FC2ブログ

AF+NW Ranch

映画や本などの感想や趣味・雑記を中心に日記風味に思いつくまま書いてます。サイトコンテンツに関する新着情報などもあり。

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

同盟ネタ(?)落書き

先日ヒゲオヤジ同盟参加にもかかわらず落書きがないので…と書きましたが、
今回は身長差ラブ同盟+おさななじみ設定同盟らくがきで。
しかもここ2,3日で地元の海水浴場が海開きしたとのことで
ちょっとサマーテイストにしてましたよ。(だれだよ)

070630tallshorthorse.gif
でっかい男子にちっちゃい女子という設定が好きです。しかもおさななじみ。

一応細かい(?)キャラ設定はあるのですけど…。
右の男子はジョセフ(Joseph)くん。
和馬父とミリ母の長男。漫画デビューのレベッカ嬢の双子の兄だったりします。
もっと幼い頃の彼の漫画を以前描こうと思いつつ、
まとまらなくなってあきらめたりしました。
いつか形にしたいなぁと思ってます。
女子はアイリーン(Irene発音はイレーンが正しいのか?謎)
法律的にはジョセフくんのいとこにあたりますが、
血のつながりはないというまぁ!ありがち!な感じで(笑)
こいつらの話を描くには相当リサーチ必要な感じです(汗)

らくがきの設定としては、サマー!なのですが、
個人的に海が好きでないのと海がないところなので(合衆国の内陸部)
湖に泳ぎに行くお三方(馬含む)ってことで。
スポンサーサイト

| らくがき | 02:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりだとやっぱり怖い…

今日ものすごく久しぶりに自転車に乗りました。
何年か前に郵便物出しに行くのにのって以来でしたよ…。

車に乗り始めると、自転車に乗るのがものすごく怖くないですか?
せめてミラーと方向指示器くらいはつけて欲しい…。

しかも久々に使用された自転車だったので、
もしブレーキ思いっきり握ってぶっこわれたらどうしよう…
とか色々妄想してしまいました…。

キアラを迎えるのが決まるまで、家には車がなかったので、
もっぱらちゃりんこ族だったのですが、
今日乗ってみて色々怖かったですよ…。
特に子供のころなんか、坂からのカーブをノーブレーキで…
とかよくやりましたが、よく人を撥ねなかったものです…。

自転車は対車での被害者…という意識が強いかと思いますけど、
加害者になる可能性も充分あるので
そのあたりしっかり認識して乗って欲しいものです。
自転車は軽車両だということをお忘れなく。

薄暗くなったら必ずライトをつけて
(自転車のライトは、道を照らすものではなく、
自分の存在を歩行者や車にアピールするためのものです!)、
逆送や暴走、二人乗り、蛇行運転、
傘をさしてや携帯片手の片手運転などは
絶対やめてくださいね(涙)
道路交通法違反ですよ!

(って、誰に訴えかけているのだろう)

| その他 | 01:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

だからCSはやめられない。

今月CSのムービープラスで
ずっと観たいと思っていた『殺したいほどアイ・ラブ・ユー』
を放送していたのでいそいそと録画しました。

CMカットのついでにば~っと目を通しただけなのですが…ケヴィン最高!!!

えぇ、この映画は私が一番好きな俳優
ケヴィン・クライン主演のコメディでございます。
浮気しまくる夫を殺してやる~!!って事になって…
というどたばたコメディです(え)
ピザ屋の浮気性の夫をケヴィンが演じております。
こういう役似合いすぎだ(笑)
本人は知性豊かな紳士って感じなのに、どうしてこうも
頭のすっからかんなどうしようもない男の役が似合うのだろう(笑)
しかもイタリア系という設定のこの役といい、
(すっからかん、という感じではなかったけど)『フレンチ・キス』や
『ピンク・パンサー』(そして『ノートルダム』)のフランス人といい、
妙にラテン系(?)の役がはまってますね(笑)
シリアスやると英国系っぽいのになぁ。

で、この作品はケヴィンのほか、
ピザ屋の店員で、ケヴィンの妻にほのかな(?)恋心を抱く
純粋な感じの青年に在りし日のリヴァー・フェニックス
(ヒッピーっぽいところがまた笑えた)
その友人(?)のヤク中(?)青年役にキアヌ・リーヴスと
個人的にツボ過ぎるキャスティングだったりします。

話の内容は、(おバカコメディなので)語るほどのものではないですが
ケヴィンの魅力が溢れるステキ作品だったと思います。
リヴァーもすごくかわいかったな~。
キアヌもアホっぽくよかったです(笑)
ところで、冒頭部に『事実に基づく』と書いてあったけど…
ホントなの?!すごいおバカだよ?!

CSといえばミステリチャンネルで
『騎馬警官2』がスタートしてご機嫌な管理人です♪
ディーフ、相変わらずオオカミに見えないけどかわいいなぁ(悦)
フレイザーも相変わらずのステキっぷりだし(笑)
『騎馬警官』はNHK(BS)ではシーズン2までしかやってくれなかったので
ミステリチャンではぜひそれ以降のシーズンも放送して欲しいところです。

ちなみにフレイザーの吹き替えは小山力也さんなのですが、
最近彼の声をナレーションなどで耳にすることが
以前に増して多くなってきた気がするのですが…
これってやはり『24』の影響でしょうか。
私にとっては小山さんは『ER』のダグなのですけど、
やはり一般的には『24』のジャック・バウアーの声?!

| 映画/ドラマ | 01:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に、と、らくがき。

24日に、高校のときの友人3人
(うちひとりは小学校からの付き合い)と
食事をして参りました。

同窓会は以前参加したのでもう懲りたのですけど、
メンバーが素敵だったので参加させてもらいました。
こんな私をいつも誘ってくれるIには感謝。
しかし、これくらいの人数で集まるのがちょうどいいです。
人付き合いとか面倒なんで、
こんな私でもかまってくれる人たちと会うくらいがいいです。

ついでにどうでもいいらくがき。
070625kazuma.gif
以前描いた勇馬おじさんの弟、和馬父さんです。

以前出したオリジナル馬本の主人公のお父さんなのに
まだ漫画デビューしておりません。
昨年、彼の登場する話を描くはずが、
どうしようもない話になりそうだったのでやめました…。
ちなみに雑多趣味サイトのイラスト置場にいる
ミリセント嬢の旦那さんです。

勇馬おじさんのときは男は巨乳!と書きましたが、
広い背中も大好きです。
シャツの上から背筋の線とか見えるのが好きです。
包容力がありそうなのがいいですね。
結局筋肉が好きなのだよ…。
いい筋肉が描きたい。

あ、筋肉といえば、そろそろウィンブルドン始まるんだよな~!
男子テニスプレイヤーの背筋はたまらん!!!
そんでもって9月にはラグビーW杯!これまた楽しみでございます♪

| らくがき | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビリー!ミケさま!ルーベンスだよ…。(意味不明)

え~、本日は話題をふたつほど
(いつもの通りくだらない話題です)

20日にあの(笑)ビリー・ブランクス(とシェリー)が来日したそうで、
21日朝からテレビに出まくっていたようですね。

新作映画以外で私はこういった時事ネタ(?)は
書かないことにしているのですけど
朝からちょっと体験入隊してみたので…(笑)

ビリーズブートキャンプは結構前から気になっておりました(笑)
私はほとんど地上波民放は見ないので、普通のCMには疎いのですけど、
CSを見るのでこの手のCMはよくみかけるんですよ(笑)
最初は時々やっているくらいだったのですけど、
だんだんどのチャンネル回してもビリーが!
という状況になってきてびっくり(笑)
私はダイエットなんて一度もやったことがないし
あまり興味がないのですが
(おかげで素晴らしく小太り体系でございます)
身体を楽しく動かして、身体を軽くするのには興味がありまして、
しかもあの格闘技系な動きをマスターできたら
かっこいいかな~と思い(格闘技を観ることには全く興味なし)
ず~っとビリービリー騒いでいたのですけど、
いつの間にやら大人気になっていて驚きました(笑)
amazonで輸入版のDVDをバラで買えるらしかったので、
今日みてみたら品切れになっておりました…恐るべし。
それにしてもこれやって馬乗り続けていたら、
かなり身体が軽くなるだろうな~。
1週間で劇的に減量したり、ウエスト細くなったり、腹われたり
とかは期待しませんけど、
馬に乗ったときのあの気持ちのいい筋肉痛とか、
気持ちのいい疲れを体験できそうな気がします。
あぁ!入隊したい!
ビリーとは全く関係ないけど馬に乗りたい!(結局そこか!)

ちなみに先日書こうと思っていたぼやきなぞ(笑)
久々に都会に出たので、でかい本屋に行った時のこと。
美術にはほとんど興味のない私ですけど、
ミケさま(ミケランジェロ)とルーベンスなどの
写実的で躍動感があって肉にくしい作品は好きだったりするので
この方たちの内容が充実して安い作品集があったら
欲しいな~と思っていたのですが…。

美術コーナー…ダ・ヴィンチはすごくたくさんあったのですけど…。
ルーベンスはともかく、何でミケさまがないのだ?!
TASCHENの出している薄いシリーズは
たくさんの画家のが出ていたので、両者ともあったのですけど、
もう少し厚い印刷の良いやつは全くなし。なんで?!
他はなんか(私の苦手な)印象派とかの画集は結構ありましたが。
つか、ルネサンス期の人のはダ・ヴィンチ一辺倒で
ミケさまを始めラファエロもボッティチェリも他の方もなくてびっくり。

英国行ったときは、ミケさまやルーベンスの作品集がたくさんあったので、
当然あると思っていたのでびっくりしましたよ。
もうもう!日本人は肉にくしいの嫌いなのかな~!
あんなに素敵なのにぃ。
amazonで探せば海外の作品集たくさんありそうだけど、
こればかりは中身を見ないと買えませんので困ってます…。

ところでルーベンスといえば、日本人にとって
「『フランダースの犬』のネロの好きな画家」でしょう。
そのルーベンス、本当に肉にくしい絵
(女子がニガテ?だったミケさまと違い、女性は女性らしい肉っぷり)
を描くのですが。
ということはネロもそういう絵を描いていたのかな~
とか色々妄想してしまいました(笑)

| その他 | 02:18 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

『ゾディアック』

予告どおり(?)『ゾディアック』を観てまいりました。
1960年代末から1970年代にかけて起こった
連続殺人事件をモチーフにしたストーリー。
一応登場人物など、大体の部分がノンフィクションのようですね。
監督は、私に(映画がつまらないとかでなく、
ラストがたまらなく気分が悪くなる映画だったので)
「もう二度と観るもんかっ!」と言わせるくらい
嫌な気持ちにさせてくれた映画『セブン』のデビッド・フィンチャー。

彼の撮る殺人鬼モノではあったのですが、
実際に起こった事件のことだし、
今までの彼とは違ってストレートにとった作品とのことで
(あとレイティングがPG-12程度だったのもあり)、
頑張って観てみました(笑)
いや、人が死ぬやつとかあまり好きではないのですけど、
(歴史モノもしくは)心理系というか、
こういうのは結構好きだったりします。

なんたって主演はジェイくん(ジェイク・ギレンホール)だし!
実は今までほとんど出演作を観ていなかったのですが、
『グッドナイト・アンド・グッドラック』がかっこよかった
ロバート・ダウニー・Jr.も出てるし!
しかも『ER』のグリーン先生こと、アンソニー・エドワーズも
出演とあって楽しみにもしていました!

映画自体は、事件のことを
ほとんど知らないまま観たのでどきどきしっぱなし。
人が死にそうなシーンでは『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
の時のごとくチラ見でした(笑)
犯罪心理学や劇場型殺人などのことは、詳しい方やお好きな方が
星の数ほどいらっしゃって、書いているでしょうから、
私は割愛しますが
(つか、怖くなるので思い出したくない・涙)

これ観ていて思ったのは、ジェイくん演じるゾディアック事件に
のめりこんでしまう新聞の風刺漫画家が
先日観た『プレステージ』のクリスちゃん演じるボーデンと
なんか被るな~ということ。
「のめりこみ」が過ぎて、家庭崩壊…的な(笑)
アマチュアなのにハマってしまう前者と
プロフェッショナルだからこその後者は、
みようによっては全然違うのですけど、
なんだか、これって男の人の特権というか、
悪いところでもあり、でもいいところでもあるのかなぁ、と。
女子だと(家庭を失ってまで)こういうことする人もななかないないし、
いたとしても方向性が違って「純粋さ」に欠ける気もするのでした。

中心人物4人とも事件にハマってはいるのだけど、
一番素人でオタクで純粋な主人公だけが…ということになるんでしょうね。
失うものは何もないやつはいつだって強い(?)さ。
私はそういうキャラクターは好きになれないけど。
(失うものがもうない人間が声を張り上げて
失うもののある人間を卑怯者呼ばわりする某『ブレイブ・ハート』は
どうも好きになれなかった。
『グラ』のマキシマスくらい良い意味でのリーダーシップがあって
ストイックな方が私には説得力があるように見えるし)
と、論点がずれましたが…ジェイくん演じるロバート・グレイスミスさんは
実在の方なのでいいですけど、
これがフィクションのキャラだったら
私は苦手なタイプだな~と思いました。
これは主人公が好きかどうかだけの問題であって、
元々主人公に肩入れすることの少ない私にとっては
珍しくないことなのですが(笑)

映画自体は私はおもしろいと思いましたよ!
『セブン』の時とは逆の理由、つまり本当にあった事件を扱っているので
気持ちの良いものではないため、
もう一度観たいかと言われると微妙なのですけど、
日本語吹き替え版のキャストによります(え)

あ~、でもこれは、この映画の本当のテーマは
「ゾディアック事件」ではないのですよね、きっと。
もちろん「魅入られてしまう魔力を持ったもの」
としてはテーマなのでしょうけど、
やはりそれにのめりこむ人間の心理とか、
マスコミのこととか、かな~と思います。

他、くだらない感想なぞ。
ジェイくん、ジーンズがラングラー(もちろんUSA)だっ!
と、ひとりで興奮しておりました(笑)
『ブロークバック』の時に使ったもの?(まさかね)
カリフォルニアの都会(?)の人間がラングラー?
と思ったのですけど、彼の「オタクっぽさ」
をあらわすための小道具だったのでしょうか。
相変わらず脚長げ~っ!
しかもラングラーなのでさらに脚長効果!
と、彼の後姿に萌え萌えでした(オイ)

そんでもって、ジェイくんは背が高いのに
声が高くてかわいいですよね~!
顔はいかつげだけど(?)トースキー刑事を演じた
マーク・ラファロも声が高くて!
役作りでかわからんのですが、
繊細そうな声の出し方とかがやたら受けくさかったです(爆)

少なくとも二組カップリング成立しそうな映画でした
(注:私はBL好きじゃないですよ…)

| 映画/ドラマ | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

だらっとオリジらくがき。

昨日までレポート2本書いていて久しぶりに頭を使って疲れたのか
19日はきあこの散歩の時間まで午後ほぼずっと寝ておりました(オイ)

それでも19日はぼ~っと過ごす!と決めてかかったにもかかわらず、
ものすご~く暑かったのと久々にあの話などきて、
ウルフやフィン=ケディンのごとく浅い眠りで損した気分。
あの話はありがたいのですけど…
すごく良い話もらえるまではもうちょっと待って欲しい気持ち。
贅沢言っていると絶対後悔しますが。
とりあえず話すすめてもらっちゃってるけど、「先方と話が合わず」
という結果になってもらえると楽です。精神的に。
(注:お見合いとかではありません)

そうそう、今日はぼ~っとして過ごす!
以外に、夏に向けて何か描こう!と思っていたのに、
結局できませんでした。
ので、オリジナルらくがきを。

雑多趣味サイトの方で
ヒゲオヤジ同盟に参加しているにもかかわらず、
ヒゲオヤジのらくがきが圧倒的に不足(つか、ない。)しているのでせめてこちらに。
「クロニクル千古の闇」のサイトにはヒゲの伯父さんがたくさん♪
なのですけどね~。
070620yuma.gif
実は数少ない漫画デビューしているキャラです。
勇馬伯父さんとだけ紹介しておきましょう(って言われても…)

私ってば馬好きなんですけど、
一般的な馬乗り体系(細身)は好きじゃないんですよね
(聞いてない)。
やっぱり男は巨乳でしょう!
(硬い巨乳限定・しかもボディビルダーのようなのは不可)
陸上でいうなら長距離より短距離体系!!
女は…興味ないんでパス(あれ)
そいえば、『フリッカ』の牧童さんは良い身体していたな。
やはり「馬乗り」というより「労働者」だからかな。
というわけで、馬使い(?)でも巨乳がいていいんだ!
と思ってほっとした次第(何者)

画像ファイル名、勇馬なので"yuma"なのですけど、これ見て
3:10 to Yumaを思い出してニヤニヤしています。
ラッセル様とクリスちゃんの西部劇!早く観たい~!!!
(いつもながら私以外誰も何も楽しくない独り言であった…)

| らくがき | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第4巻”Outcast邦題は『追放されしもの』の予定)"第1章

6月7日に英国で『クロニクル千古の闇』
第3巻"Soul Eater(『魂食らい』)"のペーパーバック版が発売になりました。
ペイヴァーさんの原稿が早く上がったためか(?)
このペーパーバック版にはオマケとして
4巻"Outcast(邦題は『追放されしもの』の予定)"の1章が掲載される、
ということで今までもペーパーバック版も買っていましたが、
いつも以上に入手するのを楽しみにしておりました。

6月12日に無事入手し、早速"Outcast"1章を読んでみました~!


以下、Outcast1章の内容と感想など、
ネタバレ含みますので「続きを読む」で折り畳んでおきますね。

≫ Read More

| クロニクル千古の闇 | 01:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『プレステージ』

クリストファー・ノーラン監督の『プレステージ』を観てきました!
6月9日公開作品は『それでも生きる子供たちへ』、『300』、
『アポカリプト』、そしてこの作品と結構見たいものが多くて
「どれから観たらいいの~」という感じでしたが、
今この時期に観たい作品すべて網羅はかなり厳しいので
とりあえず一番観たいけど東京まで出ないと観られない
『それでも生きる~』を除けば一番観たかった
『プレステージ』を観ることにしました。

(海外ではどうだか知らないですけど)日本では
マジックばかりが強調されて、派手な娯楽作品とも
とられてしまいそうな本作ですが、
監督がクリストファー・ノーランということで、
「そう簡単にはいかないんじゃない?」
とかなり期待しておりました。
いや、彼の作品は『バットマン・ビギンズ』しか観た事がないのですが(汗)
『バットマン』シリーズをはじめアメコミとか興味ない私
(『300』はグラフィックノベルですが…)にも
かなりおもしろかったので。

しかも主演がヒュー・ジャックマンと
クリスチャン・ベールというオトコマエたち!
話の舞台は19世紀、この時代のコスプレが
ものすご~く似あう2人のキャスティングに萌えっときておりまして(笑)
しかも、『バットマン~』の素敵執事アルフレッドこと
マイケル・ケインも出演!
そりゃ~楽しみ以外の何者でもありませんでしたよ!!!

で、観終わった感想ですが、
個人的にはものすごくおもしろかったです!
期待通り、マジックどうこうよりも、人の心理とか、そういう作品だったと思います。
いろんな意味での執念とか、嫉妬とか、葛藤とか。
上映前に監督さんに『結末は言わないで』と
念押しされてしまったので(M.ナイト・シャマランか!)
詳しくは書きませんけど、最後までどきどきしっぱなしでした
(いや、予想の範囲内ではあるんですけど、やはり見せ方がうまい!)。

で、主人公(キャストで一番初めに来る人)は
ヒュー・ジャックマンなんですが、
本当の主人公はクリスチャン・ベールだと思います。
役柄的にも、演技的にも。
いや、本当はナイス・ガイなんであろうヒュー・ジャックマンが
(私がクリスチャンよりで観てしまっていたので)
だんだん憎らしく見えてきたときには
「この人(ヒューさん)の演技うまいんだな~」と思ったのですけど、
やはり、クリスチャンの役がおいしすぎましたよ。

ちなみに何で私がクリスチャンよりで観ていたかといえば、
元々クリスチャンが好きなこと、
クリスチャン演じるボーデンが貧救院出身であり
(ヒューさんのアンジャーは名家出身…と冒頭で出てくる)、
常に新しいマジックを考え、挑戦するタイプの職人肌であり
そのくせ演出が地味というか下手というかでイマイチ大衆に受けないタイプであり
(アンジャーは、人のネタを買ったりまねたりして、
それを派手に演出する大衆受けするタイプ)
…他にも色々あるんですが。

それにしても、上記のような配役に
クリスチャン&ヒューさんとは、まさにはまり役…!

結局最後の最後までほとんどボーデンに肩入れしておりました。
でも最後の最後には、アンジャーにもちょっと
ほろり(?)とさせられ…。
あ、あと妻を失った直後のアンジャーもちょっと良かったな。

それにしてもあのキャラクターはどんな思いで生きてきたんだろう
と思うと色々色々。
もうあいつのわからずや!!!という感じでした。

マジックは最初にタネを知ってしまうとつまらない、
見せ方が大事、とはよくいったもので、
確かにこの物語の結末を知ってから見ると
(その『タネ』に納得できない!という方も
いるかもしれません)色々アレかもしれませんけど、
私はもう一度、いや何度か観たい気がします。
タネを知ることによって、
物語の序盤からその時々のキャラクターの心理を
もっと深く感じることができるような気がするので。

ちなみに序盤から、と書きましたが、
この作品は時系列がずれて話が進行しますのでご注意を。
アンジャーとボーデンがそれぞれお互いの日誌を読み進め、
回想することで物語りは進むのですが、
ここからすでに時系列がずれています。
(アンジャーが読んでいる方が、ボーデンが読んでいるのよりも過去になります)
結構『ER』とか観ていると、時間軸がずれたり、時間が戻ったり
という演出は多用されているので、
私は結構こういう物語の進め方慣れているし好きなのですが
苦手な人もいるかもしれませんね~。
パンフには、話がよくわからなかった人のためにか、
珍しく結末まで物語が書いてあるのですが、
時間軸を一直線に書いてあるので、
まさに『タネあかし』的な感じで読んでいても面白みはあまりないやも。

ところで何月ごろかは忘れてしまったのですが、
チラシが出始めた初期のころの題名が『イリュージョンVS』とか
すさまじく安っぽそうなものになっていてどうしようかとあせりましたが、
結局『プレステージ』になってよかった。
きっと出来上がった作品を観て、邦題を考え直したのでしょうね
(まさに『イリュージョンVS』なんて映画ではなく、『プレステージ』なのです)

クリスチャン・ベールファンの方には特にお勧めです。
もちろんヒュー・ジャックマンも素敵でした。
影の主役はマイケル・ケイン?!
さすが!『バットマン・ビギンズ』の影の主役(笑)を
演じただけのことはある!

070612christian.gif
てなわけでクリスチャンならくがき。似ません(爆)

いや~、ずっとあのあやしいヒゲなのかと思いきや、
舞台用のつけヒゲだったのですね!
普段はヒゲなし&髪形もかわいかったです♪
ヒゲなら『ニュー・ワールド』のときみたいなヒゲが良いなぁ!
(ニューワールドはいろんな事情(笑)でまだ観ていないのですが!)

クリスチャンはこれから色々楽しみな作品が!
『バットマン』の新作"The Dark Knight"とか(ヒースも出るのだよね~♪)
ラッセル様と共演の西部劇"3:10 to Yuma"とか、
米国公開が遅れまくっているという"Rescue Dawn"もかなり期待しております!
全部日本でも公開してくれますように切に願いますよ。

次回は『ゾディアック』か『それでも生きる子供たちへ』を観たいですな~。

| 映画/ドラマ | 00:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

馬に飢えております…

BBCで馬競技の番組をやっているんですよね~。
どういうペースでやっているのかイマイチ不明です(月一?)

次回は馬術競技(確かただの乗馬とは言ってなかった気が)を
通してのメンタル的な病気治療のような内容と言っていたので、
ぜひ観たいのですけどね~。
今回はいろんな馬術(障害+馬場+クロカン)と軽乗の特集でした。
そんでもって私はといえば馬に乗りたい!!
と吠えておりました
(お金がないにしてもあと一回分はまだチケットあるのですが、なかなか…涙)

馬といえばレースか食用かというどこかの国では
こんな番組が組まれることは永遠にないのでしょうが、うらやましいな~。
スポンサーの某時計会社のCMもカッコイイ。
あ、レースにしても馬に愛情があれば、英国や米国などのように
色々ドラマや映画ができてもいいものですけどね…。

木曜にやっているうまはく(馬の博物館)提供の5分番組は
そんな国での数少ない馬文化紹介番組ですが、なかなか見られません~。

先日は和種に乗って伝統的な和式馬術をされている方が紹介されていました。
和種の上でなぎなた(でも男性ですよ)をふるう姿は美しかったなぁ。
シルエットのかっこよさが全然違って絵になります。
ドラマや映画で和種を使うようになれば良いのに。

といいつつらくがきはウエスタンで(笑)
ちょっと前にDavid R. Stoeckleinの写真を見ながら描いた
「ローピング」な図です
(馬上の人物は元の絵が成人男性→らくがき少年にかえてあります)。070611blog-roping.gif
う~ん、馬装して人が乗っている図は未だに描くの苦手です…
人の脚の方向とかが難しい…。大きさのバランスも。
もっとかっこいい絵が描けるようになりたいですね~!

| らくがき | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

画像漁ってらくがき2点。

いや~、レポートのためにほぼ一日中
教科書の内容を理解しようと(?)PCで
打ち込み続けていたのですが、
それではさすがにちょっとアレなので
息抜きに画像探しの旅に出てきました♪

きっかけは現在ミステリチャンネルで放送中のドラマ
『騎馬警官(due south)』。
(やっと第2シーズンが今月から始まる~!)
この第1シーズン第10エピソード、
「天国から来たおやじ(The Gift of the Wheelman)」に
若き日のライアン・フィリップ(Ryan Phillippe)が
ゲスト出演しているのですが、
そのエピがたまたまテレビをつけたらやっていたので、前
にDVD録画して何回か見たにも拘らず、
また見てしまいまして(笑)
いや~、今でもかわいいですけど、この時(1994年当時)20歳!
役柄としては高校生くらいだと思うのですが、
まさにそんな感じで
(『父親たちの星条旗』や『クラッシュ』の時
彼はとっくに30代に突入していたのに、
まるでティーンか二十歳そこそこの初々しいかわらしさだったので
分かっていただけると思いますが)
つるつるですっごくかわいかったので(笑)
そういえば、このエピの画像ないかな~と思いまして(笑)

おかげさまで画像満載のファンサイト
"Silver Screen Quotations"さんを
発見することができました!
権利の問題もあり、自分ではこういうサイト絶対できないのですが、
他人がやっているものはありがた~く
お世話になっております(笑)
と、いうわけで『騎馬警官』のライアンを描いてみたのだけど…
070607ryanrough.gif
全然似ませんでした…
うう~ん、こういう整ったかわいい顔は
やっぱり特徴ないから描きにくいですな(汗)

このサイトさんにたどり着く前にも
ティーン向けのいろんな俳優たちの写真がいっぱい載ったサイトにお邪魔して、
あんなライアンやこんなライアンの写真を見て悶えておりました(笑)
作品自体は観ていないんですが
『クルーエル・インテンションズ(Cruel Intentions)』は
なんだかいろんな意味で犯罪ですよ!
脱いでたりメガネっ子だったり!!!
(今日の記事は絶対キッズgooとか
フィルタリングかかってるPCでは読めないな…)
ライアンは顔はかわいいのにいい体なのが
また犯罪ちっくですね!(何者)

と、いうわけで気を良くした私はこんどは
ポール・ウォーカー(Paul Walker)の画像を漁りに行ってまいりました!
ひ~!せくすぃ~な画像が♪と頂きにいくと、
そこには他にもいい体をなさった殿がたの写真が多数…。
こ、この雰囲気…絶対あっちのご趣味の方が作られているサイトに違いない~!
と思った次第であります(英語ですらなかったので詳しくは不明)。

それにしても、ライアンにしてもポールにしても
どうもあっち系の方に受けが良いらしく、
他のあっち系に人気のある方の画像が一緒に引っかかってまいりました(汗)
やはり整った顔にいい体…というのはあっち系の方に人気ですよね(汗)
私はどうもそういった方と趣味が似ているようで…
(堤下くんは別に好きじゃないですけど)
怖いながらもウホウホでした(汗)
ポールの方も結構収穫ありました!
(Eight Belowのわんこたちも…!)

今度はそうだ~、ヒダルゴの写真♪
と探しにいったらありました~!
今まで持ってなかったシーンの画像満載のサイトさん
"Brego.net"さん!!!
そういえば、何で今までこういう検索しなかったんだろうか
不思議なくらいでした。
ヒダルゴだけで200シーン以上!!!

と、いうわけで今まで資料がなくて
描きたくても描けなかったお気に入りシーン
「衛生兵!!!!」を描いてみました♪
070607hidalgorough.gif
このシーン、コミカルシーンでは一番好きです!!!
芸達者なヒダルゴくん!


てなわけで色々素敵画像を見て癒されるどころか
血圧上がってますよ…(笑)

| らくがき | 01:38 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

来た!!!!

昨日大騒ぎした夏コミの当落通知、本日届きました~!
お騒がせしましたっ!

いつもは犬の散歩から帰ったら郵便が届いているのに、
今日は届いていなかったので、「郵便事故決定か?!」と
問い合わせ用の書類をそろえているところに
郵便屋さんが来ました。

私の住んでいる土地は郵便物の多い地域で
処理が大変だそうで(バイト経験のある身内談)、
だから遅れたのかもしれませぬ。
疑ってごめんなさい、郵便屋さん。

というわけでサイトの情報更新しました~!

| 同人活動 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来ない…!

夏コミ受かったと書きましたが、肝心の郵便物が届きませんよ!
首都圏にお住いのほとんどの方は昨日届いたようですが、今日も届きませんでした(汗)
前に落ちたときはちょっと届くのが遅いことがあったのですが…
なんだか心配です(汗)
問い合わせとか面倒だよう~(涙)
不着問い合わせ期間まではまだ日にちがあるけど
明日来なかったらとりあえず恥をしのんで地元局に問い合わせしてみようかしら…。

申し込まれた方で郵便物まだ届いてない方っているのでしょうかねぇ(汗)

話は変わって。
やっと本腰入れて勉強はじめましたが(?)、
同じ通教されている方のサイトにいったら、かなり大変らしくて
根性なしの私がやり遂げられるか非常に心配になってまいりました…。

しかし、皆さんお仕事されて、子育てされて家事されつつ…
という方も結構いるらしく、
何もしていない私がやり遂げなくてどうする!という感もアリ。

学生時代、先生の講義や授業を聞いて
それを噛み砕くのがわりと得意な方だったので
レポートを一日で書くことも結構あり(ダメ学生丸出し)
レポートなんか苦じゃないぜ!と思っていたのですが、
教科書読む、レポート提出、筆記テスト(記述式)って!
私が一番得意だったものがないので予想外に進みません(汗)

それにしてももしレポートがテクニカルな面で再提出になったら、
学生時代の恩師(論文などのテクニカルな面の指導に定評アリ)に
顔向けできない~と青くなっております(汗)

ところで今読んでいる教科書の文章がおかしすぎて、
本当に学者先生が書いたものかと首をひねりつつ…
文章を打ち直してみたりして(オイ)自分なりに内容を咀嚼しております…。

あ、そういえば昨日ちょっとブログのレイアウト(?)
ほんの少しいじってみました。

| その他 | 18:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

受かりました~

いや~、夏の当落検索、今日からだったのですが
日付が変わってすぐはさすがにつながりませんでした。

やっとつながったのですが、結果は
受かっていました~!!!!
いや、今回はいつも以上に「受かっちゃった…」感が強いです…。
いろんな意味で本出せるか微妙!
ですが、何とか頑張りたいと思いまする~。
とりあえず勉強&原稿しに図書館通い決定!(図書館で原稿やるな!)

ええと、配置ですが、
8月17日金曜日東フ-42aです。
サイトのインフォメ更新は郵便物来てからにします~。

あ、そういえばブログのリンクを追加しました。
全てビジュアル関係。
私の好きな写真家とイラストレーターさんのサイトです、
よかったらご覧下さい~。

| 同人活動 | 01:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

らくがき置場にも。

オリジナル+その他趣味サイトのイラスト置場から
前のブログを落書き置場+キャラ設定置場予定地として
リンクを張っていたのですが、
やはり二つもブログがあっても管理に困るので
こちらのブログにらくがきカテゴリを作ることにしました。
よく考えたら、結構容量あるし
(もうひとつのほうが倍容量があるのですが…)。

そんでもって今日「そろそろ夏のイベント当落発表だな~」
と思いつつ「ヒダルゴ」本の漫画のネームを描いた
ミニスケッチブックを探していたら色々と落書きが出てきて
思わずぱらぱらと見てしまいました。

2年位前から描いていたものかな~。
このころはよく落書きしていたもんだ(仕事中に)。

らくがきカテゴリテストのらくがきを
ここ数日間がりがり描いていたのですが、
どうも面白みにかけるもの(動きのないもの)ばかりで
どうしようと思っていたのですが、
このスケッチブックのらくがきを描いたころは
下手なりにニガテなものや動きのあるものを描こうと
私なりに思っていた時期らしいことが判明しました。
もっとラフってかんじのものも、
今描いているものよりも描きたいものがはっきりしていて、
表情も生き生きしておりました。

古いラフを見ていたら、またいろいろと描きたいな~と
思うものが少しはっきりしてきた気がします。

てなワケで今日発掘してきた2年位前のらくがき。

blog-alex01.gif
オリジナルキャラクターのアレックスくんです。
(ニガテの→向き修行の一環で描いたものに違いない)
このイラストではふつ~の小学生(?)ですが
家に帰れば小さなホースマン。
今はもうちょっと大人っぽい設定になっているかも。
そろそろこの子の漫画が描きたい。

blog-horsepuppy01.gif
馬と犬。
特に馬が突っ込みどころ多いのですが、
頭を下げている馬の絵が描きたかったのと、
クラブででっかいホルスタイナーに
ちっこいジャックラッセルがまとわりついて(?)
いたのを目撃して萌えっときて描いてみたんだと思います
(コレは馬がアパに、犬はカウドッグの子犬ですが)

と、イベントもそうなんですが、
ぼ~っとしていたら資格の勉強手付かずのまま6月に突入!
本気で勉強はじめなくては~!レポートレポート!!

| らくがき | 01:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。