AF+NW Ranch

映画や本などの感想や趣味・雑記を中心に日記風味に思いつくまま書いてます。サイトコンテンツに関する新着情報などもあり。

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご無沙汰です(?)

先週末はスクーリング3日間などちょっと勉強週間でした(笑)

そのスクーリングの合間+終わってから、
とりあえずペン入れまでできている分だけでも
PC取り込みして…と思っていたら!
なんだかPCちゃんがご機嫌斜めで
2日くらいネットにつなげない状態だったりしたのでした…。
すごく暑かったからでしょうか…。
私は携帯がなくても生きていける人間ですが、
PCとネット環境がないと生きていけない状態ですので
非常に焦りました…!

原稿もPCがないと何もできませんよ!
今はいつもどおり快調に動いてくれています。
あと何年かは長生きしてほしいです、ほんとに(涙)

と、いうわけでぼちぼちと原稿進めております。
今週中にはトーンはり始めないと!!!
スポンサーサイト

| その他 | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

間に合うのか?!

ものすごく今更ですがやっと原稿に着手しました。
間に合うのか大変疑問ですが、新刊は絶対出さないと~!!
いつも以上にぺらっぺらになると思います(涙)
無事出せたとしても、多分CoADの
ギャグ中心だけになってしまうと思います…。

しかし、昨日テスト受けてぼ~っとした頭で帰って、
しかもここ数日ロジャーさんのことで
頭がいっぱいだったのですけど
(さっきもドバイの準決勝観てたし…)

カタログ見たり、某MR(笑)読んでたり、
とある方からイラストつきのお手紙頂いて、
それ見てたらやる気出てきましたよ~!描くぞっ!
あぁ、でも今日はもう寝ないと…。(がくり)

| 同人活動 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

欲しい…

本日はテストのために久々に都会に外出しました。
そんでもって夏イベントのカタログを帰りに買いました。
相変わらず殺人的重さ…。
数科目だけテストが終わってとりあえずはひと段落ついたことにして
原稿を本気ではじめないとマズイです。いくらコピでも…。

ところで、今更ですよ、今更なんですがほしいんです。Feder-Bear!
テニスファンには今更話題ですが。
「ユニセフとATP(男子プロテニス協会)が結ぶ
グローバル・パートナーシップ」
であるACEの企画で生まれたビーニー・ベイビーズのくまちゃんです。
もうぬいぐるみはやめようと思ってるのに~!のに~!

コンセプトはお持ち帰り用ロジャーとか?!
それってどうなの(笑)
8ドルのうち5ドルがACEに寄付され、
子どもたちのために使われるそうだし…。

なんと言っても、このくまの発売が発表されたときの
でっかいFeder-Bearを抱っこする
ロジャーがかわいすぎるんですよ!ハァハァ(危)
そのときの写真はこちら!
このでっかいべあべあも売ってほしい(笑)

欲を言うならFeder-Bearじゃなくて
Feder-BMDとかだったら10個くらい買っちゃうのに…と思いました。
スイス人なんだし。
ベルン出身じゃないからダメですか?
いや、でも確かスイスの登録犬数No.1は
バニだったはずなので、No.1つながりってことで(笑)

どこで買うか悩み中。
テニスグッズ屋さんとか行ったら売ってるのかしら。
アメリカから取り寄せるとなると、1個じゃ送料高すぎ…。
このお金を寄付に回せよ、自分ってくらいです(笑)

テニスとかロジャー・フェデラーのこと知らないけど、
チャリティに役立つくまさんは気になる~
とかいう方は以下サイトをぜひちぇきら!
いないとは思いますが、フェデラー好きの方で
このくまを知らなかった方ももちろんちぇき!
・ATPサイトのFeder-Bear紹介ページ(英語)
・UNICEFサイトのFeder-Bear紹介ページ(英語)
・ビーニー・ベイビーズのメーカーtyのサイトの
 Feder-Bear紹介ページ(英語)


Feder-Bearったらブログまで書いてます。かわいい。
・ATPサイト内フェダー・ベアのブログ(英語)

クマとは関係ありませんが…
・日本ユニセフ協会サイト
 フェデラーが親善大使になったときの記事


ちなみに彼はユニセフの親善大使になるより前の2003年(22歳のとき)に
「Roger Federer Foundation(ロジャー・フェデラー基金)」を設立、
主に母親の母国である南アフリカの子どもたちを
支援するプロジェクトに資金援助をしてます。
そちらが気になる方はこちらをどうぞ。
・ロジャー・フェデラー基金オフィシャルサイト(英語)

・ロジャーのオフィシャルファンサイト(英語)はこちら。
個人的にはAsk Rogerがおもしろいです(笑)

| その他 | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウィンブルドン決勝のフルタイム再放送。。。

今年のウィンブルドン男子シングル決勝を観たあとで
ロジャー・フェデラーにハマった今更&にわかな管理人です。

と、いうわけで男子シングル決勝を当然録画しておりませぬ。
BS1で21日と28日に再放送やるのですけど、
放送時間が1時間50分(実際は50×2本の1時間40分のようです)で
実際の試合時間の半分ほどです。
本当にカットするところのない試合でしたので
(フェデラーが審判に講義したり、ちょっと汚い言葉で悪態(?)つくところ、
表彰式などもこの試合の重要な要素!)
フルタイムでの再放送を是非してほしいと思ったり…。

さすがに現実として無理だろうとはわかっていつつも、
とりあえず何もアクションおこさないよりは…と
NHKさんにメールしてみました。

返事はやはり、かなり厳しいとのこと。
でも、送信されたメールの内容を見て機械的に
定型の返信をしているという感じではなく、
私のメールを読んで返事を書いてくれているようで好感持てました。
以前とある番組に関して送ったときもそんな感じで
NHKも色々頑張っているのかしら。と思いました。

もちろん再放送は録りますが、
こうなったらWimbledon Classic MatchシリーズのDVD発売を祈るしか…。

| スポーツ | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ハリー・ポッター』の穴を埋めるのは?

日本でも大人気の英国児童小説Harry Potterシリーズが
7月21日の7巻"Harry Potter and the Deathly Hallows"発売をもって
いよいよ完結しますね。
そんな状況の中、今英国や米国の児童出版界(?)で騒がれているのが
「ハリーの穴を埋める作品は?」というもの。
つまり、今までハリーを読んできた子供たちの心の穴を埋め、
次に彼らが熱中する作品は何か、ということです。

英国のThe Times紙では「後継者作品」に6つの候補作を挙げており、
「クロニクル千古の闇(Chronicles of Ancient Darkness)」シリーズも
候補作の一つとなっています。

英国The Times紙サイトの記事はこちら(英語)
オンラインでは3ページの記事でCoADの紹介は2ページ目に掲載。

また、米国のNew York Times紙でもハリーの完結により
どの児童向け冒険小説家も日の目を見るチャンスを得るであろうという前提のもと、
「素晴らしい作品だ」と、CoADが紹介されています。
この書評で書かれているCoADの魅力は
なかなか的を射ているような気がします。

米国New York Times紙サイトの記事はこちら(英語)

個人的にはCoADが注目されるのはうれしいですが、
扱われ方にちょっと不満というか、疑問というか…。

シリーズ開始当時のように「ファンタジー」作品として
(注:何度も何度も書いていますが、CoADは
いわゆる「ファンタジー」作品ではありません!)
「第二のハリー」扱いされてはいないようですが…。
こういう形で注目されるということは、
常に「ハリー」がCoADの上にいるということですからね…。

確かに「ハリー」の存在は偉大だと思います。
活字離れしているといわれる子どもたちを夢中にさせ、
そこから徐々にほかの本も読む子は増えたでしょうし、
日本では「英語で読んでみよう!」と思った中高生も
結構いたのではないでしょうか。
児童小説の市場を広げたのも事実でしょうから、
もし「ハリー」がなかったらCoADは出版されていなかったかもしれません。
英国国内や、児童小説というジャンルにとどまらない人気がある作品ですので、
そういった意味での「後釜」ということでしたら
納得できないこともないのですが、
ハリーのファンの人々を満足させる作品としての後継者という扱いであるならば、
わたしにはどうもな~という感じがします。

たしかに「親がおらず、自分自身は自分に力があることを知らずに育ち、
<悪>が自分の命を狙っていて、それに<友達>とともに立ち向かう」
という筋は同じかもしれませんが、
ハリーファンはハリーのそこ(だけ)が
好きなわけではないんじゃないかと思うんですよね。
現代のいじめられっこが、実は魔法使いという異世界の「アイドル」であり、
普通のティーンエイジャーの暮らし(学校の勉強や恋愛など)をしつつも
魔法を使って悪と対峙する…と言うようないわば
「現代の子どもの」夢の世界に魅了されている子が多いんじゃないですかね。
いわゆるヨーロッパ文化の世界観だし。

対するCoADは全く正反対の世界だと思うのですけど…。
年のころは同じであっても、もう半分「大人」であるトラクたち。
同じ年頃の人間にあうことすら困難であり、ストイックすぎる世界観。

ハリーは「リアル」なスクールライフを楽しみ、
また魔法という「夢」の世界を楽しむものであって
トラクたちの「自分の生活とはかけ離れた」狩猟民の暮らしと
その「リアルさ」の世界を楽しむ、というものとは違うと思うのですが。

もちろん英国でも日本でもどちらも大好き!
という読者の方(子供大人両方)はたくさんいると思うのですけど、
それって「ハリー」みたいだから、「ハリー」の後継者のようだから好き、
というわけではないと思うのですよね…。

ん~とにかくCoADにも他の作品を語る際必ず引き合いに出される、
そんな存在になってほしいです(笑)

| クロニクル千古の闇 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大好きなCM!

かなり今更感たっぷりな話かもしれませんが、
ロレックス(Rolex)のCMがかっこいいです。
欧米向けだと思うので、日本の地上波などでは
放映されていないと思いますがどうなんでしょうか。

前々から気になっているバージョンもあったのですが、
ロジャー・フェデラーにすっかりハマってから
スポンサー契約している企業のサイトをうろうろしていて
今まで観た事がなかったけどすごくかっこいいバージョンを
今更ですが発見しました。

ロレックスオフィシャルサイト(日本語版)
トップ→下のメニューの「サイトマップ」クリック→
スポーツアンドカルチャーをクリック
で、約50秒間の「スポーツアンドカルチャー編」CMが見られます。
画面いっぱいなので画像は荒いのですが…。
CMに登場する人たち、何人わかるかな~♪
スポンサー契約してる人たちは各界のかなり有名人ぞろい
(私ですら名前だけなら半分弱は知っている)ですが、
クラシック系(音楽、バレエなど)、馬術、探検家、ゴルフ、
モーター・スポーツ、スキー、テニス、ヨットレース競技という
業界が業界なだけに日本ではちょっと地味かも?
(そんなことないか)

このCM、アーティストやアスリートの動きが美しくて、
ビジュアル的な「芸術家」はバレエダンサーだけなのに
他もまるで芸術です(芸術嫌いの私が言っても説得力ないですか…)。
特に馬術競技の馬たちと、
テニスのロジャー・フェデラーの動きが最高に美しい。
そしてゴルフのアダム・スコットのオトコマエぶりに萌え(オイ)
音楽もかっこよすぎます。
私の「カッコイイ」と思う世界観のひとつ。
もしお暇だったらこのCMを見てみてくださいね。

同じようにサイトマップ→ウィンブルドンをクリックで
約30秒の「ウィンブルドン編」も観られます。
つか、ほぼフェデラー編という噂も…

しかし、これの他にも実は「フェデラー編」が存在します。
BBCが観られる方はスポーツニュースの直後にやることが多いので
ぜひ観てみてください。
ロジャーのプレーの美しさが凝縮されたCMです。
今まで何度となく観てきたCMですが、ロジャーにハマってから
もっと気になってしまって先ほど録画しました(笑)

そして、「馬術編」ももちろんあります。
最初に観て気になっていたバージョンはこれ。
これもBBCの月イチ番組'Equestrian World(馬術の世界)'の
放送中&放送直後に見られます。
スポンサー契約している人たちが
馬場馬術、障害飛越、総合馬術など多岐にわたっているので
(すみません、私馬好きなくせに馬術競技者って全然知らないのです)
もちろん出てくる映像もバラエティー豊か。
日本で馬術のCM自体あまりみないけど、
あるとしたらきっと障害飛越だけでしょうから、
いろんな馬術競技(もちろんブリティッシュのみですが)を
CMでみられるのは嬉しいです。

私は好きな選手などのスポンサーをしている
企業のサイトを見るとき、
日本だとフューチャーされていないこともままあるので、
ヨーロッパの人ならヨーロッパの英語サイト、
米国の人ならば米国サイトを見ることにしているのですが、
ロレックスは素晴らしいことにどの言語でも内容が同じです。
日本版はオリジナルの直訳っぽい上、フォントもゴシックなので
ビジュアル的にはオリジナルの英語サイトをオススメしますが、
日本においてマイナーな競技や選手も多いのにこの姿勢は素晴らしいです。
スポンサー契約している53人全員の紹介もちゃんと和訳してあります。

フェデラーに関しては特別ページがあり、
サイトマップ→テスティモニー→ロジャー・フェデラーをクリック→
詳細をクリック→Roger Federer Spotlightをクリックで飛べます。
ボールに見立てた+ボタンを押すと色々な逸話が読めます。
13歳のころの話がかわいい(笑)

ん~、それにしてもロジャーは
ロレックスの時計が似合ってかっこいいですね~。
バックをシングルで打つから、時々試合のときも時計してますよね。
(ウィンブルドン表彰式でもしていた…そういう契約なのかな?
それとも彼が「時計のスイス」人だから??)
もちろんアダム・スコットも!
(私は某I君よりずっとアダムの方が良いですって、
アマの小僧っ子と比べるなって感じですね・汗)
ロレックスの似合う人ってかっこよくて良いですね。
もちろん成金オヤジとかこわい人とかドラ息子とかは似合ってないので
かっこいいとは思いませんよ。
品がないと似合わないですからね~。

すみません、今ロジャーのことで頭がいっぱいです…。
いつも選手にハマるの何年か遅いんだよな~(汗)
お気に入りだった、
オトコマエオージー(註:王子でもおじさんでもなくAussieですよ)、
パトリック・ラフターがウィンブルドンファイナルで
ゴラン・イワニセビッチに敗れた2001年以来
ウィンブルドンをはじめ、テニスをちゃんと観てなかったもので…。

| スポーツ | 00:18 | comments:0 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

『それでも生きる子供たちへ』

12日に『それでも生きる子供たちへ』やっと観てきました!

この作品は、いろいろな国の監督が
それぞれいろいろな状況に置かれた子どもたちの
ショートストーリーをとっているもので、
アルジェリア系のメディ・カレフによる
ルワンダのゲリラの少年を描いた『タンザ』、
ボスニアのエミール・クストリッツァによる
セルビアの少年刑務所に入っている少年を描いた『ブルー・ジプシー』、
米国のスパイク・リーによるブルックリンの
両親がジャンキーでHIVでもあり、
胎内感染した少女を描いた『アメリカのイエスの子ら』、
ブラジルのカティア・ルンドによる金属などの
ゴミ拾いをする兄妹を描いた『ビルーとジョアン』、
英国のリドリー&ジョーダン・スコット父娘(ジョーダンの方が主に担当)
による心に傷を負った戦争カメラマンを描く『ジョナサン』、
イタリアのステファノ・ヴィネルッソによる
ナポリの窃盗少年を描く『チロ』、
そして中国出身のジョン・ウーによる
北京の両親の不仲に心を痛める裕福な少女と
貧しい老人と暮らす孤児で足に障がいのある少女を描く
『桑桑(ソンソン)と小猫(シャオマオ)』
の7つの物語で構成されています。

この作品は
(ロジャー・フェデラーも親善大使を務める!)ユニセフ
WFP国連世界食糧計画が後援していますので、
ぜひともお金を払って観ていただきたい作品です。
『それでも生きる子供たちへ』オフィシャルサイトでは
ルワンダの子どもたちの給食費用に当てられる
『それでも生きる子供たちへ』プロジェクト
についてなんかも紹介されているのでご覧下さい。

以下、ネタバレ感想。

≫ Read More

| 映画/ドラマ | 19:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロジャー・フェデラー+ラファ・ナダルらくがき

最近動きや表情のある絵が描けていないので
何か描きたいと思ってましたがやはりスポーツは格好の題材ですな。

とうわけでまたやります、ロジャー・フェデラー。

070712-rogerfederer02.gif
これはウィンブルドン決勝試合終了直後。
「えぐっ」と泣いている感を出すのはなかなか難しいですね…。
腕が描いてて楽しかったです。
ムキッとした腕が好きな私ですが、
アスリートのそのスポーツのために作り上げられた
無駄のない腕も大好きです。

070712-rogerfederer01.gif
これはお約束カップにちゅ~。
カップもらって最初は自分の意思で(笑)ちゅ~しまくってたのですが、
いったんやめてもカメラマンから「もっと!」と何回もいわれ、
やらせ写真を撮られていました(笑)
もういい加減いいでしょ~と言っている姿がかわいかったです。
と、いうわけでカップにちゅ~写真、何枚もあったのですが、
ちゅ~する直前の写真が妙にかわいかったのでらくがきしてみました。
うう~ん、こんな顔でちゅ~してきたらかわいすぎるよな。
ミルカ(ガールフレンド)もおちるよな、そりゃ(笑)
て写真でした。元は…。

ところで、これ描いてて思ったのが「久々にD絵を描いている気分…」でした…。
ロジャーさんは顔の造型がDの王子タイプだということに気付かされました…。
先日ロジャーは日本の女子に人気がなさそうと書きましたが、
欧米の女子には人気ありそうだな~と思います(そして実際そのようで)。
ウィンブルドン開催期間限定の英国The Time紙の
ナダルブログのファンからの質問に
「ロジャーはテレビで見るのと同じくらいハンサムですか?」
というのがあって爆笑。ラファも爆笑(笑)
「気にしたことないからわかんない」と回答しておりました(笑)

070712-rogerfederer03.gif
プレー中のらくがきも。
苦手の→向きでしたが、頑張ってみました…。
元写真、めさカッコイイです!
この角度のショットがかっこいいのは
彼がバックをシングルで打つからなんでしょうね~。
この元写真を見ていて、今度は
「ホアキン(・フェニックス)ちゃんに似てる!」と思いました。
そうか、ロジャーさんは元々私の好きなタイプの顔だったか(笑)



そろそろラファエル・ナダルくんも描かないとね(?!)

070712-rafanadal01.gif
漫画っぽい顔なので描きやすいかと思いきや、すごく難しくて…。
ラファくんの腕はテニス選手にしてはムキムキなのですが、
『ドラゴンボール』ファンで子供のころ憧れて鍛えてしまったもので
テニスに役に立ってないって本当でしょうか…。
おもしろキャラだな…。

多分また色々続くと思います、そのうち…。
そして9月はラガーマン月間になる予感がします。

勉強サボって(そんなことないですけど…)らくがきするなら原稿描け!と、
もう一人の自分が言っております…。

| らくがき | 02:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロジャー・フェデラーらくがき(そのいち)

予告どおり(?)ロジャー・フェデラーのらくがきです。
070711-rogerfederer1.gif

試合中のシーンより。
ロジャーさんは試合中のお姿(プレーしているときの姿勢など)が
とても綺麗で絵に描きたくなるのですが、
とりあえず初めてのらくがきなので、試合中ですが汗をぬぐっているところで。
こういう写真は妙に色気を感じます~。その色気、私のらくがきではどこへやら~。
個人的にはロジャーさんの髪のかきあげかたが王子くさくて笑えるのですが(失礼)、
そのネタはまたいずれ!(やるのか!)

レポート2本しあげなきゃ~!と思いつつ、
今日も画像漁りの旅に出ておりました!(おい)
もうすっかりロジャーさんの虜です。

しばらくロジャーさん(もしくはラファ)らくがきが続きかもしれませぬ…。

| らくがき | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜更かしの価値あり!

7月8日は深夜28時に就寝しました…つまり7月9日の朝4時です。

何でそんな時間まで起きていたかといえば、
テニス全英オープン(ウィンブルドン)男子シングル決勝を
NHK総合にてTV観戦していたからだったりします。

女子シングル決勝は総合でもリアルタイム(Live)放送だった上、
その前にセンターコートでやっていた男子準決勝が早く終わったので
オンタイムの日本時間22(午後10)時くらいから見られた上、
2-0だったので早く終わったためあまり寝るのが遅くならなかったのですが…。

なぜか男子決勝は約1時間遅れの11時15分から!
もちろん男子は5セットマッチであり、
この日、決勝はロジャー・フェデラー対ラファエル・ナダル。
絶対長引く!!!と分かっているような試合を
なぜわざわざ一時間遅れで放送したのか全く意味わかりませぬ。
22時からやっていた番組も、この日この時間にやる必要があったのか疑問。

BS-hiでのみの放送よりはよっぽどましですが…。
たかが一時間、されど一時間、
この差に泣いた方は結構いらっしゃったのではないでしょうか。

さてさて、私はこの男子決勝でこの2人の対決を
観られることを楽しみにしていました。
そんなにテニスには詳しくないただのミーハーなのですけど、
やはり「2強」といわれている2人。
そんでもっていろんな意味で対照的な2人。

思わず「リアル・イケメン・パラダイス」
と名付けてしまいそうなくらいオトコマエの多いテニス界ですが、
この2人が一般的に見てイケメンかどうかは
議論の余地が十分にあったりします(笑)
しかもフェデ男くんは日本人好みでなさそうな…。
しかし、プレーを見ているうちに段々虜になってしまうのですよ、この2人は!
ロジャーさん、すごくオトコマエに見えてくるんですよ!

んで、この二人のことを同じくらい応援していると思っていたのですが、
姉がナダルよりなのも手伝ってか私は珍しく
「王者」フェデラーの方が気になってきてしまったようです。
なんか日本では女子人気が薄そうなのも良いです(笑)

決勝戦についてはほんとにもうすごくおもしろくて!
何でこんなん返しちゃうの~!(おたがいに!)て感じでびっくり。

上記の理由もあり、どちらかというとフェデラーを応援していた私は、
途中彼のピンチになったときは見ていられませんでした
(ラファの方が勢いがあるように見えた)…。

しかも予想通り1stからタイブレイクとかいって長引きそうな予感でして。
姉が翌日(正確にいえば当日)5時半おきということで
諦めて3セット目終わったところで寝てしまったあと、
4セットで1ゲーム目にロジャーさんがいきなりブレイクされてしまったときには
私も寝ようかしら…と思ったのですが、
二人の対決を楽しみにしていた上、すごい試合だったので、
コレは最後まで見ないでどうする!!!と観戦続行することにしました。

4セット目はフェデラーが珍しくイライラして
審判にチャレンジシステムについて文句を言ったりしていて
ビックリ&このまま調子崩して
新チャンピオン誕生かな~と思っていたのですが…。

ナダルも左足を痛めているような感じでどうなるのかな~と。
結局4セット目は2-6で、第5セットに突入。
第4セットの調子と、第5セットはタイブレイクがないので
このままいくか、と思っていたら
ナダルも疲れや脚の調子からか
ちょっとミスをするようになり(それでもミスの数少ない少ない!)
気付いてみれば第5セット6-2で
<芝生の王者>ロジャー・フェデラー、ウィンブルドン5連覇!!!!!

最後のスマッシュを決めた瞬間、その場に泣き崩れ、そのまま倒れこみ、号泣。
ナダルのクレーコート連勝記録を止めた
マスターシリーズのハンブルグで見せた
「やった~」からのご機嫌ニコニコカメラのレンズにサイン!
の時とは全然違うその表情に
普段は涼しい顔をしている<芝生の王者>も
ものすごいプレッシャーと闘っていたのだな~と
こちらも思わずもらい泣きしそうになりました。

フェデラー25歳、ナダル21歳。ナダルにはまだまだ未来がある。
おそらくこれからナダルは成長し続けるでしょうから
「まだ」<芝生の王者>の称号は守ってもらいたいと
感じていたので本当に嬉しかったです。
今シーズン、来シーズンの他の大会ももちろんですが、
来年、決勝でこの両雄の対決を見たいと強く思いました。

ちなみに試合時間は約3時間45分。
4時ごろ床についたのですが、
20分くらい眠れずにいたら空が明るくなってまいりました…。
そのとたん、鳥(ホトトギスとかカラスとか…)とか
セミとかが鳴き出しました…野生生物ってすごいな…。

9日は久々に午前中に出かける用事があったのですが、
起きる時間は遅めだったのでなんだかんだと3時間半くらいは眠れました。
しかし…用事の目的地に着く直前に頭がグラグラしてきました…
資格取得のレポートのためにその職の方にお話を伺う
という用事だったのですが、
その方とお会いしたときにはもう治ってました…焦った…。

帰ってから、CNNとBBCのスポーツニュース見たり、
ネットで写真探したりしてました!
色々らくがきしたいな~と思ってますけど、
そんな時間ないんですよね、ホントは…。
でも欲望に忠実な性格なので、きっと近いうちロジャーやラファの
似てないらくがきがアップされていることでしょう。

あぁ、いつもながら中途半端な。
知っている人には何の中身もないミーハーの勘違い語り、
知らない方には何の説明もない意味不明語り…ま、覚書みたいなものなので(汗)

著作権を無視できるのなら
素敵画像いっぱい貼り付けちゃうんですが、
いい年した大人なのでそれはやめときます。

あ、このページにはリンクをはってしまおう。
スペインas紙のテニスブログ(?)のこの記事の写真

には思わず「ぐお~~~~!」でしたっ!
腐女子向け?!
ちなみにこの写真の左がラファエル・ナダル(スペイン)、
右がロジャー・フェデラー(スイス)です、念のため。
マルカ紙(大衆系スポーツ紙)なんてこの写真一面なんだよ…
どうなってるんだスペインよ…。

| スポーツ | 01:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

答えてみました。

先日書いた、"Precious Chronicles"さんが配布されている
『「クロニクル千古の闇」100の質問』と『トラク好きさんへ50の質問』、
回答を私の運営する千古の闇ファンサイト"Ancient Forest"
管理人プロフィールページ(からリンクで飛べるよう)にアップしました。
もしお暇なら読んでみてくださいませ(1巻から3巻までのネタバレあり)

ちなみ各ページへ直接行ってみようかな~という方へ…
・「クロニクル千古の闇」100の質問回答はこちら
・トラク好きさんに50の質問回答はこちら

サイトお持ちでなくても回答を"Precious Chronicles"さん
メールで送ればサイト内に掲載してくださるそうなので、
皆さんもぜひ!答えてみて下さいっ!

| クロニクル千古の闇 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「クロニクル千古の闇」100の質問!

いつもお世話になっている"Precious Chronicles"さん
『「クロニクル千古の闇」100の質問』と『トラク好きさんに50の質問』の
配布を始められたので、
早速持ち帰らせていただいて、現在回答作成中です。

おもしろいけど、結構こういうのって答えるの難しいですね~。
気付けば私、悪ふざけが過ぎて同人的回答が多めになりそうです(汗)

回答アップできるの、ちょっと遅くなるかもしれませんが
アップした際にはぜひご覧下さい~。
今のところ私の運営する千古の闇ファンサイト"Ancient Forest"
管理人プロフィールページにのっける予定です。

そんでもって皆さんもぜひ!この質問に答えてみてくださいね~♪
いろんな方の回答が見てみたいです!

あぁ、今日はレポート一本書き上がったので
またオリジナルらくがきでもしたかったのですが…。
今週中にもう一本…それから試験に…しばらくは無理かな~。

でも描きたい…というか夏の原稿できるのか大変不安な…。
もう7月入っちゃったっすよ(滝汗)

| クロニクル千古の闇 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。