこの大会だったりします。
2年前にも、この大会に関する記事を二つほど書いたのですが、
実は昨年も行きましたし、何だか毎年恒例になりつつあります。
(ちなみに昨年から冠スポンサーが楽天になりました)

今年は、諸事情で、直前まで行けるかわからなかったのですが、
なんとかチケットが取れていた上記3日間、
観戦することができました
(宿泊ができない状況なので、
6日の遅い時間の試合は見られなかったのですが)

テニスのいいところは、フラッシュ使用しなければ
(選手のプレーの邪魔にならなければ)写真撮影がOKなところ。
長レンズも、他のお客さんの邪魔にならなければOK!
(ただ、全豪オープンだけはNGだった気がします)
しかも、会場やコートがラグビーやサッカーのようには広くないので、
そこまで長いレンズもあまり必要ではないということろです
(プロ写真家は別ですけどね)。

今回は、チケット発売日当時ダメ人間だったので(今もあまり変わりませんが)
PC前に貼りついていられたせいか、コートサイド席という、アリーナ席のような、
コートからとても近い席をとることが出来ました。しかも6日は2列目、7日は1列目!

今年は現在のランキングNo.1プレイヤーである、
スペインのラファエル・ナダルという選手が来る!というのが目玉でして、
姉が彼の大ファンなので、良い席が取れてよかった~と思いました。
あとは、ケガや疲れなどでこの大会をスキップしないと良いな、
というところでしたが、ちゃんと来てくれ、
(プロの個人競技、しかもシーズン終盤なので、
大きくない大会のスキップはよくあることです。
私の大好きなロジャー・フェデラーは、
ドクターストップなどで2度この大会をスキップしたことがあります。)
結果を先に言えば、ナダルはちゃんと優勝して、
次の大会の地、上海へと旅出っていきました…。
優勝したということは、よっぽどのことがない限りは、来年もエントリーし、
ケガ等がなければ、来年も来てくれる、ということなので、
これもまた良かったです(でもロジャが来る可能性が減る…)。

しかし!私の一番の目当ては他の選手だったりします。
ロジャーの次くらい、最近ではロジャーよりも?好きな選手、
アメリカの、アンディ・ロディックという選手も2年ぶりの来日!
(2年前の初来日時に生で見て完全にハマりました)
今年は、病気で体調を崩し、ランクをやや下げていますが(といっても10位前後)、
毎年のように、ベスト8しか出られないシーズン最終の大会の
出場権を獲得するほどの実力者です。

と、いうわけで?
今回は、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIという、
昨年出たレンズをカメラ機材のレンタル屋さんより借りることにしました!
買えば25万以上するレンズです…。
レンズレンタル、私のようなビンボー人は重宝します!

D300の弱点らしいアイピースも、Lさんに無理を言って、
特製のものを譲っていただきました!(いつもありがとうございます!)

もー、やっぱり一流選手の写真取るのって楽し~い!です!
今年は早速?Flickrに写真アップしましたが、
選手の紹介も兼ね(?)その中から数枚こちらにも再編集(笑)してお届けします。
あとで書きますが、松岡修造氏が「日本におけるテニスの地位を向上したい!」
という感じのことを常々言っている(ような)ので、
みなさんにも少しでも興味を持ってもらえればな~と思います。

2010rakutenblog_03.jpg
アンディ・ロディック(Andy Roddick)選手。
フルネームは、アンドリュー・スティーブン・ロディック(Andrew Stephen Roddick)。
ニックネームは"A-Rod"(野球のアレックス・ロドリゲスのニックネームが元だと思います)
1982年8月30日、アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハ生まれ、テキサス州オースティン在住。
188cm、88kg、右打ち。
児童虐待防止のチャリティ活動を行っていることでも有名。

ゴシップ的なことでは、
奥様は"Sports Illustrated"誌の水着モデルを務める
ブルックリン・デッカー(Brooklyn Decker)。
昔は歌手・女優のマンディ・ムーア(Mandy Moore)と付き合っていたこともあります。

2010rakutenblog_04.jpg
顔も体格も、キャラ(?!)も、ものすごーく好みです(聞いてない)
ちなみに、Flickrユーザーの反応を見ていると、どうもあちらの方にも大人気の様子。
そりゃ人気あるよね、こういう人は!

ちなみに、1列目のコートの端のほうだったので、本当に目の前でプレーしていて、
思わず、「腰に抱きつきたい!」とか言い出す始末。

2010rakutenblog_02.jpg
あぁぁ、かわかっこいいなぁぁぁぁ!(おい)

2010rakutenblog_05.jpg
舌出しとか、可愛すぎでしょう!(お~い)

2010rakutenblog_01.jpg
今回は、ダブルスにも出場。
ダブルスって、なんか色々と萌えますわ。(おおおい)


2010rakutenblog_07.jpg
ラファエル・ナダル(Rafael Nadal)選手。
フルネームは、ラファエル ナダル パレラ (Rafael Nadal Parera)、
ニックネームは"Rafa"。
1986年6月3日、スペイン、マジョルカ島マナコル生まれ(現在もマジョルカ島に在住)
185cm、85kg、左打ち(テニス以外はゴルフなどもすべて右利き)。
子どもの頃から、コーチはおじのトニ・ナダル。

ゴシップ的なことでは、妹マリア・イサベル(Maria Isabel)さんの友人である
マリア・フランシスカ・ペレージョ(Maria Francisca Perello)、
通称シスカさんと付き合っているようです。
ちなみに叔父の一人、ミゲル・アンヘル・ナダル(Miguel Ángel Nadal)は
FCバルセロナ、スペイン代表に在籍していた元サッカー選手。

2010rakutenblog_08.jpg
本当に目の前で、力強いプレーを見せてくれました!

2010rakutenblog_09.jpg
私たちに向かってガッツポーズ!…ではもちろんなく、
私たちの数段後ろに彼の陣営(コーチのおじは来ていませんでしたが)が座っていたため、
彼らに向かってやっているのですが…そういった意味でもかなりおいしい席でした。

2010rakutenblog_10.jpg
彼のファンである姉に「共●通信の写真より良い!」と言われました!

2010rakutenblog_11.jpg
試合中とは全然顔が違います。ギャップ萌えしている人多数。
インタビュー等に答えるとき、とてもはにかんだ感じでしゃべったりします。
某ハニカミ王子さんがはにかむところを私は見たことがないので、
彼(ナダル)こそが本当のハニカミ王子だ!と言っております。

2010rakutenblog_06.jpg
なぜか白鵬が来ていました…。
てか、あんまり相撲興味ない(というかどちらかというとニガテ)
なんで、どうでもいいんですけど…。
テニスの宣伝になれば何でもいいか(笑)


ちょっとオマケ:
2010rakutenblog_12.jpg
チェコのラデク・ステパネク選手。
彼って、顔がいまいちアレな感じなんですが、なぜかモテるのです!
以前、マルチナ・ヒンギスというすごく有名な女子選手と婚約していたのですが、
結局破局し、最近、若~い女子選手と結婚されました。

で、この写真見てください。
これは、エスコートしてくれた女の子にお礼を言っているところです。
入場する時も、女の子とつないだ手を高々と掲げていました。

普通は、ただ子どもと手をつないで、入ってくるだけ。
子どもの方を見ない選手も多いのです(試合前で集中しているため)。

でも、このステパネク選手は違っていました。
すごくエスコートキッズの女の子を気遣っていました。
…モテるはずだわ、と思いました。
後ろのキャンペーンガールのお姉さんも持って行かれてるっぽいです(笑)

6日に観た試合の時にも、試合終了後、お客さんを楽しませようと色々しておりました。
修造さんいわく、「ものスゴクいい人」なんだそうです。
…男は、顔じゃないんですよ!…多分。


Flickrには載せていないオマケ:

2010rakutenblog_photographe.jpg
プロのカメラマン、本当にかっこいいですよね~。
特に、この御方はすごくかっこいいおじさまでした。Nikonユーザーだしね!(そこか!)
自分の手足を一脚替わり…なんですが、手足が長いからできる芸当です…。

2010rakutenblog_shuzo.jpg
松岡修造氏は、いつもこの大会を盛り上げようと頑張っておられます。
というか、日本テニス界を盛り上げたい!という気持ちが伝わってきます。
No.1が来ても、優勝しても、マスコミの取り上げ方の小ささと言ったら…
氏、曰く「これが日本におけるテニスの地位の現状です」。
修造さんにもっとテニスの仕事をさせてあげて…。
つか、子どもの頃ファンでした(笑)


※Flickrにアップした今回の写真群はこちら※

| スポーツ | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A Thousand Sunsとマイク・シノダ

何だか(?)他に書こうと思っていたこともあるんですが、
先日Linkin Parkの新作が届いたのでそのネタを。

US版、日本通常盤は9月中旬に発売されていたのですが、
メイキングDVD付きのバージョンを注文していたので少々出遅れました…。

CDはある程度聞き込んで、
DVDも一回観たのでひとまず感想。

手元にCDが届く前に通常盤買った人のレビューなどを読んでいたのですが、
前作(発売からもう3年以上経つらしい…早い!)
"Minutes to Midnight"くらい(よりさらに?)賛否両論ぽい感じ。
未だに1st、2ndこそがLPだ!と思い込んでいる人は
どうも受け入れられないような作りになっている模様。

私も前作は初めて聴いたとき「今までのLPと違ってしまった~」
と思ってそう書いたのですが、
その後、LPというよりも(?)中心メンバー、
マイク・シノダ(Mike Shinoda)のファンになって改めて聴いてみたら
すっかりハマってしまいまして(笑)
今じゃすっかり"賛"なわけですが(笑)
レビューを読むとどうも今作はマイク度?!がとても高そう!
(マイクも自身のブログで「沢山ラップするよ!」と書いていた気がしますし)
期待大!!!となったわけです。

で、実際"A Thousand Suns"を聴いてみたら…
…!!めちゃくちゃツボでした!!!!!
レビューでも書いておられた方がいらしたかと思うのですが、
マイクのソロ活動のFort Minor、そして
サントラを彷彿とさせる作りになっている気がします。
本当にマイク度高し!!!

サントラといえば、マイクがブログで
映画『トランスフォーマー:リベンジ』
でハンス・ジマーと仕事していて
(スコア担当はスティーブ・ジャブロンスキーですが、
ジマー主催のプロダクションに所属しているので、
ジマー自身もスコアに携わった可能性大。
大人の事情で名前を出さないこともあるらしい)彼ってすごい!
というようなことを書いていた気がするので、
影響を受けた?という感じもします(笑)
ちょっとだけ?『ブラックホーク・ダウン』感もあり?

マイクっぽくロックというより
HIP HOPっぽいかな~という感じのカッコよさ。
チェスターや他のメンバーファンには
ちと物足りなさもあるのかもしれないんですが、
アクセント程度のチェスターの声がまたよかったりするんですよ~。

レビューにロックバンドじゃなかったのか?
みたいなこと書いている人がいたのですが、
本人は別にLPはロックバンドだとか言っていない気も…。
マイクの原点はHIP HOPなわけですしねぇ…?
とりあえず、ロック至上主義の皆様、ご愁傷さまでした(苦笑)

とにかく個人的にはかなり気に入ってヘビーローテです。

DVDは、最初壊れてるのかと思うような作りでどうしようかと思いました(笑)
内容としては、なんか、アルバム作るのって大変ね、と思いました。

長兄マイク、次男チェスター、間にブラッドとジョーと
ロブが挟まって末っ子フェニックスみたいな感じでした(笑)
年齢の順番はチェスター→フェニックス→マイク→ジョー→ブラッド→ロブらしいんですが。
大人の事情に追われるマイクに理想家チェスター、
ちょっとぼっとした弟たち、みたいな(笑)
マイクが途中で「ちょっとみんなちゃんとやってよ!」
みたいになっているのが可愛かった(オイ)
いい大人がつかみ合いの喧嘩になるんじゃないかとハラハラしましたが、
そこはイメージ映像で?!
このアルバムについているDVDじゃなかったら、
このCD、無事出たのだろうか…という感じの内容で「お~い」という感じでした(笑)
でも、一見「このバンドバラバラ?!」
みたいなDVD付けてるってことは、これも「作品」なの?
とも思ってしまいました。そういうバンドっぽいしな~、LP(笑)

にしても、ホントマイクのでっかい目がかわいいよ~。
髪がだいぶ伸びてましたが、個人的には短いほうが好きかも。
でもとにかくマイクはかわいい。

ちなみに個人的に中でもツボなのは
5. When They Come For Me
9. Blackout
10. Wretches And Kings
です。

と、ここまではアルバムの感想でした。



ここからちょっとマイクについて?

マイク・シノダ(Mike Shinoda、フルネームはMichael Kenji Shinoda )は
名前(苗字)からもわかるように、日系3世のアメリカ人で、
彼のソロプロジェクトFort Minorのアルバム"The Rising Tied"には
WWII時の日系人収容所のことを題材にした"Kenji"という曲が収録されています。
Kenjiは彼のミドルネーム。曲は彼のおじいさんをモデルにしているそうで、
これを聞いて、このあたりの本を読みあさりました。

学生時代にこれ関係の本を書いた方をゲストにした特別授業があったのですが、
当時はこのあたり殆ど何も知らなかったので、質問や議論もできず…。
ゼミで、先生の研究室でこじんまりな授業だったので
今だったらもっとちゃんと参加できたのになぁ、と悔しいです。

Discover Nikkeiというサイトでマイクのインタビュー画像が見られます。
大半の日系アメリカ人(2世)は、WWII時などの諸事情で
意図的に日本語を捨てた過去があるようなので、
WWII時幼児であった2世の父を持ち、
ヨーロッパ系(ネイティブの血も引くらしい)アメリカ人の母を持つ
3世であるマイクはもちろん日本語が全くしゃべれないので、
英語ですが、内容をテキスト化したものは、日本語で読めますので、
英語の勉強にもどうぞ?!

各題名?をクリックすると別窓でインタビューページ開きます。
インタビューの日付は2006年10月19日です。

初めての作曲
ペーパーナプキンに描いた絵
ロサンゼルスで見つめる自己アイデンティティ
日本への親近感
日系人収容所に対する家族の見識
音楽で表現する政治的メッセージ
アーティストとしての役割
一般人の良きモデルとして

以下マイクがかわいい感じです?
な画像。

まずは合法的に画像を張り付けられるPicappより。

NEW YORK - APRIL 14:  Musician Mike Shinoda appears on stage during Fuse TV's Daily Download at the Fuse Studios April 14, 2005 in New York City.  (Photo by Bryan Bedder/Getty Images)
2005年。

HOLLYWOOD, CA - OCTOBER 28:  Singer Mike Shinoda of Linkin Park helps Google announce new search capabilities to facilitate online music distribution during an event at the Capitol Records building on October 28 in Hollywood, California. Google is partnering with several companies including MySpace Music, Lala, Pandora and Imeem, all of which have licensing agreements with record companies to download samples and streams of millions of songs online. Among other services, Google is offering free steaming of songs in searches based on portions of the lyrics or musician names.  (Photo by David McNew/Getty Images)
2009年。ビミョーな顔も可愛すぎます。

HOLLYWOOD, CA - OCTOBER 28:  Singer Mike Shinoda of Linkin Park helps Google announce new search capabilities to facilitate online music distribution during an event at the Capitol Records building on October 28 in Hollywood, California. Google is partnering with several companies including MySpace Music, Lala, Pandora and Imeem, all of which have licensing agreements with record companies to download samples and streams of millions of songs online. Among other services, Google is offering free steaming of songs in searches based on portions of the lyrics or musician names.  (Photo by David McNew/Getty Images)
2009年
マイクすまいる♪

NEW YORK - SEPTEMBER 14: Mike Shinoda of Lincoln Park performs at the Best Buy Theater on September 14, 2010 in New York City. (Photo by Cory Schwartz/Getty Images)
2010ねん9がつ。


以下はニュースサイト等の画像へのリンク。

なんでしょうか、これ(笑)
すげーかわいいんですけど。


どの層ねらいかよくわからない画像(かわいい)

とにかくマイクは声も作る音楽も顔もツボです。ツボ過ぎます。
好きだ~、マイク~!好きすぎる~!!!

| 音楽 | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。