AF+NW Ranch

映画や本などの感想や趣味・雑記を中心に日記風味に思いつくまま書いてます。サイトコンテンツに関する新着情報などもあり。

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

作ってみました♪

以前言っていた通り(?)
お気に入り写真よりTシャツを作ってみました!

ベースのTシャツはなかなか良いものがなく探し歩きました~。
結局ユニクロのKIDSクルーネックTを使わせていただきました♪
サイズはセルフイメージに一番ぴったりだったのが140。
本当は150センチサイズのはずが、やはり男の子用なので大きめでした。

用紙はマイプリンタちゃんが顔料インクなので
そんなに選べなかったのですが
サンワサプライさんがちゃんと
エプソン顔料インク用を出してくれていました!

できあがったのがこちら~。

その一。ネイティヴ関係。hidalgonative-t.jpg
左がわが愛しの♪TJくんです~!!!
(あ、一応解説しておきますと
"Hidalgo(邦題『オーシャン・オブ・ファイヤー』"で
タイトルロール(?!)を演じたお馬さんです!)
写真は共演者(笑)ヴィゴ・モーテンセン(Viggo Mortensen)の写真集
"The Horse is Good"(Perseval Press刊)より。
買ったお店に黒だけ140の在庫がなく、これだけ150。

右はオールドウエストのネイティヴ写真といえばこの人、
エドワード・S・カーティス(Edward S. Curtis)の写真集
"The North American Indian: The Complete Portfolios"
(Taschen刊)より。

その二。カウボーイ。cowboy-t.jpg
どちらも私の一番のお気に入り写真集
David R. Stoecklein(すみません、読み方が不明で・汗)の
"Lil' Buckaroos: A Tribute to the Young Cowboy in All of Us"
(Stoecklein Publishing刊)より。
この人の写真集は本当にどれも素晴らしいです!
カウボーイやウエスタンホース好きには絶対お勧めです!
しかも、この方自身がアイダホカウボーイさんなので
個人的に色々重宝しております(笑)
(日本で奇跡的にカウボーイものあってもテキサス一辺倒くさいので)

というわけでした。

…個人利用なら問題なし、ですよね?!

文明の利器バンザイ!!という感じです。
写真集自体もカーティスの以外はネット通販で購入したし…。

しかし、3枚で980円とかだったTシャツも
そして、うちのアイロンちゃんの関係で
理想温度で転写できなかったプリントも
耐久性が不安ありです…。
何回くらい着られるか…。
スポンサーサイト

| その他 | 19:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

闘い終わって…

多摩でオオカミを見てウホウホとしていたのですが、
帰りからどうも右目が霞んでいる~!
家に帰ってコンタクトをはずしても改善しないのであせりました…。
よく考えてみたら一日中右目で
ファインダー覗いていたからだと気付きました(汗)
翌日の朝には治っていましたが、
気をつけないとますます視力が低下しますね…。

普段だらだらしているので半日外にいて、
歩いただけで結構疲れていたようで
今日(日付上は昨日)は買い物に出て
犬の散歩行った以外一日中、ぼ~っとしていました。
BGMはず~っとジャスティン(・ティンバーレイク)の
"FutureSex/LoveSounds"。

疲れているときにはジャスティンが一番だと感じました(笑)
ジャスティン聞いていると
なんだかかっこいい(男子)の絵が描きたい!
と思うのですが、
今日もガリガリやっても何も描けませんでした(涙)
そろそろオリジナル絵を色々充実させたいのに~!
それにしてもジャスティンの歌声はせくすぃ~だな~!うふふ。

んで、一眼を構えていた昨日の後遺症で
肩あたりが大変バキバキなのですが、
姉にマッサージしてもらい、大変楽になりました♪
姉は子供のころから?!マッサージがものすごくうまいのです!
母がものすごく肩こりもちで、自身も肩がこるからか、
ピンポイントでツボを押してきます。
しかも、力強い方では決してないのに、指力が強いのです。
私があまりに使い物にならないので、
どうにか鍛えようとしているようですが
姉が足でマッサージした方が100倍うまい!
(足でも簡単にツボを探し当てます)
今日は思わず「ゴッドハンドって呼んでも良い?」と言ってしまいました。

哀れ姉は自分のような人間が周りにいないので
マッサージしてもらえないと悔しがっております(笑)

| その他 | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オオカミ、狼、おおかみ!!!

「クロニクル千古の闇」や『ウルフ・サーガ』つながりで
お世話になっているLさんより、
多摩にはパックでオオカミがいて、
パックゆえに色々おもしろい表情や行動を見せてくれること、
そして、5月13日に赤んぼオオカミが誕生したとの
情報を頂き、早速行ってまいりました!

多摩(のオオカミたち)に詳しいLさんに案内していただき、
開園直後くらいに入場しました。

2人とも一眼を片手に早速ヨーロッパオオカミの放飼場に行くと、
他にもバズーカのようなレンズをつけた方がいらっしゃいました(笑)
しかし、朝のだらだらモードで
オオカミたちはうちの犬とあまり変わらない状態(笑)
070526wolves01.jpg
リーダを足蹴にして寝てますが、いいのでしょうか(汗)

オオカミたちが寝ているので、柵の手前にあった
飼育係さんお手製(?)の説明文や、オオカミ漫画を読んでいました。
この掲示物が愛情に溢れ、とてもよくできていてなんだか感動。
オオカミ以外の動物もみな丁寧に解説してありました。

ちなみに、オオカミの隣にはトラがいて、
「野生の犬、野生の猫」と題し、
トラは1頭だけのイラストで「一人がいいの」
オオカミはパックのイラストで「一緒がいいの」と
書いてありました。
イラストのトラやオオカミたちが後姿ですごくかわいかったです。
なごみ。

一眼を持った大人たち数人ばかりがしばらく待っていたものの、
オオカミたちがずっとだらだらモードだったので、
せっかくだからと他の動物たちのいるところにも行ってみました。

野生の馬(モウコノウマ)とか猛禽類とかチーターとか、
好きなはずなのに!のに!気もそぞろなわたし(笑)

ひとまわりして、オオカミのところに戻るも、まだだらりとしていました。
仕方がないのでまた違うところをウロウロ。
アフリカゾーンはうって変わって親子連れがたくさんいました。
普通はキリンさんとか見たいですよね、やっぱり(笑)

そして、またオオカミのところに戻ると、
親子連れもチラホラするようになっていました。

聞こえてくる会話
「ワンワン」「脚長い」「犬みたい」は、まだいいとして(笑)
「赤ずきんちゃんに出てくる」「こわい」…ん?

そして極めつけ。
子供「オオカミって人間食べるの?」お父さん「食わないだろ」
!いいこと言うお父さんだな!と思っていたのに、続けて
「ここのは。普通は食うけど」
いやいやいや!

オオカミって未だにそんなイメージなのか~と
ちょっと(というかだいぶ)ガッカリしました(涙)
オオカミは人間なんて食いませんから!!!!(叫)

そして、お決まりの反応は、子供たちのハウリング(笑)
でも、多摩のオオカミたちは
お客さんのハウリングには反応しないんだとか。

そんなこんなで時間は経ち、
昼を過ぎたころにはオオカミのあたりにも
人がたくさん通るようになりました。
そしてオオカミたちもとうとう動き出しました!

070526wolves02.jpg
穴を掘ったり


070526wolves03.jpg
おこられたり


070526wolves04.jpg
「カツオっ!(オオカミの名はカツオではありません)」
「痛いや父さん!」

070526wolves05.jpg
叱られたり

070526wolves06.jpg
謝ったり

そしていよいよ真打登場!!!

5月13日生まれ、生後2週の子供を母親がくわえて出てきました!

このときのシャッター音のすさまじいことといったら(笑)
みな獲物を狙うハンターのようでした…もちろん人間の方がです(笑)

070526wolves07.jpg
「まだ子供に触らないでよっ!(怒)」とでも言っていそうな顔。


070526wolves08.jpg
オオカミと言うより、タヌキと言うか、犬と言うか、クマと言うか(笑)


070526wolves09.jpg
ちっちゃいにくきゅう!
わかりづらいですが、目はもう開いているようです。

赤んぼが巣穴に戻ってからも結構みんな活発に動いていました。070526wolves10.jpg
じゃれじゃれしたり


070526wolves11.jpg
おっかけっこしたり

「これで最後にハウリングしてくれたら完璧なんですけどね~」
と言っていたら…!!!!!


070526wolves12.jpg
してくれました!!!!!!

と、いうわけで、オオカミたちにフルコースを振舞われ
おなかいっぱいで帰路に着きました!

赤んぼが巣穴から出てきて
お父さん登りをしたりするようになったら、
また行きたいな~と目論む備多屋でした。

ところで、それにしてもオオカミのあたりは
妙にお客さんの平均年齢が高かったですね(笑)
自分も含め、こゆい大人たちばかりでした(笑)
その中でほほえましくおもしろかったのが
オオカミ好きらしい若いお嬢さんたちの会話でした(笑)
なんだか聞いていてあきなかったです(笑)

| その他 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女子でチビなウエスタン好きのお買い物♪

本日、米国のウエスタンウエアの専門店Sheplersから荷物が届きました~。

現在はラングラー・ジャパンとWranglerが全く別会社で
(ラングラー・ジャパンはエドウィン傘下なのですって。
日本の会社じゃん!エドウィン!)
別物を出していると知ってからUSA Wranglerを
買える所を探しておりました。

んで、男子のを輸入しているところは国内にもあったのですが、
女子用が見当たらない。
日本と違い、米国にはカウガールもたくさんいるはずなので
馬に乗るときそこら辺の股上の短いジーンズばかり
履いているはずはない!と
Wranglerの公式サイトを見てみると、やっぱりある!
ということで再び国内を探してみたのですが
扱っているところが見つからなかったので、
今度は米国で日本にも出荷してくれるところを探していて
見つけたのがSheplersでした。

英語が得意ではなく、米国に行く機会も少なく、
米国にコネのない私のような人間は大変重宝しております。

そろそろ新しいジーンズが欲しくなってきたので今回が3回目の利用。
日本時間で18日金曜日の朝に注文出したので、
米国時間18日には出荷されていました。

sheplers01.jpg
荷物到着!

sheplers02.jpg
あけると商品とともにカタログが入れられています♪


sheplers03.jpg
今回はWrangler 13MWZG 1本
(女性用なのでタグ(?)がカウガール!)
T-シャツ2枚購入。

13MWZGは、ラングラージャパンの13L(今は女性用は廃番?)に比べて
縫製も違えば股上の深さも全く違う(USAの方はヘソまで隠れるくらい深い)、
そして馬に乗ったときを考慮してか、
太もも回りがすごくゆったりしているんですよ。
ウエストも太いがそれ以上に太ももがものすごく太く、
ジーンズは大体太ももで引っかかる私でも
ウエストに合わせるとがばっとするくらい
(ウエストのつくりが細いともいう)。


wranglerjeans01.jpg
左がUSA Wrangler 13MWZG、右がラングラー・ジャパンの13L。
内股側の縫製の違いがよくわかりますよね。
USAの方がいかにも馬乗りのためにつくられている感じがします。
wranglerjeans02.jpg
同じく左がUSA Wrangler 13MWZG、右がラングラー・ジャパンの13L。
ラベル(?)の素材が違います。
日本製はデザイン重視で日本人受けする革ラベル、
USAはビニール製です。
なぜビニール製かというと、革のサドルに跨った際、
革同士だとサドルが痛んでしまうからだとかどこかで読みました。

サイズは私ですらウエストは下から二番目のやつなので
一般の日本の方はガバガバ過ぎて履けないでしょうね…(笑)
そしてなぜかウエストが小さいものは、長いものしかなくて、
短いものでも相当切る羽目になる私はえらいことになっております
(切るのはそんなにこだわりもないので近所の丈つめでやってもらっています)


もちろんWranglerでも他のモデルでは股上が浅かったり、
スリムタイプがあったりというのもたくさんあるようです。

Tシャツは日本ではまず見かけなそうな柄が多数で楽しいです。
女性用のものは、男性(カウボーイ)を挑発するような
ちょっとハレンチ(笑)な言葉が書いてあるものが多いので、
今回は見送り。
うちのキャラには着せたいのですが、
私が着るのはあまりに「おい!」って感じで。
女の子用はかわいすぎて着れませんし、
男の子用Lと男性用Sを一枚ずつ購入しました。

sheplers04.jpg
左が男の子用L、右が男性用S

同じシリーズなのですが、どうしてもほしかった柄(右)が
男の子用がなかったので、でかいと分かりつつも男性用のS購入。

右の男性用の柄、これぞ私の描きたい世界観。
馬、カウボーイ、カウドッグ!!!
ツボ過ぎて見つけたときには思わずPCの前で
「わはっ!」と叫んでしまいましたよ。

男の子用のほう(左)はフロントプリントで、
作り自体はちょっと子供っぽいのですが、写真がこれまたツボで購入。
以前買ったシャツを参考にサイズは
12歳くらい用のLを買ったのですがちょっとデカかったです。
Mでも良かったかも。

Tシャツについてですが、最近、個人利用なら問題ないのかな~と、
お気に入りの写真集から作ってやろうかと目論んでいたりいなかったり。

商品代金の合計で送料が決まり、
たぶん送料が安いとはいえないので
(今回は商品代金計約61ドルで送料26ドル)
ものすごくオススメするわけではないですけど、
商品届くまでに1週間掛からないくらいですし、
お好きな方、試してみてはいかがでしょうか。

ウエスタンシャツとかジーンズとか、
色々あってみてるだけでも楽しいです
(カウボーイ文化のニガテな部分、
南部連合旗がでかでかと描かれたシャツとかも
多数あって引くこともありますが…
あとモデルは基本的にヨーロッパ系(白人)ばかりです)。

ジーンズはWrangler以外にもたくさんありますが、
Levi's USAは輸出禁止とどこかに書いてあった気がします。
あと、ブーツもたくさんありますが、
革靴は関税がハンパじゃないので
個人輸入はオススメしません。

ブーツでオススメなのは、
大阪にある卸で小売もしてくれるCharlie Co.さん。
Justinなどの本場ブーツを日本の卸売り価格で販売してくれます。
カタログ掲載商品は取り寄せもしてくれますし、
色々相談にも乗ってくださいます。

以前Justinのレイスアップブーツを購入し、
只今Justinのカジュアルシューズを取り寄せていただいているところです。

他の国内通販サイトだと、女子用のウエスタンブーツは
なんだかギャルっぽいおかしいのしか見かけたことがありません(笑)

チビで女子で私のような趣味をしていると、
なかなか日本のお店では好みのものにめぐり合えないので
(好みのカジュアルシューズも散々探し回ったけど
女子モノはなかったのでした)
通販サイトがなかったら生きていけませんよ…。
某書籍等通販サイトでは洋書写真集が現地値段で買えちゃいますしね~。
米国のお店でも、出荷さえしてくれるなら
英語が苦手でも数回のクリックと簡単な記入で買えちゃうし。
私はやはりネットは「怖い」派ではなく「便利」派です、基本的に。

米国ウエスタンウエア専門店通販サイトSheplers

国内ウエスタンウエア卸・小売店通販サイトCharlie Co.

| その他 | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に…

今日(日付上は昨日)久々に外の空気を吸ってきました(汗)
いや、犬の散歩とかで家の外には出ているのですが、
諸々の事情でウィークデイはあまりで歩きたくないもので…。

某所があるとなりの市まで出かけたのですが、
「都会に行ってくる~!」といったら家族に失笑を買いました
(全然都会じゃないですか、やっぱり)。

用事を済ませてシャツでも買おうと店でうろうろしていたら
ずっと連絡を取らねば!と思っていた友人と遭遇して
サ●ゼリアで「ジェリーがムキムキ!」(映画『300』の話)とか
「『ブロークバック』の受けの方」(俳優のジェイク・ギレンホールのこと)
とかものすごいことを口走ってしまいましたよ(爆)

…日々ボーっと過ごしていると、ネタがなさすぎですね(勉強しろ!)

| その他 | 01:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Linkin Park新作Minutes to Midnight

Linkin Park(リンキン・パーク、以下リンキン)の新作
Minutes to Midnightが出ました!

昨日が入荷日だったので、
誕生日プレゼントってことで姉に買ってきてもらいました
(注:私の誕生日は冬です)

リンキンにハマったのは恥ずかしながらつい最近、
映画『マイアミ・バイス』のテーマに使われていたのがきっかけでした。
自分が好きなのがJay-Zパートなのかリンキンパートなのか
考えてみてどう考えてもリンキンだったので、
それでアルバムそろえてみました。

私は好きなアーティストでもアルバム中半分は
聞かないってこともままあるのですが、
1stのHybrid Theory、カヴァー(?)のReanimation、
2ndのMeteoraとも、ほぼ全曲がお気に入りと言う珍しいバンドでした。
(う、過去形?)
厚みのある音、マイクのラップと
チェスターの(シャウトしているのにやかましくない!)
ヴォーカルの掛け合いなどがとても心地よかったのですよ。

それに加えて彼等のバックグラウンド
(中心のマイク・シノダが日系(とネイティヴのハイブリッド)、
他にもメンバーに日本のアニメオタクの韓国系(笑)
やユダヤ系など…)も興味深くて…
ここのところでは一番お気に入りのバンドでして。

で、彼等の新作がじつに4年ぶりに出たのです。

が…。

いや、シングル聞いたときになんとなくそうかな、
とは思っていたし、「新境地」というのも聞いていて
覚悟はできていたのですが…。

残念なことに、すっかり私好みとはいえない
音楽を作るようになってしまっていました…(涙)

おそらく「真の音楽・ロック好き」の方は
今作の方ができがいいと思うのでしょうが、
私みたいな聞きやすいキッズ受けするような音楽(?)が
好きな、今までの厚みのある音や掛け合いが好きだった
人間にとっては残念な感じでした…。

なんか、こう、おしゃれっぽくて?普通なんだよ~(涙)
私ってやっぱりロックとか好きじゃないのかしら、とか思ってしまったよ。

何度も聞いているうちに、結構いいじゃん、と思ってきましたが、
今までのような「ガツン!」がない…。

このアルバム自体の出来はきっといいと思うのです。
私がもっと「本当の音楽」を好むようになれば良いだけの話なんでしょうが…。

んん~、ねだって買ってもらっただけに残念だった…
でもこれからも聞き込んで
もっとこのアルバムが好きになれたらいいな~と思ってます!

アマゾンのレビューも真っ二つでおもしろかった(笑)

| 音楽 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイトの統廃合(?)とりあえず完了

ずっと考えていた自分の運営サイトの統廃合がとりあえず完了。

「クロニクル千古の闇」ファンサイト
Ancient Forest

オリジナル絵や馬、ネイティヴ系、
小説や馬映画その他趣味のサイト
Native Wisdom
2つになりました。

以前運営していたもうひとつのサイトは、
一部コンテンツのみの展示になっています。
私が初めて立ち上げたサイトを
実質的な閉鎖にするのは寂しかったですが、
扱っていたものの性質上色々あって、
某所でそのサイトについてちょっと
言及されていたのを発見したのが決め手になりました…。
(と、言っても言及されたコンテンツは残してあります)
権利の問題などの認識が甘いまま
作っていた感があったのもありましたし。

ここを見てくださっている方の中にも
今回実質上閉鎖したサイトを通じて…という方もいらっしゃると思いますが、
この場を借りてご報告と今までの御礼を申し上げます。

某Dコンテンツを今後扱い、
更新することはないかと思いますが、
よろしければ趣味サイトなどにお運びいただければ幸いです。

| お知らせ | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スペンサーさま!

す、素敵すぎます、スペンサーさま!

…スペンサーさまというのは
元ラグビーニュージーランド代表『オールブラックス』の
スターでして、人呼んで「キング」(笑)

日本の代表監督がNZでもとても有名な人なので(もちろんキウイ)
日本代表強化のため、
元オールブラックス(プレーヤーとしては現役)を
中心としたメンバーを集めた
「クラシック・オールブラックス」なるチームが
来日しておりまして、9日と今日試合をしたのですが。

相変わらず素敵すぎてもうどうしたらいいのやら…!
現在31歳のスペンサーさま、
前回ワールドカップのときは
今の私と同い年だったのか…!
と思うとやはりすごいですわ!

スポーツを見て面白いと思うことはあっても
プレー自体のことはちんぷんかんぷんなので、
選手としてより、試合前の「ハカ」をリードするお姿に惚れた4年前(笑)
いえ、でもやはりプレーもお素敵で!
今日試合を生で観た母上がうらやましすぎる限りです…!
いつか生スペンサーさま、生「ハカ」みたいな~。

もちろん!スペンサーさまはいらっしゃらなくとも
オールブラックスの試合生で観てみたいです!

ラグビーはどうも日本ではマイナースポーツなんですが、
とってもおもしろいんですよ!
スピード感もあるし、なんと言ったらいいのかわからんのですが、
4年前ワールドカップの試合、強豪同士の試合をテレビで観ていて
「今まで観た中で一番おもしろいスポーツだ!」と思いました。
今までは日本のラグビーしか観る機会が無かったのですが、
(家の人間がみなラグビー好きなので、
子供のころからテレビや生観戦していました)
それでもそこそこ面白いと思っていたのに、
「今までのはラグビーじゃなかったのね!」と
思ってしまうくらいでした。

今年もワールドカップが開催されます!
皆様、機会があったらぜひ強豪同士の戦いを見てみてください!
ラグビーってこんなにおもしろいものだったんだ!と思いますから。
ルールは前に投げたり落としたりしてはいけない、
くらいだけ知っていれば問題なし!(本当か?)

| スポーツ | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その名は巨大イモムシ…?

ネタがないのでうちのかわいこちゃんを紹介。

我が家にはこのような生物が存在しております。
kia04.jpg
人呼んで巨大イモムシ(注:私しか呼んでいません)

kia01.jpg
前から見るとこうなってます。

改めて紹介いたします。
管理人の娘、キアラ嬢でございます。
ベルンの山犬さんにしてはちょっと小柄な35kg。
それでもコレステロール値が高めなのでダイエット中だったりします。
今年で7歳になります。ちょっと白髪が出てきました。

ぐにゃりとしたところが管理人とそっくりと評判です。
キアラも管理人もこんな感じで日々を過ごしております。

kia02.jpg
ほえ?

kia03.jpg
ほげ?

キアラ嬢のサイトとしてスタートしたオリジナルサイトはほったらかしの上、
そのサイトのリニュ後にはキアラ嬢のお部屋が隅っこになる予定なので
こちらで目立ってもらいました。

…いつも以上に内容のない…。
(写真撮影:姉)

| キアラ | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アダム・ビーチくん祭り?

ちょうど今日の今の時刻BSで『スモーク・シグナルズ』がやっていますね。
この映画、某イベントでその存在を知り、
公開してすぐいそいそと映画館に観にいった思い出(?)があります。

ネイティヴ・アメリカンによる監督、ネイティヴ・アメリカンによる主演。

「インディアン」モノといえば敵に描かれる、
もしくは聖人のようにかかれる(?)時代物が目立ちますが、
この作品は現代を生きる先住民のものがたり。
怒りを抱えている普通の若者のお話です。
普通じゃないところと言えば、
彼は先住民の居留区で生まれ育ち、外の世界を知らないことでしょうか。

私はとにかくこの映画が好きだったりします。
「インディアン」と呼ばれる人間は、人間として今も存在しているんだ、
ということを静かに教えてくれている気がします。
監督自身ネイティヴなので、主題はそこではないとは思いますが…。

この作品は残念ながらDVD化されておらず、
以前やはりBSで放送されたときにやっと録画することができました。
バックアップもしっかりとってあります(笑)

同じクリス・エア監督の『エッジ・オブ・アメリカ』は確か日本未公開でしたが、
新聞記事で見かけてずっと気になっていて、
やはりBSで放送されてウホウホと録画しました(笑)

幼い頃に出て行った父親を許せない若者(男)の
<父親と出会う>ロードムービーである『スモーク・シグナルズ』と、
バスケに青春をかける女子高生たちのスポーツモノ(?)
である『エッジ・オブ・アメリカ』、
表面上の主題から見れば『スモーク・シグナルズ』が断然好みですが、
『エッジ・オブ・アメリカ』もとてもおもしろい視点で描かれている作品で
やはりとても好きでした。
居留区外からやってくるバスケのコーチがアフリカ系で、
clan(氏族)とklan(ご存知、KKK)をかけたセリフに思わずニヤリとしてしまいました。

両作品がどういった映画なのかストーリーやらなにやら書いていると
とても長くなってしまいますので、気になる方は
またBSあたりで放送された時にご覧下さい(笑)

ネイティヴ好き、映画好きというと、必ずと言っていいほど
『ダンス・ウィズ・ウルブズ』の話を振られますが、
アレは実は全編通しては見たことがありません(汗)
ああいう「いかにも」な『インディアン』モノは今更…
と思ってしまうところもあり。
もちろん歴史的にみればすごい作品だと思っていますが。

で、『スモーク・シグナルズ』の主演は愛しの(笑)
アダム・ビーチくんだったりするのですが、
本日彼の出演した『父親たちの星条旗』のDVDを購入してきました!
この作品も語ると色々とまりませんので、ま、有名な作品ですし、
『硫黄島からの手紙』しか観てない方、どちらもご覧になっていない方、ぜひ!

映画館勤めしているとき、
「「日本人なら『硫黄島』の方だろ」とかお客さんに言われた」、
と同僚が言うたびに
「日本人だからこそ『星条旗』見て欲しい!」と言っていたものでした。
本当は両方見るのが一番でしょうか。
…と言う私は『硫黄島』まだ見ていないのですが…。
『星条旗』が良すぎて…。

世の中が謙さん、二宮、と言っているときに
私は「アダム・ビーチくん!」「ライアン・フィリップ!」
「ポール・ウォーカー!!!」と叫んでいました(爆)

それにしても、『星条旗』評判がよかったのに、
そして、アダム・ビーチくんも評判がよかったのに、
皆さんレビューで「インディアンがよかった」って、
何ですか、それ!
名前覚えてくださいよ(涙)

と、図らずもアダム・ビーチくん祭りな日だなぁ、という…
それだけ言いたかったらしいです、私。

あとで『星条旗』の映像特典観なくては♪

| 映画/ドラマ | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まずいぞ…

今日(日付上は昨日)昼間に寝ほうけていたのですが(…)

夢に…夢にフィン=ケディンがでてきてしまいました(しかも自分デザインの)
もうコレは成人した人間としてやばいところまで来てしまっているようです(汗)

たぶん原因は寝る直前まで
フィン=ケディン(とレン)落書きをしていたからだと思うのですが。

なんだか、フィン=ケディンに斧の作り方を教えてもらうために
トラクたちと斧の原料になる石を探していましたよ、私…。
何で矢とかではなく斧だったのかは謎。
しかも、時代がなぜか現代の家の近くで、なぜか「丸い石」という指令だったので
「何で斧にするのに丸い石なんだよ~、でもフィン=ケディンのいうことに間違いはないし…」
と言いつつ、持って行ったのが陶器でそれに気付いて
「陶器を斧にできるわけないじゃん!
フィン=ケディンは石器時代の人だから陶器知らないし!」とか
1人で慌てていました、私。

なんでしょう、これ。

でもフィン=ケディンは優しく対応してくれました
(使えない人間に優しいなんてありえん)。

しかもそのあと場面が変わったら、フィン=ケディンたちは消えて
『犯罪捜査官ネイビーファイル」のハーモンとかマックとかが出てきました。
なんだか2×歳にもなって本当にコレはどうだろうかと真剣に心配になりました…。
(と、言うか昼間から寝ほうけているのがそもそも問題くさい)

| クロニクル千古の闇 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

軽乗レッスン初体験!前編

職場閉館騒ぎのゴタゴタモあり、
4月26日、約2ヶ月ぶりにクラブに馬に乗りに行きました。

1年ほど仮馬場だったのですが、
この日は晴れて新馬場オープン!久々の屋内馬場は、やはり落ち着きました!

んで、リニューアルオープンもしたしということで(?)
クラブがGW特別企画レッスンをやることになりまして。
別に頼めば普段でもやってくれるんですが、
自分のようなヘタレライダーが頼むのもおこがましいかな、
と思っていた軽乗レッスンのコースがあったのでトライしてみることにしました!

軽乗とは、体操のあん馬の原型(?)のようなもので、
鞍をつけない馬の上でバランスとったりするアレです(アレっていわれても…)

競技としての軽乗は馬に跨ることはほとんどないのでしょうが、
うちのクラブでは馬の上でバランスを取る練習のために取り入れているので
跨ることもするようで、一度でいいから裸馬(パッドとゼッケンはつけていますが)に
乗ってみたかったのでずっとやってみたかったのでした。

それにしても、2ヶ月ブランクがある上、復帰戦はボロボロの私でも大丈夫かしら…

と思いつつ約1週間後の5月2日。
クラブに着くと、私が申し込んだ日はGW期間中の平日だったので
(いや、だから申し込んだのですが)
レッスンはなんと2名のみとのこと、
しかも、私のほかのもう一名はかなりご高齢な男性でした。
見た限り、うちの父よりもだいぶ年上のようなこの方、
なんと昨年末に乗馬を始められたばかりで三十数鞍程度とのこと!
30鞍程度では、正反動の早歩するだけでも結構大変だと思うのですが、
そのバイタリティに頭が下がります。

レッスンの準備をしていたオーナーのところに行くと「緊張してる?」
と聞かれたので、「はい…」と答えました。
すると「大丈夫、ものすごく安全だから。ほら、取っ手ついてるでしょ」とのこと。
ほ、本当なのか…?

いよいよレッスン開始。
鞍をつけないために、乗り方からちょっと変わっておりました。
普通は鞍に手をおき、鐙に足をかけて騎乗するのですが
その鞍も鐙もないので飛び乗ることになります。
普段の鞍の前きょう部分に取っ手がついているので、
その取っ手を握りつつ、正面(馬と平行になるような向き)を向きます。
そして1人では乗れないので補助をしてもらいつつ片足を振り子にして一気に飛び乗る。
う~、いきなり筋肉痛になりそうな予感…(笑)

そして降りるときも取っ手を握りつつ正面を向いて降りる。
乗り降りの練習を、もう1人の人と交互でやったあと、いよいよ本番。

競技でなくバランスレッスンな上、今回が初めてなので調馬策での練習。
つまり、今回は馬を動かすことに神経を使わなくて良いうえ
にオーナーが動かしてくれているのでいろんな意味で安心度が高い(笑)

「じゃ~若い子から行こうか」とオーナーの声。ま、予想通りの展開です(笑)

オーナー「じゃ、はじめだから軽くね。速歩でいくからそのまままずは片手ずつあげて深呼吸~」
「はい、できたら次は両手ね~」
私「え!はい!で、できるかなぁ」

速歩で両手離しなんて、バランスレッスンの基本中の基本なのですが
(手綱はハンドルであって捕まるためのものではないので、理論上は両手離しで乗れるのが前提)
100鞍以上乗っているにも拘らず、
鞍をつけてすら両手を離して乗ったことがなかったのでどきどきでした。

何とか両手を離すも、ビクビクで脚で馬にしがみつく私…
オーナー「脚でしがみつかない~脚はぶらっとさせて気持ちつま先を上げて~」
私「はぁ~(む、バランスが崩れてきたけど頑張らなくては…!)」
オーナー「バランスが崩れてきたら取っ手につかまって体勢立て直して~頑張りすぎて落ちちゃダメだよ~」
私「え?あ、はい!」
オーナー「だからって取っ手に捕まりっぱなしじゃ意味無いよ~」
私「え?あ、はい…」

しかし、鞍をつけない馬の背中は思いのほか快適。鐙がないので不安定ではありますが、
背中自体の安定感は鞍をつけているときと変わらず、
柔らかいので(パッドとゼッケンつけているし)鞍をつけているより乗りやすいやも。
馬の背骨や体温をほぼダイレクトに感じるので、すごく良い感じ。

オーナー「馬の背骨と自分の背骨を垂直にするように乗るんだよ~」
私「はい~」

両手離しにもだいぶ慣れてきたところで常歩→停止。
オーナー「じゃ、そのまま体を後ろ向きにして。馬に後ろ向きで跨って」
私「えっ!(こ、今度は何をやらせるんだ)」
オーナー「そのまま馬のおしりに両手を付けて、跳び箱とぶみたいにして飛び降りて。大丈夫、蹴らないから」
わたし「えぇぇ?!と、跳び箱ですが…(蹴らないとかいう問題じゃないんですけど…)えいっ!」
どさっ(着地に失敗して手をついた音)
オーナー「大丈夫?(苦笑)」
私「いや、跳び箱なんて何年ぶりかで(しかも運動音痴で跳び箱ニガテだったんですよぉ!)」
オーナー「じゃぁちょっと休憩ね、交代しましょう」

…というわけでもう1人の方が乗っている間ちょっとの休憩。
30鞍程度とあって、両手離すのにもなかなか苦労しているようでしたが、
それでもあのお年で、はじめたばかりなのにすごいなぁ…とぼんやり見ていました。

…このとき、私に想像を絶する(そうでもないか)出来事が
起きよう(と、言うかやらされよう)とは…

なんだか予想外に長文になってしまったので
とりあえずここで中断、そのうち後編に続く…

| | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。